管理者エキスパートモード

管理者エキスパートモード | Scott Reilly

説明

WordPressは、さまざまな機能や入力フィールドの

説明

を提供する管理インターフェイス全体にインラインドキュメントを長い間提供してきました。これには、抜粋、トラックバック、カスタムフィールド、ページの親などの

説明

が含まれます。これらはWordPressの初心者には最適ですが、十分な知識がある人にとっては、これらのテキストは不要になり、視覚的なノイズを提供するだけです。このプラグインは、これらの

説明

テキストを取り除きます。
プラグインの動作は、ユーザーごとのプロファイルオプションとして利用できるようになります。エキスパートモードを自分で有効にすることを希望する各ユーザーは、プロファイルに移動し、[エキスパートモード]フィールドをオンにして、[プロファイルの更新]ボタンを押すことにより、個別に有効にする必要があります。
具体的には、このプラグインは以下を削除します。

カテゴリ

「カテゴリ名」の

説明

「カテゴリースラッグ」の

説明

「カテゴリの親」の

説明

説明

」の

説明

投稿を編集

「カスタムフィールド」の

説明

「抜粋」の

説明

「トラックバック」の

説明

ページの編集

コメントステータスの

説明

「カスタムフィールド」の

説明

「属性」(親、テンプレート、および順序)の詳細な

説明

リンクを編集

「名前」の

説明

「Webアドレス」の

説明

説明

」の

説明

「ターゲット」の

説明

「リンク関係(XFN)」の

説明

タグ

「タグ名」の

説明

「タグスラッグ」の

説明

ウィジェット

左側のウィジェットのリストからウィジェットが追加されたことを示すテキスト。

テーマをインストールする

検索フィールドのヘルプテキスト
「機能フィルター」のヘルプテキスト

テーマ–カスタムヘッダー

コンピューターからファイルをアップロードできることを示すヘルプテキスト

プラグインを管理する

プラグインとは何か、そのページでプラグインがアクティブ化/非アクティブ化されていることの

説明

壊れたプラグインの名前を変更して、アクティブから削除できることを示すテキスト
「最近アクティブなプラグイン」セクションの

説明

新しいプラグインを追加する

検索フィールドのヘルプテキスト
「人気のタグ」のヘルプテキスト

ユーザー–あなたのプロフィール

「経歴情報」のヘルプテキスト
「セッション」のヘルプテキスト

ツール

「これを押す」の

説明

段落

ツール–インポート

「インポート」の

説明

段落

ツール–エクスポート

「エクスポート」の

説明

段落

設定–一般

「タグライン」、「サイトアドレス(URL)」、「メールアドレス」、「タイムゾーン」の入力フィールドの後の追加のヘルプテキスト

設定–ディスカッション

アバターとは何かの

説明

デフォルトのアバターの目的の

説明

設定–メディア

サイズを

説明

するテキストは、メディアライブラリにアップロードされた画像の最大サイズをピクセル単位で表します

設定–パーマリンク

「共通設定」に関するヘルプテキスト
「オプション」に関するヘルプテキスト

設定–プライバシー

プライバシーポリシーページを

説明

するテキストの段落

注:このプラグインは、入力フィールドのラベルやセクションヘッダー、または実際のデータを含むものを削除しません。いくつかのケースでは、保持を保証するのに十分重要である場合、またはマークアップ構造が簡単な削除を容易にしない場合、

説明

テキストはそのまま残されます。
リンク:プラグインのホームページ|プラグインディレクトリページ| GitHub |著者のホームページ
フック
プラグインは、2つのフィルターを介してさらにカスタマイズできます。これらのフィルターを使用するコードは、理想的にはmuプラグインまたはサイト固有のプラグインに配置する必要があります(これは、このreadmeの範囲を超えて

説明

します)。あまり理想的ではありませんが、アクティブなテーマのfunctions.phpファイルにそれらを配置することができます。
c2c_admin_expert_mode(フィルター)
「c2c_admin_expert_mode」フィルターを使用すると、管理エキスパートモードをアクティブにするかどうかを動的に決定できます。
引数:

$ is_active(bool):管理エキスパートモードが現在アクティブかどうかを示すブール値
$ user_login(文字列):現在のユーザーのログイン

例:
<?php
//ユーザー「bob」に管理エキスパートモードをアクティブにさせないでください
function aem_never_let_bob_activate($ is_active、$ user_login){
if( ‘bob’ == $ user_login)
falseを返します。
$ is_activeを返します。 //それ以外の場合は、ユーザーのアクティベーションステータスを保持します
}
add_filter( ‘c2c_admin_expert_mode’、 ‘aem_never_let_bob_activate’、10、2);?>

c2c_admin_expert_mode_default(フィルター)
「c2c_admin_expert_mode_default」フィルターを使用すると、ユーザーに対して管理エキスパートモードをデフォルトでアクティブにするかどうかを指定できます。このフィルターは、プラグインがアクティブ化された後に初めて管理者にアクセスするユーザーにのみ適用されます。ユーザーが管理者にアクセスすると、設定はデフォルトの状態に設定され、このフィルターの影響を受けなくなります。既存のユーザーの設定に影響を与える場合は、代わりに「c2c_admin_expert_mode」フィルターを使用してください。
引数:

$ is_active(bool):管理エキスパートモードがデフォルトでアクティブかどうかを示すブール値(デフォルトはfalse)

例:
<?php //デフォルトですべてのユーザーに対して管理エキスパートモードを有効にする
add_filter( ‘c2c_admin_expert_mode_default’、 ‘__ return_true’);
?>

インストール

組み込みのWordPressプラグインインストーラーを介して

インストール

します。または、サイトのプラグインディレクトリ(通常はwp-content / plugins /)内のadmin-expert-mode.zipをダウンロードして解凍します。
WordPressの「プラグイン」管理メニューからプラグインをアクティブ化します
エキスパートモードを自分で有効にすることを希望する各ユーザーは、プロファイルに移動し、[エキスパートモード]チェックボックスをオンにしてから[プロファイルの更新]ボタンを押すことにより、個別に有効にする必要があります。

プラグインの作者

Scott Reilly

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/admin-expert-mode/
管理者エキスパートモードプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です