WooCommerce Easy Codice Fiscale Partita Iva

WooCommerce Easy Codice Fiscale Partita Iva | Madaritech

説明

WCテスト済み:3.4.5
少なくとも必要なもの:3.1.2
イタリア語
Aggiunge i campi Partita Iva e Codice Fiscale in WooCommerce per realizzare un Ecommerce per il mercatoitaliano。 Le different etichette nelle varie sezioni(pagina di checkout、ordine、ecc。)possono essere configurate in modo Rapido esemplice。 Nel dettaglio:

un menu a tendina permette al cliente dispecificare il tipo di fatturazione:“ Ricevuta Fiscale” o“ Fattura”

nel caso il cliente selezioni la fattura、al checkout viene aggiunto un apposito campo obbligatorio nel qualeilclientepuòspecificarelaPartitaIva o il Codice Fiscale

nel caso il cliente selezioni la fattura、nell’ordineverràspecificata la scelta operata e il valore del Codice Fiscale e / o della Partita Iva

nel caso il cliente selezioni la ricevuta、ilclientenonètenutoadinserireinformationazioni sul Codice Fiscale o la PartitaIva。 L’ordine riporta tale scelta operata dal cliente

il menuatendinapuòesseredisabilitatodallapagina delle impostazioni:in tal caso il tipodifatturazioneèsemper“ Fattura”、viene aggiunto un apposito campo obbligatorio nel qualeilclientepuòspecificarelaPartitaIva o il Cod

mediante appositaチェックボックス、dalla pagina delle impostazioni、il campo“NomedellaSocietà”puòesserereso obbligatorio nel caso il tipo di fatturazione selezionata sia“ Fattura”

英語
イタリア市場向けに、WooCommerceに「PartitaIVA」と「CodiceFiscale」フィールドを追加します。さまざまなセクション(チェックアウトページ、注文など)のさまざまなラベルをすばやく簡単に構成できます。詳細に:

ドロップダウンメニューを使用すると、顧客は請求タイプを指定できます:「領収書税」または「請求書」

顧客が請求書を選択した場合、チェックアウトに必須フィールドが追加され、顧客はVATまたは税コードを指定できます。

顧客が請求書を選択した場合、注文には、行われた選択と、税コードおよび/またはVATコードの値が指定されます。

ドロップダウンメニューは設定ページから無効にできます。この場合、請求のタイプは常に「請求書」であり、顧客がVAT番号または税コードを指定できる必須フィールドが追加されます。

選択した請求書の種類が「請求書」の場合、チェックボックスを使用して、設定ページから「会社名」フィールドを必須にすることができます。

インストール

このセクションでは、プラグインを

インストール

して機能させる方法について説明します。

このプラグインには、WordPressで設定されたイタリア語が必要です。そのため、[設定]> [一般]> [言語]でイタリア語を設定します。
プラグインファイルを/ wp-content / plugins / madaritech-woocommerce-easy-codice-fiscale-partita-ivaディレクトリにアップロードするか、WordPressプラグイン画面から直接プラグインを

インストール

します。
WordPressの「プラグイン」画面からプラグインをアクティブ化します。
管理メニューの「WCEasyCF PIva」リンクを使用して、プラグイン設定ページに入ります。
プラグイン設定ページに、構成可能なラベルのリストが表示されます。設定を編集して保存します。

プラグインの作者

Madaritech

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/woo-easy-codice-fiscale-partita-iva/
WooCommerce Easy Codice Fiscale Partita Ivaプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です