WordPress用のPowerBI Embedded | Atlas Public Policy
WordPress用のPowerBI Embedded

WordPress用のPowerBI Embedded | Atlas Public Policy

説明

このWordPressプラグインは、ダッシュボード、レポート、レポートビジュアル、Q&A、タイルなど、Microsoft Power BIEmbeddedをサポートしています。 Power BIは、Microsoftの高度なデータ分析ソフトウェアおよびサービスパッケージです。 Power BIの詳細については、www.powerbi.comをご覧ください。
https://github.com/atlaspolicy/power-bi-embeddedのGitHubでこのプラグインに貢献してください!
このプラグインは、Power BI REST APIを使用してさまざまな種類のコンテンツにアクセスし、ショートコードを使用してそれらをWordPressサイトに簡単に埋め込むことができます。プラグインは、Microsoftがhttps://docs.microsoft.com/en-us/power-bi/developer/embedding-contentで文書化した「アプリ所有データ」プロセスに従います。 BI埋め込みコンテンツを強化する方法に関するマイクロソフトの詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/power-bi/developer/embeddingを参照してください。
プラグインは、Githubで入手可能なPower BIを埋め込むためにMicrosoftのJavaScriptライブラリに依存しています:https://github.com/Microsoft/PowerBI-JavaScript。
このプラグインを使用するには、ユーザーは最初にアプリをAzure ADに登録して、PowerBIコンテンツを埋め込む必要があります。アプリの登録方法の詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/power-bi/developer/register-appを参照してください。アプリを登録するときは、必ずクライアントIDとクライアントシークレットを書き留めてください。
プラグイン設定ページ
「アプリがデータを所有する」プロセスでは、単一のマスターPower BIProアカウントがアクセスを制御する必要があります。このアカウントの資格情報は、プラグイン設定ページで1回構成されます。プラグインは、保存されている資格情報を使用してAzureADに対して認証します。

ユーザー名:Power BIProマスターアカウントのメールアドレス。
パスワード:Power BIProマスターアカウントのパスワード。
クライアントID:AzureADに登録したアプリのクライアントID。
クライアントシークレット:AzureADに登録したアプリのクライアントシークレット。

変更を保存すると、機能した場合は設定ページに認証ステータスが表示されます。プラグインを構成したら、Power BIコンテンツをWordPressサイトに追加して、好きな場所に埋め込むことができます。
プラグインには、Azure上のPower BIEmbeddedリソースを制御するためのサポートも含まれています。これは、リソースが使用されていないときにリソースを無効にすることでコストを管理しようとしている場合に非常に役立ちます。リソースを有効にする時間を設定し、無効にする時間を設定することで、スケジュールを毎日制御できます。リソースを無効にする必要がない場合は、このセクションを無視してかまいません。

Office365のAzureActive DirectoryのテナントIDまたはディレクトリID:ディレクトリIDは、AzureポータルのAzure ActiveDirectoryの[プロパティ]セクションにあります。
Power BIリソースのサブスクリプションID:Azureポータルから直接読み取ります。
リソースグループ名:Azureポータルから直接読み取ります。
リソース名:Azureポータルから直接読み取ります。

日曜日/土曜日:リソースを毎日開始および一時停止する時間を設定します。
スケジューリングには、WPCronの代わりにWebサーバーでcronを使用することをお勧めします。 WPCronの代わりにWebサーバーを使用するプロセスを順を追って

説明

する多くのWebサイトが存在します。たとえば、https://www.nextscripts.com/tutorials/wp-cron-scheduling-tasks-in-wordpressを参照してください。

PowerBIコンテンツ
プラグインは、埋め込むPower BIコンポーネント(ダッシュボード、レポートなど)ごとにカスタムコンテンツタイプを使用します。 「すべてのPowerBIアイテム」に移動して、新しいコンポーネントを追加します。

埋め込みタイプ:レポート、レポートビジュアル、Q&A、ダッシュボード、タイル。

埋め込みタイプは、入力する残りのフィールドを決定します。
報告書

レポートモード:表示、編集、作成
レポートID:レポートの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
グループID:グループの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでダッシュボードまたはレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
データセットID:データセットの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスのダッシュボードを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。これは、作成モードでのみ必要です。

ビジュアルレポート

レポートID:レポートの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
グループID:グループの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでダッシュボードまたはレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
ページ名:ページの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスのレポート内のページを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
ビジュアル名:ビジュアル名は、PageオブジェクトのGetVisualsメソッドを使用して取得できます。

Q&A

Q&Aモード:Q&Aを表示、事前定義された質問でQ&Aを表示、事前定義された質問でのみ回答を表示
Q&A入力質問:「事前定義された質問でQ&Aを表示する」および「事前定義された質問でのみ回答を表示する」にのみ必要
グループID:グループの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでダッシュボードまたはレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
データセットID:データセットの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスのダッシュボードを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。これは、作成モードでのみ必要です。

ダッシュボード

ダッシュボードID:ダッシュボードの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスのダッシュボードを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
グループID:グループの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでダッシュボードまたはレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。

タイル

ダッシュボードID:ダッシュボードの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスのダッシュボードを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
グループID:グループの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでダッシュボードまたはレポートを表示すると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。
タイルID:ダッシュボードタイルの一意の識別子を入力します。 Power BIサービスでダッシュボードを表示しているときにタイルのフォーカスモードに入ると、識別子を見つけることができます。識別子はURLにあります。

PowerBIコンテンツのその他の設定
また、フィルターペインまたはページナビゲーションを言語とともに表示するかどうか(Power BIがローカリゼーションおよびロケール形式に使用する言語を定義する(powerBIが日付や通貨などに使用するテキスト形式を定義する)など、コンテンツの埋め込み方法を構成することもできます。 )最後に、コンテナーのデフォルトの幅と高さをピクセル単位またはパーセンテージで設定できます。
WordPressへのコンテンツの埋め込み
Power BIコンテンツがWordPressで作成されると、ショートコードを使用してどこにでも埋め込むことができます。ショートコードは、Power BIコンテンツの一意の識別子(「すべてのPower BIアイテム」から表示)とオプションの幅と高さを受け入れ、デフォルトの幅や/をオーバーライドする場合は、コンテンツが埋め込まれるコンテンツのサイズをカスタマイズします。またはコンテンツの高さ。
[powerbi id = X width = X height = X]

ショートコードを使用して、Power BIEmbeddedリソースの状態に基づいてコンテンツを表示することもできます。このショートコードを使用すると、リソースがアクティブなときにコンテンツを表示し、リソースが一時停止しているときに他のコンテンツを表示できます。
リソースがアクティブなときにコンテンツを表示します。
[powerbi_resource]
リソースがアクティブです。
[/ powerbi_resource]

リソースが一時停止しているときにコンテンツを表示します。
[powerbi_resource state = “Paused”]
リソースが一時停止されています。
[/ powerbi_resource]

州の詳細をご覧ください。 https://docs.microsoft.com/en-us/rest/api/power-bi-embedded/capacities/getdetails#state
フィルター
プラグインは、PowerBI組み込みの[https://github.com/Microsoft/PowerBI-JavaScript/wiki/Filters](レポートレベルフィルター)API関数を使用してレポートをフィルター処理できます。フィルタを使用するには、クエリ文字列でフィルタオブジェクトをシリアル化されたJSON文字列として渡す必要があります。

var relatedFilterObj = [{
$ schema: “http://powerbi.com/product/schema#basic”、
目標 : {
表:「国」、
列:「国」、
}、
演算子: “=”、
値:[国]

}
スライサーの適用プラグインは、URLで文字列化されたJSONを渡すことに基づいて、レポートが読み込まれる前にスライサーを適用することもできます。 [スライサー]についてもっと読む(https://github.com/Microsoft/PowerBI-JavaScript/wiki/Slicers)


varスライサー= [
{{
セレクター:{
$ schema: “http://powerbi.com/product/schema#visualSelector”、
VisualName: “fee64d853d2c3e579085”
}、
状態:{
フィルタ:[
{{
$ schema: “http://powerbi.com/product/schema#basic”、
目標 : {
表:「ツール」、
列:「ツール」
}、
演算子: “In”、
値:[“情報運用”]、
}
]
}
}

インストール

「プラグイン>新規追加」にアクセス
「PowerBIEmbedded」を検索する
プラグインページからPowerBI Embedded forWordPressをアクティブ化します。

プラグインの作者

Atlas Public Policy

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/embed-power-bi/
WordPress用のPowerBI Embeddedプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す