SMTPメーラー/メールログを投稿する

SMTPメーラー/メールログを投稿する | Yehuda Hassine

説明

Google Analytics AIOプラグインをお探しですか?
古き良きGoogleAnalytics Dashboard For WPを使用した場合、元のプラグインをここでフォークしました。
https://wordpress.org/plugins/metrics-query/
Chrome通知を備えた唯一のSMTPプラグイン
Chromeブラウザ内でメールが失敗した場合に通知を受け取ります。ここからダウンロード
WordPressメールSMTPプラグイン
Post SMTPは、WordPressサイトで生成された電子メールの配信を支援する次世代のWP MailSMTPプラグインです。 Post SMTPは、最新のセキュリティ標準をサポートする最初で唯一のプラグインです。 OAuth 2.0では、電子メールのパスワードをWordPressデータベースに保存する必要はありません。
接続テストとインテリジェントセットアップウィザードがSMTPサーバーをスキャンして、ファイアウォールブロックを検出し、構成の誤りを排除します。組み込みの電子メールログは、電子メールの問題を診断するための非常に貴重なリソースです。 GoDaddyやBluehostなどの標準のSMTPポートをブロックしているホストでも、SMTPを使用できない場合はPost SMTPがHTTPS経由で配信できるため、メールを停止することはできません。
Post SMTPは、WPBankやEasySMTPのような別のWPMailSMTPクローンではありません。これは、デフォルトのWordPressSMTPライブラリであるPHPMailerを頑丈なZend_Mailに置き換えます。 PHP mail()への電子メールを二度と失うことはありません。
最も速くて簡単
Google / Gsuiteまたは任意のSMTPサービスを使用してPostSMTPをすばやく簡単にセットアップする方法をご覧ください。

標準機能

完璧な構成のための使いやすく強力なセットアップウィザード
サーバーの問題を診断するための商用グレードの接続テスター
すべての電子メールをログに記録して再送信します。メールの失敗の正確な原因を確認する
国際アルファベット、HTMLメール、MultiPart / Alternativeをサポート

強制受信者(cc、bcc、to)およびカスタム電子メールヘッダーをサポートします

SASLサポート:プレーン/ログイン/ CRAM-MD5 / XOAUTH2認証
セキュリティサポート:SMTPSおよびSTARTTLS(SSL / TLS)
構成をPostの他のインスタンスにコピーします

OAuth2.0の機能

Gmail、Hotmail、Yahooの独自のOAuth2.0実装をサポートします
パスワードが変更されても、ファイアアンドフォーゲット配信は続行されます
Gmail:OAuth2とGmail APIを組み合わせることで、Postは他のプラグインでは配信できない場所に配信できます

API(HTTPS)電子メールサポート

GmailとGoogleAppsのメールを送信するためのGmailAPI(Googleアカウントが必要)
多くの場合、ブロガーや中小企業の所有者は、サードパーティのSMTPサービスを使用したくありません。 SMTPメールにはGmailまたはGSuiteアカウントを使用できます。
私が書いたガイドを確認してください

メールを送信するためのMandrillAPI(Mandrillアカウントが必要)
Mandrillは、MailChimpのアドオンとして提供される電子メールインフラストラクチャサービスであり、パーソナライズされた1対1のeコマース電子メールまたは自動化されたトランザクション電子メールを送信するために使用できます。

メールを送信するためのMailgunAPI(Mailgunアカウントが必要)
Mailgun SMTPは、大量の電子メールを送信できる人気のSMTPサービスプロバイダーです。彼らはあなたが毎月最初の10,000通の電子メールを無料で送ることを可能にします。

メールを送信するためのSendGridAPI(SendGridアカウントとPHP 5.3が必要)
SendGridには、1日あたり最大100通のメールを送信するために使用できる無料のSMTPプランがあります。ネイティブのSendGridSMTP統合により、WordPressサイトでSendGridSMTPを簡単かつ安全にセットアップできます。

ポストSMTPには翻訳者が必要です!英語を話さない方はぜひご参加ください!

互換性があります。

Woocommerce
WPForms
Elementorフォーム
お問い合わせフォーム7
重力フォーム
高速で安全な連絡フォーム
Visual Forms Builder
フォームビルダーにお問い合わせください
PlanSoフォーム
Quform

revaxartsによるMyMailニュースレター
SendPressニュースレター
WPHTMLメール
メールテンプレート
WordPressリード
..そしてWordPressAPI wp_mailを使用してメールを送信する他のすべてのプラグイン!

要件

WordPress3.9およびPHP5.6とSPLおよびiconv
メモリ:アイドル時のプロセスあたり750KiB
カスタムメールドメインを使用した信頼性の高いメール配信には、SPFレコードが必要です
信頼性の高いSMTP配信には、電子メールサービスプロバイダーの資格情報が必要です
OAuth 2.0の機能には、Gmail、Hotmail、またはYahooメールのOAuth2.0認証情報が必要です

Google Analyticsプラグインをお探しですか?
Google Analytics Dashboard For WPを使用していて、最新の更新が本当に嫌いな場合は、元のプラグインをここでフォークしました。
https://wordpress.org/plugins/metrics-query/
クレジット
Post SMTP(別名Postman SMTP)プラグインは、もともとJasonHendriksによって作成されました。
OAuth権限の付与エラーメッセージ
[クライアントID]フィールドと[クライアントシークレット]フィールドは、ユーザー名とパスワード用ではないことに注意してください。これらはOAuth認証情報専用です。
このクライアントIDでの認証中にエラーが発生しました。 [wp_remote_postの実行中にエラーが発生しました:ユーザーがHTTP経由でリクエストをブロックしました。]
WordPressサイトは、アウトバウンド接続を防ぐためにWP_HTTP_BLOCK_EXTERNALで構成されています。ホワイトリストルールをwp-config.phpに追加します。

define( ‘WP_ACCESSIBLE_HOSTS’、 ‘www.googleapis.com、login.live.com、api.login.yahoo.com’);

このクライアントIDでの認証中にエラーが発生しました。 [wp_remote_postの実行エラー:xxxxへの接続に失敗しました]
ポート443には、ユーザーとOAuth2サーバーの間のファイアウォールがあります。アウトバウンド接続用にポートを開きます。
エラー:redirect_uri_mismatch

リダイレクトURIを正しく入力していません。

説明

ビデオをご覧ください

ドメイン名の代わりにIPアドレスを使用しました(許可されていません)

エラー:invalid_client…サポートメールがありません
同意画面でメールアドレスを選択するのを忘れました。
SMTPエラーメッセージ
通信エラー[334] –電子メールからの封筒がクライアントIDの作成に使用されたものと同じアカウントであることを確認してください。

これはほとんどの場合、投稿がメールを送信するように構成されているユーザーとは異なるユーザーでGoogle / Microsoft / Yahooにログインしていることが原因です。ログアウトして、正しいユーザーで再試行してください
Webメールにログインして、注意を待っている「異常なアクティビティ」の警告があるかどうかを確認します

ソケットを開くことができませんでした

ホストがサーバーとの間にファイアウォールをインストールしている可能性があります。ポートを開くように依頼します。
ポート587を介してSSLを(誤って)使用しようとした可能性があります。暗号化とポート設定を確認してください。

操作がタイムアウトしました

ホストのメールサーバーへの接続が不十分である可能性があります。読み取りタイムアウトを2倍にしてみてください。
ホストがサーバーとの間にファイアウォール(DROPパケット)をインストールしている可能性があります。ポートを開くように依頼します。
ポート465を介して(誤って)TLSを使用しようとした可能性があります。暗号化とポート設定を確認してください。

接続拒否
ホストがサーバーとの間にファイアウォール(REJECTパケット)をインストールしている可能性があります。ポートを開くように依頼します。
503コマンドの順序が正しくありません
セキュリティなしを選択する必要があるときにTLSセキュリティを構成しました。
XOAUTH2認証メカニズムはサポートされていません
通信に大混乱をもたらしている仮想プライベートサーバーを使用している可能性があります。ジャンプ船。
メールは最終的にスパムフォルダに入れられます
スパムとしてフラグが立てられないようにするには、メールが偽造されていないことを証明する必要があります。カスタムドメインでは、それを設定するのはあなた次第です。

認証付きの正しいSMTPサーバーを使用していることを確認してください–正しいSMTPサーバーは、メールサービスのSPFレコードで定義されているサーバーです。
電子メールにカスタムドメイン名を使用する場合は、DNSゾーンファイルにSPFレコードを追加します。 SPFは、Googleなどのメールプロバイダーに固有です。

メールにカスタムドメイン名を使用する場合は、DNSゾーンファイルにDKIMレコードを追加し、ドメインキー(デジタル署名)をたとえばGoogleにアップロードします。

インストール

電子メールを確実に送信するには、その電子メールに割り当てられたSMTPサーバーを使用する必要があります。 Postが適切なSMTPサーバーに接続できない場合は、ホストにポートを開くように依頼するか、ホストが管理する新しい電子メールアカウントを作成するか、ホストを切り替える必要があります。
接続性テストユーティリティは、開いているポートと使用可能なアクションを示します。

簡単な

インストール

とセットアップ! (すべてのユーザーに推奨)

WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインを

インストール

してアクティブ化します。
WordPressの[設定]メニューで[SMTPの投稿]を選択します。
[ウィザードの開始]を選択し、指示に従います。

パスワード認証を手動で構成するには(中級ユーザーのみ)

手動で構成を選択
[トランスポート]で[SMTP]を選択します
[送信メールサーバーのホスト名]に、SMTPサーバーのホスト名を入力します
[送信メールサーバーのポート]に、SMTPサーバーのポートを入力します
[セキュリティ]で適切なタイプを選択します(ポート465のSMTPS、それ以外の場合はSTARTTLSが適切な推測です)
[認証]で、認証タイプを選択します(適切な推測は「プレーン」です)
認証方法が「なし」でない場合は、ユーザー名(おそらくメールアドレス)とパスワードを入力します。
[メッセージ]タブを選択します。
[住所からの封筒]にメールアドレスを入力します。これは、Webメールにログインするときに使用するアドレスと同じである必要があります。
[アドレスからのメッセージ]にメールアドレスを入力します。または、必要に応じて、エイリアス、メーリングリスト、またはグループの電子メールにすることもできます。
[変更を保存]ボタンを選択します。
テストメールを自分に送信します。

OAuth 2.0認証を手動で構成するには(上級ユーザーのみ)

手動で構成を選択
[トランスポート]で[SMTP]を選択します
[送信メールサーバーのホスト名]に、SMTPサーバーのホスト名を入力します
[送信メールサーバーのポート]に、SMTPサーバーのポートを入力します
[セキュリティ]で適切なタイプを選択します(ポート465のSMTPS、それ以外の場合はStartTLSが適切な推測です)
[認証]で[OAuth2.0]を選択します
Postは、メールサービスプロバイダーのクライアントIDメンテナンスページへのリンクを提供します。 WordPressサイトのクライアントIDを作成します。この手順については、FAQで詳しく説明しています。

生成されたクライアントIDとクライアントシークレットをプラグインの[設定]ページにコピーします。
[メッセージ]タブを選択します。
[住所からの封筒]にメールアドレスを入力します。これは、Webメールにログインするときに使用するアドレスと同じである必要があります。
[アドレスからのメッセージ]にメールアドレスを入力します。または、必要に応じて、エイリアス、メーリングリスト、またはグループの電子メールにすることもできます。
[変更を保存]ボタンを選択します。
[OAuth2アクセス許可をリクエスト]リンクを選択し、指示に従います。
テストメールを自分に送信します。

プラグインの作者

Yehuda Hassine

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/post-smtp/
SMTPメーラー/メールログを投稿するプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です