管理者の配色を強制する | Scott Reilly
管理者の配色を強制する

管理者の配色を強制する | Scott Reilly

説明

これは通常、WordPressの個別に構成可能な側面ですが、次のように、サイトのすべてのユーザーに単一の管理者の配色を強制することが保証される場合があります。

同じユーザーセットが使用する複数のサイトに独自のバックエンドの配色を提供して、サイト間の違いを強調します。
サイトの本番インスタンスとステージング/テストインスタンス間のバックエンドの違いを明確に示します。特に、同じプラグインがアクティブで、多くの場合同じデータが存在するこの状況では、実際にどのサイトにアクセスしているかについて混乱する可能性があります。
サイトのブランドに適した配色を強制します。
あなたの鉄の拳の下で個性の表現を粉砕します。

さらに、プラグインは、「管理者の配色」プロファイル設定を、管理者の配色をグローバルに設定する機能を持たないユーザーから削除します。これは、その値を設定できると、実際に適用される可能性があるという誤った印象を与えるためです。
リンク:プラグインのホームページ|プラグインディレクトリページ| GitHub |著者のホームページ
フック
プラグインは、1つのフィルターを介してさらにカスタマイズ可能です。通常、フィルターを使用するコードは、理想的にはmuプラグインまたはサイト固有のプラグインに配置する必要があります(これは、このreadmeで

説明

する範囲を超えています)。
c2c_force_admin_color_scheme(フィルター)
「c2c_force_admin_color_scheme」フィルターを使用すると、強制管理カラースキームを設定またはオーバーライドできます。定数(“)の使用は、フィルタリングされた値よりも優先されますが、フィルタリングされた値は、管理者によって設定された値よりも優先されます。
引数:

$ color(string):管理者の配色の名前。空の文字列が返された場合、プラグインは、強制的な管理カラースキームが定義されていないかのように動作します。

例:
/ **
*ユーザーに基づいて強制管理カラースキームを設定します。管理者は1つの配色を取得しますが、他の全員は別の配色を取得します。
*
* @param string $ color現在の強制管理カラースキーム。空の文字列は、強制的な管理者の配色がないことを示します。
* @ return文字列
* /
関数my_c2c_force_admin_color_scheme($ color){
current_user_can( ‘manage_options’)を返しますか? ‘日の出’: ‘コーヒー’;
}
add_filter( ‘c2c_force_admin_color_scheme’、 ‘my_c2c_force_admin_color_scheme’);

インストール

組み込みのWordPressプラグインインストーラーを介して

インストール

します。または、サイトのプラグインディレクトリ(通常はwp-content / plugins /)内のforce-admin-color-scheme.zipをダウンロードして解凍します。
WordPressの「プラグイン」管理メニューからプラグインをアクティブ化します
管理者として、自分のプロファイルを編集し([ユーザー]-> [自分のプロファイル])、自分で配色を設定して、すべてのユーザーに適用する管理者の配色を選択します。
「この管理者の配色をすべてのユーザーに強制しますか?」を確認します。チェックボックスをオンにして、更新をプロファイルに保存します。
オプション:カスタムコードでc2c_force_admin_color_schemeフィルターを使用して、プログラムで強制管理カラースキームをより細かく制御して設定します。
オプション:色をそのように構成する場合は、C2C_FORCE_ADMIN_COLOR_SCHEME定数をどこか(wp-config.phpなど)で定義します。この方法で色を構成することは、管理者のプロファイルを介して構成された色よりも優先されます。また、定数が使用されている場合、プラグインは、管理者によるものも含め、ユーザープロファイル内からの管理者の配色の設定を完全に防ぎます。

プラグインの作者

Scott Reilly

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/force-admin-color-scheme/
管理者の配色を強制するプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す