WPユーザー–カスタム登録フォーム、ログイン、ユーザープロファイル | Prashant Walke
WPユーザー–カスタム登録フォーム、ログイン、ユーザープロファイル

WPユーザー–カスタム登録フォーム、ログイン、ユーザープロファイル | Prashant Walke

説明

  • WPユーザープラグインは、フロントエンドのログインおよび登録フォームを作成するのに役立ちます。
  • ユーザーのログインまたは登録で、通常のワードプレスのログインページを避けたい場合、このプラグインは、ログイン、登録、パスワードを忘れた場合の機能をAJAXにスムーズに追加します。
  • 認証方法としてJSONWeb TokenAuthenticationを使用してWPRESTAPIを拡張します。データを作成、更新、削除できるように、RESTAPIリクエストを承認します。

www.wpseeds.com

特徴

  • ログイン:ユーザー名または電子メールIDまたは携帯電話番号でログインします
  • ログイン–パスワードまたはOTP
  • 登録
  • パスワードをお忘れですか
  • プロファイル:プロファイルの表示/編集
  • パスワードまたはOTPでログイン
  • 安全
    • ログイン試行を制限する
    • ブルートフォース攻撃を遅くするメカニズム
    • ロックアウト時に通知(ログイン試行回数を制限した後、管理者に電子メールで送信)
    • パスワードの正規表現(フォームの検証とセキュリティ)
    • Google reCAPTCHA
    • ユーザーの承認/拒否
    • 自動/メール承認ユーザー
    • ログインログを表示する
    • 投稿またはページ全体を制限する
    • 投稿/ページ内のコンテンツのセクションを制限する
    • ログインまたは選択した役割のユーザーはコンテンツにのみアクセスします
    • IPアドレスのブラックリスト/ホワイトリスト
    • 2段階認証
  • 電子メール通知
    • 新規登録
    • ログイン試行回数を制限した後の管理者への電子メール
    • カスタムメールの件名、コンテンツ
  • フロントエンドプロファイル
    • ユーザー情報の表示/編集ユーザーフロントエンドダッシュボード
    • ユーザーアバター:ユーザーが画像をアップロードしたり、プロフィールにURLを入力したりするため
    • デフォルトのGravatarを変更する
    • お問い合わせフォームから管理者にメールを送信する
    • ユーザー投稿に関する通知の新しいコメントを取得し、woocommerceの注文ステータスを払い戻し/完了に変更し、新しいフォローを行う
    • ユーザーが投稿を公開するたびに、すべてのフォロワーに通知が届きます
  • メンバーディレクトリ
    • メンバーのページ付け、検索。
    • メンバープロフィールを表示します。
    • メンバーにメールを送る
  • ログイン、登録用のページの自動生成
  • 管理バーを有効/無効にする
  • テンプレート:4ログイン、フロントエンドテンプレートの登録
  • カスタマイズ可能なCSS
  • 管理者:ユーザーのCSVをエクスポート
  • ユーザー名とメールアカウントのAJAXベースの検証
  • スムーズなajaxログイン/登録効果を追加します
  • ログインリダイレクト
  • ログイン/登録/パスワードを忘れた場合のポップアップモデル:3つすべてを含む1つのポップアップを作成でき、それらを切り替えるための優れたインターフェイスを備えています。
  • 軽量プラグイン
  • 肌の色、ボタン、リンク、ボックス、フォームの背景などをカスタマイズします。
  • ログイン、登録、ショートコード、ウィジェット、ポップアップを使用したパスワードを忘れたフォーム
  • レスポンシブ
  • マルチサイト
  • 多言語
  • REST API –ログイン、登録、忘れ、更新、ユーザーの表示、ユーザーの一覧表示、トークンの生成

統合プラグイン

  • woocommerce
  • SupportCandy
  • YITHWooCommerceのポイントと特典
  • YITHWooCommerceウィッシュリスト
  • WPTwilioコア

プロ機能を取得

www.wpseeds.com

プロ機能

  • 究極の登録フォーム
  • カスタムフォームフィールド
  • 必須フィールドを作成する
  • ソーシャルログイン/登録、つまりFacebook、Google、Twitter
  • 複数のアドレスを追加/編集/削除/複製
  • Geolocationを使用してユーザーの現在の場所(住所)を取得する
  • アドレスリストからdefualtWooCommerceの請求/配送先住所を設定します
  • チェックアウトページのアドレス帳からWooCommerceの請求先/配送先住所を選択します
  • MailChimp、Aweber、キャンペーンモニターへの新規ユーザー登録に関するサブスクリプションニュース
  • ユーザープロファイルの完了率を表示する
  • [改善]ボタンをクリックすると、プロファイルの強度を改善するために強調表示されたフィールドが表示されます。
  • フィールドのカスタムウェイトを設定する
  • メンバープロファイルのプロファイルの進捗状況
  • WoCommerceの統合
  • 複数の住所をサポートし、請求先住所と配送先住所を設定します
  • バッジと実績–さまざまな基準に基づいて、ユーザーにバッジを自動または手動で割り当てます。
  • 特定のユーザーの役割
  • アクティビティスコア、つまり投稿数、コメント数、フォロワー数などに基づきます。
  • 管理者は手動でバッジを割り当てることができます
  • フォロー/フォロー解除機能を使用すると、ユーザーは他のユーザーをフォローできます。
  • ユーザーのいいね、ブックマーク(ソーシャルネットワークアドオン付き)
  • ユーザービュー数
  • ユーザーが投稿するたびに、すべてのフォロワーは更新に関する通知を受け取ります。
  • ユーザーコミュニティをよりインタラクティブで魅力的なものに保ちます。
  • プレミアムサポート
  • 定期的に追加される新機能!

公式サイト

  • 詳細については
  • https://wpuserplus.com
  • https://www.wpseeds.com
  • または高度な機能のドロップメール:[email protected]

インストール

  • プラグインファイルをダウンロードし、解凍してwp-content / plugins /フォルダーに配置します。または、WordPressプラグインバックエンドを介してアップロードすることもできます。
  • WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブにします。
  • WPユーザーメニューがダッシュボード-> WPユーザーに表示されます。
  • ショートコード
    [wp_user]ログイン、登録、パスワードを忘れた場合のフォームを表示するためのショートコード。
    カスタムフォームには次の属性を使用できます
    [wp_userid = ‘1234’ width = ‘360px’ popup = ‘1’ active = ‘register’ role = ‘subscriber’ login_redirect = ‘”。get_site_url()。”’]
    id:If複数のフォームアドオンをアクティブにしてから、フォームを作成し、id = ‘form_id’を設定します。
    別のページには別の登録フォームを使用できます。
    元。[wp_user id = ‘1234’]

width:ログイン、登録、パスワードを忘れた場合のフォームにカスタム幅を設定します。
[wp_user width = ‘360px’]

ポップアップ:ポップアップモデルのログイン、登録、パスワードを忘れた場合のフォームにpopup = ‘1’ショートコードを設定します。
元。[wp_user popup = ‘1’]

active:デフォルトフォームをアクティブにします。Defualtログインによる。
[wp_user active = ‘register’ popup = ‘1’]ポップアップモデルのログイン、登録、パスワードを忘れた場合のショートコード。デフォルトのアクティブ登録フォーム
[wp_useractive = ‘register’]は、デフォルトのアクティブ登録フォームを表示します。(サインアップページ)
[wp_user active = ‘forgot’]ログイン、登録、パスワードを忘れたフォームのショートコード。デフォルトのアクティブな忘れたフォーム

role:登録フォームを介して新規登録ユーザーの役割を設定します。異なるフォームに異なる役割を設定できます。Defualtサブスクライバーロールによる
例 [wp_user role = ‘subscriber’]

login_redirect:各ログインフォームのカスタムログインリダイレクトURL。
元。[wp_user login_redirect = ‘www.yoursite.com / redirectPageUlr’]カスタムリンクへのログイン後にユーザーをリダイレクトします。’www.yoursite.com/redirectPageUlr’UrlをリダイレクトページUrlに置き換えます。

[wp_user_member]メンバーリスト/ディレクトリの表示のショートコード
フィルター/メンバーリストの表示には次の属性を使用できます
[wp_user_memberrole_in = ‘subscriber’ role_not_in = ‘author’ include = ‘1,2,5,7’ exclude = ’55、44 、78,87’approve = ‘1’size =’ small ‘]
role_in:選択したメンバーの役割のみをリストに表示する場合は、この属性をカンマで区切って設定します
。[wp_user_member role_in = ‘subscriber、author’]

role_not_in:メンバーリストにいくつかのユーザーロールを表示するために除外する場合は、この属性をカンマで区切って設定します
。[wp_user_member role_not_in = ‘subscriber、author’]

include:選択したユーザーIDのみを表示する場合は、この属性をカンマで区切って設定します
。例:[wp_user_member include = ‘1,2,5,7’]

除外:選択したユーザーIDを表示したくない場合は、この属性をカンマで区切って設定します
。[wp_user_member exclude = ’55、44、78、87 ‘]

approve:承認ユーザーのみを表示する場合は、approve = ‘1’を設定し
ます。[wp_user_member approve = ‘1’]

size:デフォルトの表示メンバーリストテンプレートを小さいものに変更する場合は、size = ‘small’を設定します
。[wp_user_member size = ‘small’]

[wp_user_list]メンバーリスト/ディレクトリの表示のショートコード

フィルター/メンバーリストの表示には次の属性を使用できます

[wp_user_listrole_in = ‘subscriber’ role_not_in = ‘author’ include = ‘1,2,5,7’ exclude = ’55、44 、78,87’approve = ‘1’size =’ small ‘]

role_in:選択したメンバーの役割のみをリストに表示する場合は、この属性をコンマで区切って設定します

。[wp_user_list role_in = ‘subscriber、author’]

role_not_in:メンバーリストに一部のユーザーロールを表示するために除外する場合は、この属性をカンマ区切りの

例で設定します。[wp_user_list role_not_in = ‘subscriber、author’]

include:選択したユーザーIDのみを表示する場合は、この属性をカンマ区切りで設定します

。[wp_user_list include = ‘1,2,5,7’]

除外:選択したユーザーIDを表示したくない場合は、この属性をカンマ区切りで設定します

。[wp_user_list exclude = ’55、44,78,87 ‘]

approve:承認ユーザーのみを表示する場合は、approve =’ 1 ‘を設定し

ます。[wp_user_list approve = ‘1’]

template:異なるレイアウトでデフォルトの表示メンバーリストを変更する場合は、template =

Templateを設定します:現在、ユーザーリストを表示するために2つのテンプレートを使用できます

Rounded(template = rounded):テンプレートパラメーターを丸めて設定します。

例:[wp_user_list template = ‘rounded’]

デフォルト:

例:[wp_user_list]

Key、Value:user_metaのキーと値に基づいて特定のページにユーザーリストを表示する場合は、KeyとValue属性を設定します。

Bride、Groomのようなページがある場合は、ユーザーmeta_keyに基づいて、この属性を使用してユーザーを表示またはカテゴリ化できます。

例:

Bride:[wp_user_list key = ‘gender’ value = ‘Female’]

Groom:[wp_user_list key = ‘gender’ value = ‘男’]

上記のショートコードのそれぞれのページを使用し、メタケットを性別として設定すると、男性または女性が評価されます。

このメタキーは、フォームビルダーアドオンを使用して追加し、登録/プロファイルフォームで性別のファイルを追加します。

このショートコードに複数のキーと値を追加できます。

例:サイトに花嫁ページを追加し、未婚のみの場合は、カンマ区切りを使用して複数のキーと値を追加します

[wp_user_list key = ‘gender、maritial_status’ value = ‘Female、Unmarried’]

このメタキーは、フォームビルダーアドオンを使用して追加し、登録/プロファイルフォームで性別とmaritial_statusのファイルを追加します。

id:フォームビルダーアドオンがアクティブ化されている場合、カスタムフィールドに基づいて結果をフィルタリングします。

フォームビルダー

を使用して新しいフォームを作成するカスタムフィルターに追加するフォームにフィールドを追加する

リストからフォームIDを取得するフォームに

ID属性を設定し、フォームIDとして値を設定する

例:

[wp_user_list id = ‘474’]

[wp_user_list id = ‘474 ‘key =’ gender、maritial_status’value = ‘Female、Unmarried’]

したがって、このフィルターに基づいて、結果をフィルター処理します。

[wp_user_restrict]制限されたコンテンツはここに表示されます[/ wp_user_restrict]
コンテンツを登録ユーザーのみに制限するためのショートコード。ログインしたユーザーはコンテンツにのみアクセスします
投稿またはページ内のコンテンツのセクションのみを制限するには、上記のショートコードを使用
できます。コンテンツにアクセスするためのユーザーロールを設定することもできます。
ロール属性は、選択したユーザーロールへのコンテンツへのアクセスにのみ使用できます
。例:[wp_user_restrict role = ‘author、editor’]制限されたコンテンツはここに移動します[/ wp_user_restrict]
例。[wp_user_restrict role = ‘author’]制限されたコンテンツはここにあります[/ wp_user_restrict]
例。[wp_user_restrict role = ‘logged_in’]制限されたコンテンツはここに移動します[/ wp_user_restrict]:ログインしたユーザーはコンテンツにのみアクセスします
投稿またはページ全体を制限するには、投稿/ページエディタのすぐ下に追加されたドロップダウンメニューから、投稿またはページを制限するユーザーロールを選択するだけです。

プラグインの作者

Prashant Walke

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/wp-user/
WPユーザー–カスタム登録フォーム、ログイン、ユーザープロファイルプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す