WooCommerceのヘルプデスクサポートチケットシステム | extendWP
WooCommerceのヘルプデスクサポートチケットシステム

WooCommerceのヘルプデスクサポートチケットシステム | extendWP

説明

WooCommerceのサポートチケットシステムはeshopと統合され、WordPressWebサイトにヘルプデスクトラブルチケットシステムが追加されます。あなたのサポートはよく組織化され、より良く、より速くなり、より専門的に見えるでしょう。
プラグインはWooCommerceを拡張し、マイアカウントセクションにタブと新しいページを作成します。このページで、顧客は一般または注文ごと(PROバージョン)でサポートを依頼できます。お客様はこの画面から問題を追跡できますが、応答が送信されると通知されます。さらに、プラグインはショートコード[stsw_user_tickets]を提供します。このショートコードでは、作成したいカスタムページで使用でき、ログインしたユーザーはこのページを使用できます。優れたUIインタラクションのためのAjaxチケット送信
どうすればそれから利益を得ることができますか
顧客により良い、より速いサポートを提供し、追跡し、収益を増やします

信頼を獲得し、使いやすいサポートチケットシステムを追加して、顧客に対してより専門的に見えるようにします
プロセスを自動化することにより、より優れた、より高速なサポートを提供します–さまざまなユーザーにチケットを自動割り当てします
顧客、担当者(PROバージョン)、およびeshop管理者向けの電子メールによる通知も含まれているため、追跡を失うことはありません。

WordPressのバックエンドとフロントエンドを追跡しながらサポートを整理する–フロントエンドからチケットを処理して管理を改善する

使用例領域

ヘルプデスク
技術サポート
トラブルチケット
顧客との関係

WooCommerce PROのサポートチケットシステムを取得して、注文ごとのチケットを許可し、さまざまなユーザーに割り当て、プロセスを自動化します
バックエンドの詳細な機能
プラグインは、顧客の問題を管理するための投稿タイプを作成します。チケットリストの列は、チケットステータス、最終応答日などの重要な情報を含むようにカスタマイズされています。さらに、チケットリストはステータスごとに簡単にフィルタリングできます。
設定ページ:プラグインのさまざまな設定を変更できるページです
*マイアカウントページの[サポート]タブの名前を定義します
*アカウントの注文テーブルに表示されるボタンの名前を定義します
*フロントエンドへのオープンチケットのみを表示するかどうかを決定します
*すべてのチケットのデフォルトの担当者を定義する機能
*チケットが開いたとき、または新しい応答が追加されたときに、担当者、管理者、顧客に電子メールで通知するかどうかを選択します
*管理者と顧客の電子メール通知に異なるテキストを書く
フロントエンドの詳細な機能
プラグインは、マイアカウントページにサポートセクションUIを作成し、タイトルのカスタマイズ可能なテキストを含む新しいタブを追加します。これにより、ユーザーはチケットを表示して新しいタブを作成できます。
注文ごとにボタンが追加され、タイトルにカスタマイズ可能なテキストが追加され、サポートページに移動します。
顧客は、開いたチケットを追跡し、Webサイトから追加された新しい応答を表示できます。
フロントエンドからチケットを管理し、直接サポートを提供することもできます。
この統合された機能に加えて、ショートコードを使用して、作成したページにサポートシステムを追加し、ログインしているすべてのユーザーが表示および管理できるようにすることができます。
ここでプロバージョンを入手

PROプラグインの機能

ユーザーが特定の注文のチケットを送信できるようにする

チケットまたはチケット送信への応答中にファイルにアクセスできます
チケットの優先順位:ビジネスニーズに応じてチケットの優先順位を事前に定義し、トラブルシューティングプロセスをより適切に管理します。デフォルトでは、プラグインをインストールすると、指定された色で低、通常、高になります–チケットリストに表示されます。必要な数だけ追加し、目立つように色を定義することもできます。
チケットはさまざまな方法で他のユーザーに割り当てることができます
チケットの件名:チケットを分類して管理しやすくするために、チケットの件名を事前に定義します

選択した件名に基づいて、特定のユーザーにチケットを自動割り当てします
**担当者のフロントエンドから直接サポートを管理する**-特定のチケットが割り当てられ、管理者以外のユーザーは、チケット管理のバックエンドにアクセスせず、[マイアカウント]セクションから直接、または管理者が作成できる専用ページからアクセスしますショートコード[stsw_user_tickets]を使用する
管理者は、すべてのチケットのデフォルトの担当者を定義できます
チケットが開いたとき、または新しい応答が追加されたときに、電子メールで担当者に通知するかどうかを選択します
担当者と顧客の電子メール通知に異なるテキストを記述します。さまざまなプレースホルダーを追加できるため、これはテンプレートとして機能します。
チケットと回答の送信時に添付ファイルを有効にできます
添付ファイルの最大サイズとファイル拡張子を定義できます

チケットまたは応答とともに送信できる添付ファイルの数を定義することを定義できます
優先度をユーザーが選択できるようにするかどうかを選択できます
バックエンドチケットテーブルリストには、担当者名、優先度、件名、注文番号(チケットが注文を参照している場合)などのさまざまな重要な情報が入力されています。
通知システムの顧客または譲受人への電子メールテンプレートのさまざまなチケット固有のプレースホルダーを利用します

ここでプロバージョンを入手

インストール

プラグインファイルを/ wp-content / pluginsディレクトリにアップロードして解凍するか、WordPressプラグイン画面から直接プラグインを

インストール

します。
WordPressの「プラグイン」画面からプラグインをアクティブ化します
チケットwpメニュータブを使用する

プラグインの作者

extendWP

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/support-ticket-system-for-woocommerce/
WooCommerceのヘルプデスクサポートチケットシステムプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す