WordPress用のGoogleタグマネージャー

WordPress用のGoogleタグマネージャー | Thomas Geiger

説明

Googleタグマネージャー(GTM)は、分析タグやマーケティングタグ、その他のコードスニペットを管理および展開するためのGoogleの無料ツールです。
直感的なWebUIを使用します。このツールの詳細については、公式Webサイトにアクセスしてください。
このプラグインは、GTMコンテナコードスニペットをWordPressウェブサイトに配置するため、これを手動で追加する必要はありません。
複数のコンテナもサポートされています!
プラグインは、ページのメタデータとユーザー情報をいわゆるデータレイヤーにプッシュすることで、GTMの設定を補完します。
Googleの公式ヘルプページには、データレイヤーに関する詳細が含まれています。
推奨されるコード設定でGoogleオプティマイズコンテナを追加することもできます
プラグインの一部には、PHP5.6以降が必要です。
PHP7.0以降をお勧めします。
PHP 5.6はライフサイクルの終わりに近づいているため、アップグレードすることをお勧めします。使用しているバージョンがわからない場合は、お問い合わせください
サポートのためのホスティングプロバイダー。
GTMコンテナコードの配置
元のGTMコンテナコードは2つの部分に分かれています。最初の部分はに追加されるjavascriptコードスニペットです。
ウェブサイトのすべてのページのセクション。この部分はGTMのすべての機能を有効にするために重要であり、このプラグインはこの部分を配置するのに役立ちます
あなたのサイトで正しく。 2番目の部分は、ユーザーのJavaScriptが無効になっている場合にフェイルセーフ/フォールバックとして機能するiframeスニペットです。
Googleでは、最高のパフォーマンスを得るために、このコードスニペットを各ページの開始タグの直後に配置することをお勧めします。
理想的ではありませんが、コードの下位に配置すると機能します。このプラグインは、2番目のコードスニペットのコード配置オプションを提供します。
本質的に、WordPressはこれを達成するための簡単なソリューションを提供していませんが、YanivFriedensohnは私にソリューションを示しました
これは、ほとんどのテーマで変更なしで機能します。
http://www.affectivia.com/blog/placing-the-google-tag-manager-in-wordpress-after-the-body-tag/
現在、実験的なオプションとして、このソリューションをプラグインに追加しました。
Genesis Frameworkを使用しているサイトは、「カスタム」配置オプションを選択する必要があります。このテーマにはテーマの変更は必要ありません
ただし、Googleタグマネージャーのコンテナコードは自動的に追加されます。
基本データが含まれています

投稿/ページタイトル
投稿/ページの日付
投稿/ページのカテゴリ名
投稿/ページタグ名
投稿/ページの作成者IDと名前
投稿/ページID
投稿タイプ
現在のページの投稿数+現在のカテゴリ/タグ/分類法
ログインステータス
ログインしたユーザーロール
ログインしたユーザーID(Google Analyticsでデバイス間の動作を追跡するため)
ログインしたユーザーのメールアドレス(GTM利用規約に準拠するため、これをGoogleタグに渡さないでください)
サイト検索データ
サイト名とID(WordPressマルチサイトインスタンスの場合)

ブラウザ/ OS /デバイスデータ
(ベータ)

ブラウザデータ(名前、バージョン、エンジン)
OSデータ(名前、バージョン)
デバイスデータ(タイプ、メーカー、モデル)

データは、WhichBrowserライブラリを使用して提供されます:http://whichbrowser.net/
気象データ
(ベータ)
ユーザーの現在の気象条件に関するデータをdataLayerにプッシュします。これは、気象関連の生成に使用できます
広告プラットフォームのオーディエンス/リマーケティングリスト。Web分析ソリューションでユーザーのセグメンテーションを可能にします。

天気カテゴリ(雲、雨、雪など)
天気の

説明

:より詳細なデータ
摂氏または華氏の温度
空気圧
風速と風速

気象データは、Open WeatherMapから照会されます。 Webサイトのトラフィックによっては、追加料金が適用される場合があります。
http://openweathermap.org/price
この機能を使用するには、OpenWeatherMapの(無料の)APIキーが必要です。
ipstack.comは、サイト訪問者の場所を特定するために使用されます。この機能を使用するには、IPStack.comの(無料の)APIキーが必要です。
https://ipstack.com/product
メディアプレーヤーイベント
(実験的)
埋め込まれたメディアとのユーザーの相互作用を追跡します。

YouTube
Vimeo
Soundcloud

DataLayerイベントは、メディアプレーヤーのロード時、メディアの再生中、一時停止/停止時、およびオプションでいつ発生するかを選択できます。
ユーザーはメディア期間の10、20、30、…、90、100%に達します。
トラッキングは、WordPressの組み込みoEmbed機能および他のほとんどのメディアプラグインを使用した埋め込みメディアでサポートされています
コードをコピーして貼り付けます。ページの読み込み後にWebサイトに挿入されたプレーヤーは、現在サポートされていません。
スクロールトラッキング
訪問者がページの上から下にスクロールする方法に基づいてタグを起動します。
例としては、「リーダー」(ページで指定された時間を費やす)を「スクローラー」から分離することが挙げられます。
(数秒以内にスクロールするだけです)。これらのイベントを使用して、アナリティクスタグやリマーケティング/コンバージョンタグを起動できます
(マイクロ変換用)。
スクロールトラッキングは、元々作成されたソリューションに基づいています

ニック・ミハイロフスキー
トーマス・ベクダル
アビナッシュ・カウシク
ヨースト・デ・ヴァルク
Eivind Savio
ジャスティン・クトローニ

元のスクリプト:
http://cutroni.com/blog/2012/02/21/advanced-content-tracking-with-google-analytics-part-1/
Google広告のリマーケティング
WordPress用のGoogleタグマネージャーは、各dataLayer変数をGoogle広告リマーケティングカスタムパラメータリストとして追加できます。
これにより、洗練されたリマーケティングリストを作成できます。
ブラックリストとホワイトリストのタグマネージャーのタグと変数
ウェブサイトのセキュリティを強化するために、タグ/変数をホワイトリストおよびブラックリストに登録するオプションがあります。
GTMの設定に関係なく、特定のタグが起動したり、特定の変数タイプが使用されたりするのを防ぐことができます。
GTMアカウントに関連付けられているGoogleアカウントがハッキングされている場合、攻撃者は簡単にハッキングされる可能性があります
ホスティングサーバー上のコードにアクセスせずに、Webサイトでマルウェアを実行します。カスタムHTMLタグをブラックリストに登録する
タグマネージャーコンテナを保護できるカスタムJavaScript変数。
統合
WordPress用のGoogleタグマネージャーは、いくつかの人気のあるプラグインと統合されています。今後のさらなる統合!

お問い合わせフォーム7:フォームの送信が成功するとイベントを発生させます
WooCommerce:

従来のeコマース:

訪問者がカートに商品を追加したときにイベントを発生させる
広告プラットフォームやアナリティクスに渡されるトランザクションデータをキャプチャします
Google広告の動的リマーケティングに必要なリマーケティングパラメータを取得する

強化されたeコマース(ベータ版):

強化されたEコマースの実装

WooCommerceにはそのような機能がないため、プロモーションはサポートされていません(まだ)
払い戻しはサポートしていません

インストール

duracelltomi-google-tag-manager-for-wordpressを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します
[設定] / [Googleタグマネージャー]に移動し、GoogleタグマネージャーのコンテナIDを入力して、追加のオプションを設定します

プラグインの作者

Thomas Geiger

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/duracelltomi-google-tag-manager/
WordPress用のGoogleタグマネージャープラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です