Youtubeに対応するウィジェット | StefanoAI
Youtubeに対応するウィジェット

Youtubeに対応するウィジェット | StefanoAI

説明

サイドバー、コンテンツ、またはWPBakeryページビルダーにYouTubeを埋め込むことに対応するウィジェットとショートコード。利用可能なすべてのオプションとhttp://schema.org/VideoObjectフィールドがあります。
選択できるさまざまなオプションの中から:

–ビデオの開始と終了の分と秒を選択する
–自動的に字幕のオン/オフ
–ビデオプログレスバーを自動的に非表示
–コントロールバーのテーマを選択します
–プログレスバーの色を選択します
–コントロールバーを表示するかどうか
–ループモード
–フルスクリーンのオン/オフを有効にする
–ビデオのオン/オフを自動的に開始します
–開始時にビデオのオン/オフをミュートする
–YouTubeロゴのオン/オフを非表示にする
–タイトルを非表示にするオン/オフ
–プライバシーモードのオン/オフの有効化
–再生の最後に提案されたビデオを有効にするオン/オフ
–最大幅を設定できます
–分析イベントでの各ビデオの再生の追跡
–フィールドhttp://schema.org/VideoObjectを使用して、ビデオのSEOを改善します
–ビデオの下に

説明

を書く
–YouTubeボタン購読

言語:EN、IT、AR、DE、ES、FR、HE、HI、RU、ZH、PT、DA(Amlugil、quadbox、Ksenia、Dietz、DanielSeveroEstrázulas、Ole Lyager、google Translateに感謝)
ソフトウェアを最新の状態に保つのを手伝ってください
ここにコーヒーを1杯だけ寄付してください
ショートコードパラメータ

ビデオ(必須)

ビデオのリンク
「http://www.youtube.com/watch?v=_9tBFVKhn5o」
またはのようなプレイリストへのリンク
「https://www.youtube.com/watch?v=KQ6zr6kCPj8&list=PLatuTuqWSQmViIeVthG2y9YssDtm8EvYt」
またはのようなプレイリストへのリンク
「list = PLatuTuqWSQmViIeVthG2y9YssDtm8EvYt」
またはのようなビデオのIDのみ
_9tBFVKhn5o
またはユーザーの動画をアップロードするためのリンク
「list = LMFAOVEVO&listType = user_uploads」

リスト(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

リンクのリスト値(このパラメーターを使用せずにURL全体をビデオに配置できます)

自動非表示(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

値:2(デフォルト)、1、および0。このパラメーターは、ビデオの再生開始後にビデオコントロールが自動的に非表示になるかどうかを示します。デフォルトの動作(autohide = 2)は、プレーヤーのコントロール(再生ボタン、音量コントロールなど)が表示されたままの状態で、ビデオプログレスバーがフェードアウトすることです。
このパラメータが1に設定されている場合、ビデオの再生が開始されてから数秒後に、ビデオプログレスバーとプレーヤーコントロールがスライドして表示されなくなります。これらは、ユーザーがマウスをビデオプレーヤーの上に移動するか、キーボードのキーを押した場合にのみ再表示されます。
このパラメータが0に設定されている場合、ビデオプログレスバーとビデオプレーヤーコントロールは、ビデオ全体とフルスクリーンで表示されます。

自動再生(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

値:0または1。デフォルトは0です。プレーヤーのロード時に最初のビデオを自動再生するかどうかを設定します。

ミュート(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

値:0または1。デフォルトは0です。プレーヤーのロード時にビデオをミュートするかどうかを設定します。

cc_load(サポートされているプレーヤー:AS3)

値:1。デフォルトはユーザー設定に基づいています。 1に設定すると、ユーザーがキャプションをオフにした場合でも、デフォルトでクローズドキャプションが表示されます。

cc_lang(サポートされているプレーヤー:AS3)

ISO 639-12文字の言語コード[例: en]

色(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

このパラメータは、視聴者がすでに見たビデオの量を強調するためにプレーヤーのビデオプログレスバーで使用される色を指定します。有効なパラメータ値は赤と白で、デフォルトでは、プレーヤーはビデオプログレスバーの赤を使用します。カラーオプションの詳細については、YouTubeAPIブログをご覧ください。

コントロール(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

値:0、1、または2。デフォルトは1です。このパラメーターは、ビデオプレーヤーコントロールが表示されるかどうかを示します。 FlashプレーヤーをロードするIFrame埋め込みの場合、コントロールがプレーヤーに表示されるタイミングと、プレーヤーがロードされるタイミングも定義されます。

Controls = 0 –プレーヤーのコントロールはプレーヤーに表示されません。 IFrame埋め込みの場合、Flashプレーヤーはすぐに読み込まれます。
Controls = 1 –プレーヤーコントロールがプレーヤーに表示されます。 IFrame埋め込みの場合、コントロールはすぐに表示され、Flashプレーヤーもすぐに読み込まれます。
Controls = 2 –プレーヤーコントロールがプレーヤーに表示されます。 IFrame埋め込みの場合、ユーザーがビデオの再生を開始すると、コントロールが表示され、Flashプレーヤーが読み込まれます。

disablekb(サポートされているプレーヤー:AS3)

値:0または1。デフォルトは0です。1に設定すると、プレーヤーのキーボードコントロールが無効になります。キーボードコントロールは次のとおりです。

スペースバー:再生/一時停止
左矢印:現在のビデオで10%戻る
右矢印:現在のビデオで10%先にジャンプ
上矢印:音量を上げる
下矢印:音量を下げる

start_m(サポートされているプレーヤー:AS3)

start_m:start_sでのビデオの終わり

start_s(サポートされているプレーヤー:AS3)

start_m:start_sでのビデオの終わり

end_m(サポートされているプレーヤー:AS3)

end_m:end_sでのビデオの終了

end_s(サポートされているプレーヤー:AS3)

end_m:end_sでのビデオの終了

allowfullscreen(サポートされているプレーヤー:AS3)

値:0または1。デフォルト値は1で、フルスクリーンボタンが表示されます。このパラメーターを0に設定すると、フルスクリーンボタンが表示されなくなります。

ループ(サポートされているプレーヤー:HTML5、AS3)

値:0または1。デフォルト値は0です。単一のビデオプレーヤーの場合、1に設定すると、プレーヤーは最初のビデオを何度も再生します。プレイリストプレーヤー(またはカスタムプレーヤー)の場合、プレーヤーはプレイリスト全体を再生してから、最初のビデオから再開します。

iv_load_policy(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

値:1または3。デフォルトは1です。1に設定すると、デフォルトでビデオアノテーションが表示されますが、3に設定すると、デフォルトでビデオアノテーションが表示されなくなります。

modestbranding(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

このパラメータを使用すると、YouTubeロゴを表示しないYouTubeプレーヤーを使用できます。 YouTubeロゴがコントロールバーに表示されないようにするには、パラメータ値を1に設定します。ユーザーのマウスポインタをプレーヤーの上に置くと、一時停止した動画の右上隅に小さなYouTubeテキストラベルが引き続き表示されることに注意してください。

提案

動画が終了したら、おすすめの動画を表示する

showinfo(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

値:0または1。パラメータのデフォルト値は1です。パラメータ値を0に設定すると、動画の再生が開始される前に、プレーヤーは動画のタイトルやアップローダーなどの情報を表示しません。
プレーヤーが再生リストを読み込んでいて、パラメータ値を明示的に1に設定した場合、読み込み時に、プレーヤーは再生リスト内の動画のサムネイル画像も表示します。 AS3プレーヤーはプレイリストをロードできる唯一のプレーヤーであるため、この機能はAS3プレーヤーでのみサポートされていることに注意してください。

テーマ(サポートされているプレーヤー:AS3、HTML5)

このパラメーターは、埋め込みプレーヤーが暗いコントロールバーまたは明るいコントロールバー内にプレーヤーコントロール(再生ボタンやボリュームコントロールなど)を表示するかどうかを示します。有効なパラメーター値はダークとライトであり、デフォルトでは、プレーヤーはダークテーマを使用してプレーヤーコントロールを表示します。

品質

有効なパラメータ値は次のとおりです。

小さい


hd720
hd1080
高解像度

プライバシー

プライバシー強化モードを有効にする

クラス

ビデオiframeでクラスを設定する

スタイル

ビデオiframeでスタイルを設定する

maxw

ビデオiframeで最大幅をピクセル単位で設定

maxh

ビデオiframeで最大高さをピクセル単位で設定します

追跡

値:0または1。パラメータのデフォルト値は0です。パラメータ値を1に設定すると、Google Analytics / Universal Analyticsで、「YoutubeWidgetResponsive」–「Playing」–「Titlevideo | idvideo [作成者]」

schemaorg_name

schema.orgスニペットの印刷に必要な名前フィールド

schemaorg_thumbnail

schema.orgスニペットの印刷に必要なサムネイル(IDまたはURL)フィールド

schemaorg_uploaddate

schema.orgスニペットの印刷に必要なアップロード日(YYYY-MM-DD形式)フィールド

schemaorg_description

schema.orgスニペットの印刷に必要な

説明

フィールド

schemaorg_description_visible

値:0または1。パラメータのデフォルト値は0です。パラメータ値を1に設定すると、ビデオの下に

説明

が表示されます。

schemaorg_durationm

ビデオの長さ(分)

schemaorg_durations

秒単位のビデオの長さ

インストール

Youtube Widget Responsiveプラグインをブログにアップロードし、アクティブ化し、ウィジェットからサイドバーに追加するか、コンテンツまたはWPBakeryページビルダーに配置します。
完了です。

プラグインの作者

StefanoAI

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/youtube-widget-responsive/
Youtubeに対応するウィジェットプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す