Webツールをキャッチ| プラグインをキャッチ

Webツールをキャッチ| プラグインをキャッチ

説明

Catch Web Toolsは、シンプルで実用的な機能でWordPressサイトを強化するモジュラープラグインです。現在、ウェブマスターツール、Open Graph、カスタムCSS、ソーシャルアイコン、セキュリティ、更新プログラム、基本的なSEO最適化モジュールを提供しており、今後さらにアップデートが追加されます。

これらをチェックする必要があるいくつかの簡単な理由があります!

セットアッププロセスがいかに簡単かから始めましょう。クリックするだけです。

プラグインが複数の機能を提供する場合、読み込みが遅くなるというのが一般的な想定です。ただし、Catch Web Toolsには、手動でアクティブ化するモジュラープラグインが用意されています。つまり、プラグインが提供する50の異なる機能がある場合、それらをアクティブ化しない限り、サイトはそれらの50の機能の負荷を引き受けません。必要な機能を手動でアクティブ化するオプションがあり、サイトに不必要に過負荷をかけることはありません。

この時点で、Catch WebToolsを無料でダウンロードできます。つまり、あなたのサイトを面白く、効率的でプロフェッショナルなものにする多くの高度な機能を無料で手に入れることができます!

Catch Web Toolsは、WordPressの標準ガイドラインに従ったクリーンなコーディングを使用します。つまり、面倒なことはなく、テーマとの完全な互換性があります。

プレミアムサポート

Catch Pluginsチームは、WordPress.orgフォーラムでCatch WebToolsプラグインのサポートを提供していません。サポートはCatchWebToolsサポートフォーラムで提供されます

翻訳

Catch WebToolsプラグインは翻訳の準備ができています。
ValdirTrombiniによるブラジルポルトガル語の翻訳を追加
AndrijanaNikolicによるセルビアクロアチア語の翻訳を追加

インストール

組み込みのWordPressプラグインインストーラーを使用して、Catch WebToolsプラグインをダウンロードしてインストールできます。Catch Web Toolsを手動でダウンロードする場合は、必ず「/ wp-content / plugins / catch-web-tool /」にアップロードしてください。

「アクティブ化」リンクを使用して、「プラグイン」管理パネルでCatchWebツールをアクティブ化します。

次に、必要に応じてモジュールを有効または無効にできるCatch WebToolsダッシュボードが表示されます。

ウェブマスターツール

ウェブマスターツールはあなたのウェブサイトにとって非常に人気のあるソリューションであり、ウェブマスターによって強く推奨されています。それはあなたのウェブサイトの検索エンジンランキング最適化であなたを助けます。

[ウェブツールのキャッチ]ダッシュボードの[アクティブ化]ボタンをクリックするか、[ウェブマスターを有効にする]モジュールをオンにしてウェブマスターツールを有効にします。

フィードリダイレクト/カスタムフィード
*このセクションでは、デフォルトのWordPressフィードをリダイレクトするカスタムフィードURLを追加できます。カスタムフィードがFeedblitzまたはFeedburnerで処理されない場合は、リダイレクトオプションを使用しないでください。

ヘッダーとフッターのスクリプトセクション
*このセクションには、Google、Facebook、Google Analyticsなどのスクリプトを配置できる機能が用意されており、ヘッダーまたはフッターに読み込まれます。

サイト検証セクション
*このセクションでは、サイトを検証するために、ここにGoogle、Bing、Alexaからの検証IDを追加できます。

カスタムCSS

サイトのヘッドセクションにカスタムCSSを追加できます。CSSを入力して保存すると、フロントエンドのヘッドセクションに表示されます。不要な場合は空白のままにしてください。

IDSをキャッチ

Catch WebToolsダッシュボードの[アクティブ化]ボタンをクリックします。

モジュールを有効にすると、管理セクションテーブルに投稿ID、ページID、メディアID、リンクID、カテゴリID、タグID、およびユーザーIDが表示されます。

ソーシャルアイコン

社会的なアイコンがgenericons Vからアイコンを使用しています。3.4.1 genericons.com

Catch Web Toolsダッシュボードの[アクティブ化]ボタンをクリックするか、[ソーシャルアイコンを有効にする]モジュールをオンにして、CatchWebツールが提供するソーシャルアイコンを有効にします。

モジュールを有効にしてフィールドに入力すると、ソーシャルアイコンは、ショートコード、ウィジェット、テンプレートの3つの方法で表示できます。

ショートコード
*ショートコード[catchthemes_social_icons](投稿/ページコンテンツ内)は、ソーシャルアイコンをページ/投稿に有効にします。

ウィジェット
*結果を表示するには、Catch WebToolsのソーシャルアイコンウィジェットを任意のサイドバーにドラッグアンドドロップします。

WordPressテンプレート
* phpテンプレートでCatchWeb Tools Social Iconsが必要な場合は、次のコードを使用できます。

<?php
if ( function_exists( 'catchwebtools_social_icons' ) )
    catchwebtools_social_icons();
?>

OR

<?php
    echo do_shortcode( '[catchthemes_social_icons]' );
?>

OpenGraph(社会統合)

SEOとソーシャルメディアは非常に絡み合っているため、このプラグインにはFacebookOpenGraphの実装も付属しています。カスタムメタボックスを使用して、特定のページまたは投稿にOpenGraphタグを追加できます。このセクションでは、OpenGraphメタデータをサイトのセクションに追加します。

Catch Web Toolsダッシュボードの[アクティブ化]ボタンをクリックするか、[OpenGraphモジュールを有効にする]をオンにして、CatchWebツールで提供されるソーシャル統合を有効にします。

ホームページ設定セクション
*このセクションには、ホームページのOpenGraph設定が含まれます。

デフォルト設定セクション
*このセクションには、共有されている投稿/ページに画像が含まれていない場合に使用されるデフォルトの画像フィールドが含まれています。

カスタム設定セクション(上級ユーザーのみ)
*この設定は、OpenGraphツールの詳細な動作を理解している上級ユーザーにのみ推奨されます。
*このフィールドは、Catch Web Tools OpenGraph BasicSettingsでは満たされない他のタイプのOpenGraphタグ用です。例:
*特定のページまたは投稿のOpenGraphタグは、このセクションが有効になると、ページおよび投稿の追加/編集セクションに表示されるCatch WebToolsカスタムメタボックスを介して追加できます。

SEO(ベータリリース)

SEOはベータ版です。SEOを使用して、SEOメタタグをホームページ、特定のページまたは投稿、およびカテゴリページに追加できます。このセクションでは、SEOメタデータをサイトのセクションに追加します。

Catch Web Toolsダッシュボードの[Activate]ボタンをクリックするか、[Enable SEO Module]をオンにして、Catch WebToolsが提供するSEOを有効にします。

SEOホームページ設定
*このセクションには、ホームページのSEO設定が含まれます

Catch Web Tools:SEO設定
*特定のページまたは投稿のSEOは、Catch Web Toolsカスタムメタボックスを介して追加できます。このセクションを有効にすると、ページおよび投稿の追加/編集セクションに表示されます。
*有効にすると、設定はメイン設定セクションの下のカテゴリの追加と編集ページにも表示されます。

キャッチアップデーター

Catch WebToolsダッシュボードの[アクティブ化]ボタンをクリックします。

Catch Updaterは、シンプルで軽量なWordPressテーマアップデータモジュールであり、WordPress管理パネルを使用してテーマを簡単に更新できます。これで、Pro / Premiumテーマの新しいバージョンのzipファイルをテーマインストーラー「外観=>テーマ=>新規追加=>アップロード」またはhttp://yoursite.com/wp-admin/theme-install.php?から簡単にアップロードできます。アップロードします。最新バージョンに更新しながら、既存のテーマをバックアップするオプションもあります。テーマを削除して新しいテーマをアップロードする手間が省けます。

トップへ

To Top Moduleは、下にスクロールするとページの右下(デフォルト)にフローティングボックスを追加し、クリックするとスムーズに上に移動します。これは、ページが長く、訪問者が簡単にトップに戻る方法を提供したい場合に便利です。

ページまたは投稿に大量のコンテンツがある場合、訪問者はそれらのコンテンツを読むために下にスクロールする必要があります。下にスクロールすると、すべてのナビゲーションリンクが上に移動します。訪問者が読書を終えたら、上にスクロールして、Webサイトに他に何があるかを確認する必要があります。これは非常に面倒な場合があります。To Top Moduleは、訪問者を数ミリ秒でページのトップにすばやく移動させるボタンを追加します。また、移行はスムーズで、ユーザーエクスペリエンスが向上します。このモジュールのもう1つの優れた点は、テンプレートの1つのコードに触れる必要がないことです。

特徴

  • ユーザーがページを下にスクロールするとアイコンが表示されます
  • カスタマイザーによるライブプレビュー
  • アニメーションでページを上にスクロールします
  • アイコン/画像の不透明度を設定する
  • トップボタンにアイコン(ダッシュアイコン)または画像を設定
  • アイコンの場合、背景色、アイコンの色、アイコンのサイズ、アイコンの形状(正方形から円形)を設定します
  • 好きな画像を設定してください
  • 画像幅を設定する
  • アイコンの場所を設定します
  • 管理ページの[トップに表示]ボタンを表示/非表示にします。
  • 自動非表示
  • 小さなデバイスに隠す

プラグインの作者

プラグインをキャッチ

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/catch-web-tools/
Catch Web Toolsプラグインの使用中に問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします。

コメントを残す