WPメンテナンスモード

WPメンテナンスモード

メンテナンスページをブログに追加して、訪問者にあなたのブログがメンテナンスのためにダウンしていることを知らせたり、新しいWebサイトのページを追加したりします。 管理者権限を持つユーザーは、フロントエンドを含むブログへのフルアクセスを取得します。

プラグインをアクティブにすると、ブログはメンテナンスモードで機能し、十分な権限を持つ登録ユーザーのみがフロントエンドを表示できます。 訪問者情報にはカウントダウンタイマー付きの日付を使用するか、情報の値と単位を設定できます。

WordPressマルチサイトのインストールでも機能します(ネットワークの各ブログには独自のメンテナンス設定があります)。

WordPressメンテナンスモードとは何ですか?

WordPressメンテナンスモードは、サイトのパフォーマンスに影響を与えたり、サイトを使用不能にしたりするいくつかの管理タスクを処理する必要があるときに、Webサイトを配置できる状態です。 完璧な世界では、あなたのウェブサイトはダウンタイムを経験しません。 ただし、サイトをオフラインにして「すぐに戻る」スプラッシュページに置き換えるのが最善の場合もあります。それは、欠陥のあるWebサイトで顧客の個人データとお金を危険にさらすリスクを負うのではなく、 WordPressメンテナンスモードの追加の目的をいくつか見てみましょう。

WordPressでメンテナンスモードをオンにするにはどうすればよいですか?

メンテナンスモードをオンにするには、まずプラグインをインストールする必要があります。 WordPressにログインし、プラグイン/新規追加に進みます。 「SeedProd」を検索すると、最初に返されるプラグインは、近日公開のページとメンテナンスモードプラグインになります。

次に進んで、[今すぐインストール]をクリックし、[プラグインをアクティブ化]をクリックします。

これで、プラグインの使用を開始できます。 SeedProd->設定に移動します。 ここでは、わずか数秒でメンテナンス画面を起動できます。

必要なのは、[メンテナンスモードを有効にする]オプションをクリックして、[すべての変更を保存]をクリックすることだけです。

メンテナンスモードとはどういう意味ですか?

ソフトウェア開発の世界では、メンテナンスモードとは、コンピュータプログラムがそのすべての目標に到達した時点を指し、一般に「完全」でバグのない状態と見なされます。この用語は、ソフトウェア製品が他の製品と競合しなくなったとき、またはソフトウェア製品が動作するテクノロジー環境に関して最新のものではなくなったときの、ソフトウェア製品の進化におけるポイントを指すこともあります。どちらの場合も、継続的な開発は不要または不適切と見なされますが、時折バグ修正とセキュリティパッチが発行されるため、メンテナンスモードと呼ばれます。メンテナンスモードは、多くの場合、放棄ウェアに移行します。

時々、人気のあるフリーソフトウェアプロジェクトが大幅なオーバーホールを受けるとき、予見可能な将来の運用で引き続き広く使用されるため、オーバーホール前のバージョンはアクティブのまま維持され、メンテナンスモードになります。プロジェクトフォークは、メンテナンスモードに入るのが早すぎるプログラムや、より高度なバージョンに対する開発者のサポートが十分にあるプログラムからも生成できます。これの良い例は、メンテナンスモードでVi IMprovedにフォークされたviエディターです。 Vimフォークには、構文の強調表示や複数のオープンバッファーを持つ機能など、viにはない多くの便利な機能があります。

Woocommerceをメンテナンスモードにするにはどうすればよいですか?

最初のステップは、SeedProdのComing Soon Proとメンテナンスモードプラグインをインストールして、WordPressをメンテナンスモードにすることです。 SeedProdは、市場で最高のWordPressメンテナンスモードプラグインであり、あらゆるタイプのページを簡単にメンテナンスできます。

ウェブサイトで近日提供予定のプラグインを有効にしたら、建設中のWooCommerceショップのメンテナンスモードページの作成を開始できます。 さらに、SeedProdのメンテナンスプラグインは、WordPressテーマと完全に統合されます。

WordPressダッシュボードで、[設定]»[近日公開予定]をクリックします。

これにより、SeedProd Coming Soon Proプラグインのダッシュボードが表示され、ショップのWoocommerceメンテナンスモードを構成して有効にすることができます。

プラグインなしでWordPressをメンテナンスモードにするにはどうすればよいですか?

この方法では、functions.phpファイルを編集する必要があります。 続行する前に、WordPressサイトのバックアップを作成することを強くお勧めします。

私たちのウェブサイトがメンテナンス中にWordPressによって自動的に設定されるデフォルトのメンテナンスページを覚えていますか? WordPressを手動でメンテナンスモードにして、追加のプラグインなしでページをカスタマイズできます。

必要なのは、これらのコード行をテーマのfunctions.phpファイルの最後に追加することだけです。

// Activate WordPress Maintenance Mode
function wp_maintenance_mode() {
  if (!current_user_can('edit_themes') || !is_user_logged_in()) {
    wp_die('<h1>Under Maintenance</h1><br />Website under planned maintenance. Please check back later.');
   }
}
add_action('get_header', 'wp_maintenance_mode');

4行目の引用符の間のテキストを変更して、メンテナンスメッセージをカスタマイズします。

最後に、WordPressプラグインのメンテナンスモードについて質問がある場合は、以下にコメントしてください。 私たちはあなたが遭遇する問題を解決するために最善を尽くします。

コメントを残す