WPリビジョンコントロール | Erick Hitter
WPリビジョンコントロール

WPリビジョンコントロール | Erick Hitter

説明

WordPress 3.6を使用すると、サポートされている投稿タイプごとに保存されるリビジョンの数を制御できます。普遍的に適用されるWP_POST_REVISIONS定数に依存する必要がなくなりました。このプラグインは、この新機能のインターフェースを提供します。
このプラグインを有効にした状態で、[設定]> [書き込み]にアクセスして、投稿タイプごとに保持されるリビジョンの数を指定します。
なぜこれが役立つのですか?リビジョンはデータベースに保存され、多くが保存されている場合、膨張を引き起こす可能性があります。この肥大化により、クエリが遅くなり、パフォーマンスに顕著な影響を与える可能性があります。これらのリビジョンの価値は、追跡対象によっても異なります。たとえば、自分が書いた投稿のすべてのリビジョンを保存したいが、各ページの最新の5つのバージョンを自分のサイトに保持したいだけです。 WordPress 3.6以降、このコントロールが使用可能になりました。 WordPressは、リビジョン数を指定するためのネイティブインターフェイスを提供していないため、このクイックプラグインを作成しました。
WebHostingHubのMariaRamosのおかげで、プラグインはスペイン語でも利用できます。彼女の努力に感謝します!
開発はhttps://git.ethitter.com/wp-plugins/wp-revisions-controlにあります。

インストール

wp-revisions-controlを/ wp-content / plugins /にアップロードします。
WordPressプラグインメニューからプラグインをアクティブにします。
[設定]> [書き込み]に移動し、[WPリビジョンコントロール]でオプションを設定します。

プラグインの作者

Erick Hitter

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/wp-revisions-control/
WPリビジョンコントロールプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す