タグによる投稿 | Sudar
タグによる投稿

タグによる投稿 | Sudar

説明

タグによる投稿WordPressプラグインは、サイドバーの特定のタグセットからの投稿を表示するために使用できるサイドバーウィジェットを提供します。

これらのタグはウィジェットで指定できます。または、プラグインは現在の投稿タグ、投稿スラッグ、またはフォームカスタムフィールドからタグを自動的に取得できます。カスタムフィールドは、投稿の編集画面またはページ画面で指定できます。

ショートコードまたはテンプレート関数を使用して投稿を表示することもできます。

プラグインは各ウィジェットの投稿を個別にキャッシュし、必要な場合にのみデータベースクエリを発行します。これにより、ページの読み込みごとに必要なデータベースクエリの量が減るため、サーバーの負荷が軽減されます。これが他のプラグインと衝突する場合は、無効にするオプションもあります。

特徴

サイドバーウィジェット

タグによる投稿プラグインは、サイドバーのタグのセットからの投稿を表示するように構成できるサイドバーウィジェットを提供します。タグのセットがそれぞれ異なる複数のウィジェットを構成できます。

各ウィジェットで選択できます

  • 投稿を選択(または除外)する場所からのタグのセット
  • 表示する投稿の数。
  • 現在の投稿からタグを選択するかどうか
  • 現在のポストスラッグからタグを選択するかどうか
  • 現在の投稿のカスタムフィールドからタグを選択するかどうか
  • 投稿の抜粋を投稿のタイトルとともに表示できるようにするオプション。
  • 投稿のサムネイルが存在する場合はそれを表示するオプション。
  • 投稿者を表示するオプション。
  • 投稿日を表示するオプション。
  • 投稿コンテンツを表示するオプション。
  • 投稿を表示する順序を選択します。
  • 現在の投稿/ページを除外するオプション。
  • リンクのターゲット属性を指定するオプション
  • タグアーカイブページへのリンクを表示するオプション。
  • 必要に応じてキャッシュを無効にするオプション。
  • リンクでGoogleAnalyticsの追跡を有効にするオプション

ウィジェットを追加するには、WordPress管理コンソールにログインし、[外観]-> [ウィジェット]に移動します。「タグによる投稿」というタイトルのウィジェットがあります。ウィジェットを表示するサイドバーにドラッグアンドドロップします。

テンプレート機能

ウィジェットの使用に加えて、次のテンプレート関数を使用して、テーマの任意の場所に一連のタグからの投稿を表示することもできます。

posts_by_tag($tags, $options);

次のオプションを$ options配列に渡すことができます

  • $tags(文字列)–コンマ区切りのタグのセット。これを空のままにすると、現在の投稿のタグが使用されます。
  • $options(配列)–オプションのセット。許可されるフィールドは次のとおりです
    • number (数)–デフォルト5 –表示する投稿の数
    • tag_from_post (bool)–デフォルトはFALSE –現在の投稿のタグからタグを取得するかどうか
    • tag_from_post_slug (bool)–デフォルトはFALSE –現在の投稿のスラッグからタグを取得するかどうか
    • tag_from_post_custom_field (bool)–デフォルトはFALSE –現在の投稿のカスタムフィールドからタグを取得するかどうか
    • exclude (bool)–デフォルトFALSE –タグを含める場所またはタグを除外する場所
    • excerpt (bool)–デフォルトFALSE –投稿の抜粋を表示するかどうか
    • excerpt_filter (bool)–デフォルトTRUE抜粋フィルターを有効にするか無効にするか
    • thumbnail (bool)–デフォルトはFALSE –投稿のサムネイルを表示するかどうか
    • thumbnail_size(文字列/配列)–デフォルトのサムネイル–サムネイル画像のサイズ。https://codex.wordpress.org/Function_Reference/get_the_post_thumbnail#Thumbnail_Sizesを参照してください
    • order_by (日付、タイトル、ランダム)–デフォルトの日付–日付で注文するか、タイトルで注文するか、ランダムに表示するか
    • order (asc、desc)–デフォルトdesc –投稿が表示される順序を変更します。
    • author (bool)–デフォルトFALSE –作成者名を表示するかどうか。
    • date (bool)–デフォルトFALSE –投稿日を表示するかどうか。
    • content (bool)–デフォルトFALSE –投稿コンテンツを表示するかどうか。
    • content_filter (bool)–デフォルトTRUEコンテンツフィルターを有効にするか無効にするか
    • exclude_current_post (bool)–デフォルトTRUE –現在の投稿/ページを除外します。
    • tag_links (bool)–デフォルトFALSE –タグアーカイブページへのリンクを表示するかどうか。
    • link_target (文字列)–デフォルトは空–パーマリンクリンクのターゲット属性。

上記のオプションに加えて、次のオプションがProアドオンで使用できます

  • campaign (文字列)–すべてのリンクに追加する必要があるGoogleAnalyticsキャンペーンコード
  • event (文字列)–すべてのリンクに追加する必要があるGoogleAnalyticsイベントコード

あなたは、チェックアウトすることができますいくつかのサンプルPHPコードは、異なるオプションを持つテンプレート関数を呼び出すことができますどのように表示されていることを。

ショートコード

ブログの投稿またはWordPressページに次のショートコードを含めて、タグのセットからの投稿を表示することもできます。

posts-by-tag tags = "tag1, tag2"]

テンプレートタグで受け入れられるすべてのパラメータは、ショートコードでも使用できます。

さまざまなオプションでショートコードを使用する方法を示すいくつかのサンプルショートコードをチェックアウトできます。

カスタムフィールド

カスタムフィールドを使用して、各投稿またはページのタグとカスタムタイトルを指定することもできます。カスタムフィールドのUIは、WordPress管理コンソールの投稿/ページの追加/編集画面の右側にあります。

CSSを使用したスタイリング

プラグインは次のCSSクラスを追加します。ウィジェットの外観をカスタマイズしたい場合は、これらのCSSクラスとIDにカスタムスタイルを追加することでウィジェットを変更できます。

  • ULタグは、クラスを持っていますposts-by-tag-list
  • すべてのLIタグにはクラスがありますposts-by-tag-item
  • すべてのLIタグには、クラス属性の一部として投稿が属するすべてのタグ名もあります
  • LIタグにはidもありますposts-by-tag-item-{id}。idは投稿IDです。
  • タイトルを含む<a>内部の各タグにLIは、クラスがありposts-by-tag-item-titleます。

投稿のカテゴリをクラス名として出力する場合(スタイルを変えることができるように)、このフォーラムスレッドからコードを取得できます

キャッシング

ウィジェットを使用している場合、プラグインは自動的にdbクエリをキャッシュします。これにより、ページのパフォーマンスが大幅に向上します。これが他のプラグインと衝突する場合、またはキャッシュを自分で管理する場合は、必要に応じてキャッシュを無効にします。

ただし、ショートコードまたはテンプレートを直接使用する場合は、出力を自分でキャッシュする必要がある場合があります。

開発とサポート

プラグインの開発はgithubで行われます。プラグインに貢献したい場合は、githubプロジェクトをフォークして、プルリクエストを送ってください。

gitまたはGithubに慣れていない場合は、このガイドを参照して、プルリクエストをフォークして送信する方法を確認してください

あなたがアイデアを探しているなら、あなたは次のTODOアイテムの1つから始めることができます 🙂

TODO

以下は、空き時間があるときにプラグインに追加することを考えている機能です。機能のリクエストがある場合、または特定の機能の優先度を上げたい場合は、それらをgithubの問題に追加してお知らせください。

サポート

  • バグ/問題を見つけた場合、または機能のリクエストがある場合は、githubの問題に投稿してください
  • 使用法について質問がある場合、またはトラブルシューティングのヘルプが必要な場合は、WordPressフォーラムに投稿するか、プラグインのホームページにコメントを残してください
  • プラグインが気に入った場合は、WordPressリポジトリページにレビュー/フィードバックを残してください
  • このプラグインが便利だと思った場合、またはありがとうと言いたい場合は、私を幸せ する方法があります🙂。そのうちの1つを実行していただければ幸いです。
  • 私が書いた他のWordPressプラグインをチェックしてください
  • 他に何かあれば、ツイッターで私に連絡してください。

翻訳

  • スウェーデン語(GunnarLindbergÅrnebyに感謝)
  • トルコ語(YakupGövlerに感謝)
  • ベラルーシ語(FatCowに感謝)
  • ドイツ語(ありがとうRenate)
  • オランダ語(ありがとうルネ)
  • ヘブライ語(Sagive SEOに感謝)
  • スペイン語(InMotionHostingのBrianFloresに感謝)
  • ブルガリア語([IQテスト]のNikolay Nikolovに感謝)
  • リトアニア語(Vincent Gに感謝)
  • ヒンディー語(Thanks Love Chandel)
  • グジャラート語(決議マートのパネットに感謝)

ポットファイルはプラグインで利用できます。プラグインの翻訳を希望する場合は、potファイルを使用してご使用の言語の.poファイルを作成し、お知らせください。クレジットを付与した後、プラグインに追加します。

READMEジェネレーター

このReadmeファイルは、WordPressプラグインのreadmeファイルを生成するwp-readmeを使用して生成されました。

インストール

zipファイルを抽出し、WordPressインストールのwp-content / plugins /ディレクトリにコンテンツをドロップしてから、プラグインページからプラグインをアクティブ化します。ウィジェットページに「タグ投稿」という新しいウィジェットが表示されます。これは、テーマのサイドバーにドラッグアンドドロップできます。

プラグインの作者

Sudar

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/posts-by-tag/
タグによる投稿プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す