やることリストを投稿する | Stefano Ottolenghi
やることリストを投稿する

やることリストを投稿する | Stefano Ottolenghi

説明

複数の著者のブログを運営しているほとんどの人は、どの投稿を書くべきかをライターに伝える必要があります。そのため、管理者は、投稿ソースのURL、投稿のキーワード、それに付随するメモを記載したメールを送信します。また、ユーザーが書く価値のある投稿に気づき、他のライターに伝えたい場合があるため、他のユーザーに伝える管理者にメールを送信する必要があり、最終的には全員が自殺します。Posts To-Do Listプラグインを使用すると、そのリグマロールを取り除くことができます。

投稿編集ページの便利なボックスで、誰もが書く価値があると思う投稿を共有することができます。この小さなボックスがあり、そのすばらしい投稿を読んだページのURLを入力すると、プラグインがそれ自体でタイトルを取得します。その後、取得したタイトルを変更したり、キーワードを提案したり、他のメモを追加したり、優先度を設定したり、ブログの一部のユーザーに投稿を割り当てたりすることができます。そして、タイトルフィールド以外のすべてを空白のままにしておきたい場合は、誰でもキャッチして深めることができるという提案を残します…まあ、できます!

「これとあれをやる、このキーワードを使う、それを忘れないで…」というメールはもう必要ありません。WordPress内ですべてがダウンする可能性があります。管理者だけでなく、ログインしているユーザーによっても。

あなたは、管理者として、あなたの手の力ですべてを望んでいますか?問題ありません。どのユーザーロールがToDoリストに新しい投稿を追加できるか、どのユーザーロールがすでに追加されたアイテムを削除できるかを決定できます。あなたはあなたのユーザーがあなたが彼らに割り当てた投稿に固執することを望みますか?他のユーザーに割り当てた投稿を他のユーザーのビューから非表示にすることができます。簡単な統計ページから、すでに割り当てた投稿の数とまだ行うべき投稿の数がすぐに明らかになるため、ライターが行った量とまだ割り当てなければならない投稿の数を簡単に理解できます。 。ほとんどすべてのアクションはAJAXを利用しているため、ページをリロードする必要はなく、それが発生していることに気付くことさえありません。それは機能するだけです。

インストール

  1. 投稿To-Doリストのディレクトリをwp-content / pluginsディレクトリにアップロードします。単一のファイルだけでなく、フォルダ全体が必要であることに注意してください。
  2. WordPressの「プラグイン」ページの「アクティブ化」ボタンからプラグインをアクティブ化します。
  3. 最初に構成ページに移動します。プラグインにはすでに定義済みの設定セットが付属していますが、ニーズに合わせてプラグインを構成することをお勧めします。
  4. 以上です。

プラグインの作者

Stefano Ottolenghi

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/posts-to-do-list/
やることリストを投稿するプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す