protect-wp-admin

WP管理者を保護する| WPエキスパートチーム

説明

デフォルトのwordpressadmin url、つまり/ wp-adminの名前を変更し、失敗した試行回数を設定して、wordpress管理者をさらに保護します。WP Protect Adminワードプレスプラグインは、ハッカーからサイトを保護し、(既存のユーザー名を変更し、ユーザーのログイン履歴ログを追跡する)などの追加機能を提供して、Webサイトを保護します。

WordPress Webサイトを運営している場合は、ハッカーから保護するために「protect-wp-admin」を絶対に使用する必要があります。

WP-Adminの保護は、WordPressコミュニティの明白なセキュリティホールを修正します。これは、管理パネルのURLのよく知られた問題です。
管理パネルがどこにあるかは誰もが知っています。これにはハッカーも含まれます。

WP-Adminの保護は、管理者が管理パネルのURLをカスタマイズできるようにし、デフォルトのリンクをブロックすることで、この問題を解決します。

管理者は、デフォルトのログインページのURL「sitename.com/wp-admin」を「sitename.com/custom-string」のようなものに変更できるため、その後、ゲストユーザーはホームページにリダイレクトされます。

プラグインにはいくつかのアクセスフィルターも付属しており、一部のエディターに従来の方法でログインさせたい場合に備えて、管理者はゲストおよび登録ユーザーのwp-adminへのアクセスを制限できます。

アクティブ化プラグインを開始する前に、データベースをバックアップすることが非常に重要です。何らかの理由で、これらのバックアップからデータベースを復元する必要がある場合。プラグインはIISサーバーでは機能しません。

  アドオンをダウンロードするには、ここをクリックしてください

特徴

 *カスタムwp-adminurl(ie http://yourdomain.com/myadmin)を
 定義します*カスタムロゴを定義するか、ログインページのデフォルトロゴを変更します
 *ログインページの背景色を
 定義します*ログインページのテキストの色を定義します
 * wpへのアクセスをゲストユーザーに制限します-admin
 *登録された非管理者ユーザーをwp-adminから制限します*
 コンマ区切りの複数のIDを定義することにより、非管理者ユーザーへの管理者アクセスを許可します

アドオン機能

また、Protect-WP-Adminの柔軟性を示すだけでなく、いくつかの重要な機能を追加するProtect-WP-Adminのアドオンもリリースしました。

 * wordpress wp-adminURLの名前を  変更  *
 ログイントラッカーを有効にする
*ログイン試行回数を設定
する
 *既存のユーザーのユーザー名を変更する*ログインページのロゴURLを定義する
 *管理者からログインページのスタイルを管理する
 *デフォルトのwp-adminurlのカスタムリダイレクトURLを定義する
 *追跡ユーザーのログイン履歴。
 *より高速なサポート

 アドオンアドオン
 
 機能をダウンロードするには、ここをクリックして
 
くださいhttps://youtu.be/sXywBe0XWy0

インストール

ほとんどの場合、WordPressから自動的にインストールできます。

ただし、これを手動でインストールする場合は、次の手順に従ってください。

 *ステップ1.「protect-wp-admin-pro」フォルダーを/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロード
 します
 *ステップ2.WordPressのプラグインメニューからプラグインをアクティブ化します*ステップ3.設定「ProtectWP-AdminPro」に移動し、プラグイン設定を構成します。

プラグインの作者

WPエキスパートチーム

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/protect-wp-admin/
Protect WP Adminプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です