太郎アドフィールズ

太郎アドフィールズ | Tarosky INC.

説明

WordPressテーマの広告スロットを作成できます。
各位置に、最新の広告フィールドが表示されます。
広告のスケジュールと表示を管理できます。
テーマから
テーマでアクションフックを呼び出します。

<?php do_action( 'taro_ad_field'、 'after-header'、 '

‘、 ‘‘); ?>

この場所に、最新の広告が表示されます。
Taro Clockwork Postプラグインを使用すると、広告を自動的に期限切れにすることができます。
フック引数
do_action($ hook_name、$ slug、$ before、$ after);

$ hook_name:アクションフック名。常にtaro_ad_fieldである必要があります。

$ slug:位置のスラッグ。

$ before:広告ブロックの直前に出力される文字列。広告が存在しない場合、これは表示されません。

$ after:広告ブロックの直後に出力される文字列。

ウィジェットから
広告フィールド用のウィジェットもあります。指定した位置の最新の広告がウィジェットに表示されます。
デフォルトの位置を設定する
テーマに、taf_default_positionsのフィルターフックを追加します。
これらの用語は自動的に作成されます。

add_filter( ‘taf_default_positions’、function(){
戻る[
‘アフターヘッダー’ => [
‘name’ => ‘ヘッダーの後’、
‘description’ => ‘ヘッダーの直後に表示されます。’、
]、
‘アフターコンテンツ’ => [
‘name’ => ‘コンテンツの後’、
‘description’ => ‘コンテンツの直後に表示されます。’、
‘モード’ => ‘iframe’、
]、
];
});

デフォルトは空の配列であるため、デフォルトの位置はありません。
上記のようにフィルターフックで新しい位置を追加できます。
配列の構造は次のようになります。

[
‘slug_name’ => [
‘name’ => ‘Verbose Postion Name’、

説明

‘ => ‘表示される場所について(あなた次第)’、
‘モード’ => ‘iframe’、
]、
]

モードを「iframe」に設定すると、この位置にはURLが含まれ、非常に単純なHTMLページに広告が表示されます。
管理画面の位置一覧の表示リンクからURLを取得できます。
この機能は、Facebook InstantArticleなどの外部プラットフォームで広告を配信するのに役立ちます。

インストール

プラグインファイルを/ wp-content / plugins / taro-ad-fieldsディレクトリにアップロードするか、WordPressプラグイン画面から直接プラグインを

インストール

します。
WordPressの「プラグイン」画面からプラグインをアクティブ化します
[広告フィールド]> [位置]に移動し、位置を作成します。フィルタを使用してデフォルトの位置を設定すると、それらは自動的に生成されます。
アドポジションを登録します。公開されたフィールドが表示されます。

プラグインの作者

Tarosky INC.

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/taro-ad-fields/
太郎アドフィールズプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です