WordPress用のローカルGoogleAnalytics –外部リク​​エストをキャッシュします

WordPress用のローカルGoogleAnalytics –外部リク​​エストをキャッシュします | Webcraftic

説明

このプラグインは、テーマコードに影響を与えることなく、GoogleAnalyticsコードをWebサイトページにプラグインするのに役立ちます。あなたがしなければならないのは追跡コードを入力することです。それで全部です。他のプラグインとは異なり、これはWebサイトのパフォーマンスを考慮し、GoogleAnalyticsスクリプトをキャッシュします。
プラグインはGoogleAnalyticsスクリプトをどのようにキャッシュしますか?その理由は何ですか?
プラグイン設定をアクティブにして入力すると、analytics.jsという名前のリモートファイルがダウンロードされ、ホスティング(サーバー)のキャッシュフォルダーに配置されます。このファイルは1日1回更新されます。これは、Googleリモートサーバーへの外部リクエストを回避し、ウェブサイトのページを高速化するのに役立ちます。
また、Google Pagespeed Insightsで100のパフォーマンス評価を取得したい場合は、必ずGoogleアナリティクスをキャッシュする必要があります。そうしないと、警告が表示されます。
プラグインの機能

分析コードをWebサイトのヘッダーまたはフッターに配置するのに役立ちます。

直帰率を監視します。重要なのは、ユーザーがランディングページで一定の時間を費やした後にトリガーされるイベントを設定し、これらのユーザーをバウンスと見なさないようにGoogleアナリティクスに指示することです。ユーザーはWebサイトにアクセスし、必要なすべての情報(電話番号など)を見つけてから、他のページにアクセスせずにWebサイトを閉じるだけです。直帰率が調整されていない場合、このユーザーは成功した経験があったとしても、直帰と見なされます。ユーザーがバウンスと見なされる時間制限を定義することで、ユーザーエクスペリエンスのより正確なパフォーマンスを得ることができます(たとえば、ユーザーが探しているものを見つけることができたかどうか)。

分析コードの位置を定義します。 Google Analyticsコードは、デフォルトで他のスクリプトやJavaScriptコードよりも先に読み込まれます。ただし、たとえば値100を設定すると、すべてのスクリプトの後にGoogleAnalyticsコードが読み込まれます。優先度を調整すると、ページ上のコードの位置を設定するのに役立ちます。

すべてのディスプレイネットワーク機能を無効にします。詳細:https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/display-features

匿名のIPアドレスを使用します(一部の国では法律で義務付けられています)。詳細:(https://support.google.com/analytics/answer/2763052)

管理者を追跡します。管理者のアクティビティの追跡を無効にして、より正確な統計を取得できます。

analytics.jsローカルスクリプトを更新しないでください。プラグインは、GoogleAnalyticsスクリプトのキャッシュを毎日更新するcronタスクを作成します。この機能を有効にすると、プラグインはGoogleアナリティクスのキャッシュファイルを更新しません。

翻訳

英語–デフォルト、常に含まれています
ロシア

翻訳を手伝いたい場合は、このサイトまたはプラグイン内の連絡先から私に連絡してください。
プラグインの作者に感謝します
いくつかのプラグイン関数を使用しました:
GA Google Analytics、NK Google Analytics、Complete Analytics Optimization Suite(CAOS)、Clearfy — WordPress最適化プラグイン、究極の調整を無効にする、WooCommerce用の拡張eコマースGoogleAnalyticsプラグイン
推奨される個別のモジュール
私たちのチームが作成した、特に役立つと思われる他のいくつかの関連する無料プラグインをチェックすることをお勧めします。

Clearfy –WordPress最適化プラグインと究極の微調整を無効にする
任意の投稿タイプのコメントを無効にする(コメントを削除)
Cyrlitera –リンクとファイル名の音訳
Cyr-to-latリロード–リンクとファイル名の音訳
管理者通知を個別に無効にする
ログインページを非表示
更新を無効にする、自動更新を無効にする、更新マネージャー
WordPress Assets Manager、デキュースクリプト、デキュースタイル

インストール

wget、curl of ftpを使用して、「simple-google-analytics.zip」ファイルを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします。

ディレクトリ/ wp-content / plugins / simple-google-analyticsにフォルダを作成する「simple-google-analytics.zip」を「解凍」します

WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します

WordPress管理メニューの[設定]セクションにある[ローカルGoogleアナリティクス]サブメニューからプラグインを構成します

そこにあなたのグーグルアナリティクスIDを追加してください。 Google Analytics IDの例–> UA-0000000-0。

ブログがサブドメインにあるかどうかを選択します。このオプションは、GoogleAnalyticsの設定ページで定義されています。わからない場合は変更しないでください。

WordPressがあるドメインを入力します。

保存して完了です。

プラグインの作者

Webcraftic

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/simple-google-analytics/
WordPress用のローカルGoogleAnalytics –外部リク​​エストをキャッシュしますプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です