管理者投稿ナビゲーション | Scott Reilly
管理者投稿ナビゲーション

管理者投稿ナビゲーション | Scott Reilly

説明

このプラグインは、前の投稿と次の投稿が存在する場合、それぞれ「投稿の編集」管理ページに「←前へ」と「次へ→」のリンクを追加します。リンクのタイトル(リンクにカーソルを合わせると表示されます)には、前/次の投稿のタイトルが表示されます。リンクは、前/次の投稿の「投稿の編集」管理ページにリンクしており、編集することができます。
デフォルトでは、前/次の投稿は、投稿が作成された日付に基づいて、次に低い/高い有効な投稿によって決定されます。これは、ユーザーが編集できる投稿でもあります。投稿の種類(ドラフト、保留中など)、公開日、投稿者、カテゴリなどの他の投稿基準は、前または次の投稿を決定するときに考慮されません。
ユーザーは、投稿を編集するときに、すべてのページの上部にある[画面オプション]パネルを使用して、投稿ナビゲーションの順序の処理方法をカスタマイズできます。ドロップダウンには、「ID」、「menu_order」、「post_date」、「post_modified」、「post_name」、「post_title」でナビゲーションを注文するためのオプションが表示されます。投稿ナビゲーションは、フィルターを介してさらにカスタマイズできます(「フィルター」セクションを参照)。
注:前/次の投稿に移動する前に、現在編集中の投稿を必ず保存してください(変更を加えた場合)。
リンク:プラグインのホームページ|プラグインディレクトリページ| GitHub |著者のホームページ
フィルター
プラグインは、6つのフィルターを介してさらにカスタマイズ可能です。このようなコードは、理想的にはmu-pluginまたはサイト固有のプラグインに配置する必要があります(これは、このreadmeで

説明

する範囲を超えています)。
c2c_admin_post_navigation_orderby(フィルター)
「c2c_admin_post_navigation_orderby」フィルターを使用すると、SQLのORDER BY句で使用される投稿フィールドを変更して、前/次の投稿を検索できます。デフォルトでは、これは非階層的な投稿タイプ(投稿など)の場合は「post_date」であり、階層的な投稿タイプ(ページなど)の場合は「post_title」です。これを変更したい場合は、このフィルターをフックしてください。注:ユーザーは、「画面オプション」を使用して、投稿タイプごとに投稿ナビゲーション順序フィールドを自分でカスタマイズできます(詳細については、FAQとスクリーンショットを参照してください)。
引数:

$ field(文字列)現在のORDERBYフィールド
$ post_type(文字列)ナビゲートされている投稿タイプ
$ user_id(int)ユーザーのID

例:
/ **
*管理者投稿ナビゲーションがナビゲーション用の投稿を注文する方法を変更して、
*「menu_order」によるページの順序。
*
* @param string $ fieldナビゲーション用の投稿を注文するために使用されるフィールド。
* @param string $ post_typeナビゲートされる投稿タイプ。
* @param int $ user_id。ユーザーのID。
* @ return文字列
* /
function custom_order_apn($ field、$ post_type、$ user_id){
//「ページ」投稿タイプの順序のみを変更します。
if( ‘page’ === $ post_type){
$ field = ‘menu_order’;
}

$ fieldを返します。
}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_orderby’、 ‘custom_order_apn’、10、3);

c2c_admin_post_navigation_post_statuses(フィルター)
「c2c_admin_post_navigation_post_statuses」フィルターを使用すると、前/次の投稿の検索の一部として使用されるpost_statusesのリストを変更できます。デフォルトでは、この配列には「draft」、「future」、「pending」、「private」、および「publish」が含まれます。これを変更したい場合は、このフィルターをフックしてください。これは、ほとんどのユーザーにとって一般的な使用法ではありません。
引数:

$ post_statuses(array)有効なpost_statusesの配列
$ post_type(文字列)投稿タイプ

例:
/ **
*管理者投稿ナビゲーションを変更して、特定の投稿ステータスのナビゲートを許可および禁止します。
*
* @param array $ post_statuses管理者ナビゲーションで許可される投稿ステータス。
* @param string $ post_type投稿の種類。
* @ return配列
* /
function change_apn_post_status($ post_statuses、$ post_type){
//投稿ステータスを追加します。
//注:デフォルトでは、これらはすでに$ post_statuses配列にあります: ‘draft’、 ‘future’、 ‘pending’、 ‘private’、 ‘publish’
$ post_statuses [] = ‘ゴミ箱’;

//投稿ステータスを削除します。
$ post_statuses_to_remove = array( ‘draft’); //ここでカスタマイズします。
if( ‘page’ === $ post_type){
$ post_statuses_to_remove [] = ‘保留中’;
}
foreach($ post_statuses_to_remove as $ remove){
if(false!== $ index = array_search($ remove、$ post_statuses)){
unset($ post_statuses [$ index]);
}
}

array_values($ post_statuses);を返します。
}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_post_statuses’、 ‘change_apn_post_status’、10、2);

c2c_admin_post_navigation_post_types(フィルター)
「c2c_admin_post_navigation_post_types」フィルターを使用すると、前/次の投稿の検索の一部として使用されるpost_typesのリストを変更できます。デフォルトでは、この配列には使用可能なすべての投稿タイプが含まれます。これを変更したい場合は、このフィルターをフックしてください。
引数:

$ post_types(array)有効なpost_typesの配列

例:
/ **
*管理投稿ナビゲーションを変更して、投稿に対してのみ厳密にナビゲートできるようにします。
*
* @param array $ post_types管理者の投稿ナビゲーションが必要な投稿タイプ。
* @ return配列
* /
関数change_apn_post_types($ post_types){
return array( ‘post’);
}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_post_types’、 ‘change_apn_post_types’);

/ **
*「レシピ」投稿タイプのナビゲーションを禁止するように管理投稿ナビゲーションを変更します。
*
* @param array $ post_types管理者の投稿ナビゲーションが必要な投稿タイプ。
* @ return配列
* /
関数remove_recipe_apn_post_types($ post_types){
if(isset($ post_types [‘recipe’])){
unset($ post_types [‘recipe’]); //投稿タイプを削除します
}
$ post_typesを返します。
}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_post_types’、 ‘remove_recipe_apn_post_types’);

c2c_admin_post_navigation_prev_text(フィルター)
「c2c_admin_post_navigation_prev_text」フィルターを使用すると、「前の」リンクに使用されるリンクテキストを変更できます。デフォルトでは、これは「←前へ」です。
引数:

$ text(文字列)「前の」リンクテキスト。

例:
/ **
* Admin PostNavigationプラグインによって出力された「previous」リンクのテキストを「Older」に変更します。
*
* @param string $ text「次の」投稿を示すために使用されるテキスト。
* @ return文字列
* /
関数my_c2c_admin_post_navigation_prev_text($ text){
‘古い’を返します。
}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_prev_text’、 ‘my_c2c_admin_post_navigation_prev_text’);

c2c_admin_post_navigation_next_text(フィルター)
「c2c_admin_post_navigation_next_text」フィルターを使用すると、「次へ」リンクに使用されるリンクテキストを変更できます。デフォルトでは、これは「次へ→」です。
引数:

$ text(文字列)「次の」リンクテキスト。

例:
/ **
* Admin PostNavigationプラグインによって出力される「next」リンクのテキストを「Newer」に変更します。
*
* @param string $ text「次の」投稿を示すために使用されるテキスト。
* @ return文字列
* /
関数my_c2c_admin_post_navigation_next_text($ text){
‘新しい’を返します。
}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_next_text’、 ‘my_c2c_admin_post_navigation_next_text’);

c2c_admin_post_navigation_display(フィルター)
「c2c_admin_post_navigation_display」フィルターを使用すると、投稿ナビゲーションの出力リンクをカスタマイズできます。
引数:

$ text(文字列)前/次のナビゲーションリンクの現在の出力

例:
/ **
* Admin PostNavigationプラグインによって表示されるマークアップを変更します。
*
* @param string $ textプラグインによって出力されるテキスト。
* @ return文字列
* /
関数override_apn_display($ text){
//単純な例。 CSSを使用してテキストを太字にすることができます。
‘を返します。 $ text。 ‘}
add_filter( ‘c2c_admin_post_navigation_display’、 ‘override_apn_display’);

インストール

サイトの/ wp-content / plugins /ディレクトリ内のadmin-post-navigation.zipを解凍します(または組み込みのWordPressプラグインインストーラーを介して

インストール

します)
WordPressの「プラグイン」管理メニューからプラグインをアクティブ化します
オプション:管理ナビゲーションをサポートする投稿タイプ(デフォルトではすべての投稿タイプ)を編集する場合は、[画面オプション]メニューを使用して、ナビゲーションの処理方法をカスタマイズします。
オプション:利用可能なプログラムによるカスタマイズについては、ドキュメントを参照してください

プラグインの作者

Scott Reilly

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/admin-post-navigation/
管理者投稿ナビゲーションプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す