Salesforceでログイン

Salesforceでログイン | miniOrange

説明

Salesforceでログインすると、SAML2.0対応のIDプロバイダーに常駐するユーザーがWordPressWebサイトにログインできます。 Google Apps、ADFS、Azure AD、Okta、Salesforce、Shibboleth、SimpleSAMLphp、OpenAM、Centrify、Ping、RSA、IBM、Oracle、OneLogin、Bitium、WSO2、NetIQなどのすべての既知のIdPをサポートしています。
Salesforceプラグインを使用したログインはSAML2.0サービスプロバイダーとして機能し、プラグインとSAML 2.0対応のIDプロバイダー間の信頼を確立して、WordPressサイトに対してユーザーを安全に認証するように構成できます。
WordPressマルチサイト環境とサービスプロバイダーとしてのWordPressに対して複数のIDPを構成する機能もプレミアムプラグインでサポートされています。
このプラグインは、WordPress OAuthServerプラグインとも互換性があります。これで、WordPressサイトをOAuthサーバーにして、WordPress資格情報の代わりにADFS、Azure AD、OneLoginなどのSAML準拠のIDPを使用してユーザーに認証させることができます。
シングルサインオン(SSO)アプリケーションが必要な場合、またはこのプラグインのインストールについてサポートが必要な場合は、info @ xecurify.comに電子メールを送信するか、お問い合わせください。
無料版の機能

ADFS、Azure AD、Okta、Salesforce、Shibboleth、SimpleSAMLphp、OpenAM、Centrify、Ping、RSA、IBM、Oracle、OneLogin、Bitium、WSO2、NetIQなどのSAML2.0準拠のIDプロバイダーによる無制限の認証。
ユーザーがまだサイトに登録されていない場合は、ログイン後の自動ユーザー登録。
ウィジェットを使用して、ログインリンクをWordPressサイトに簡単に統合します。
基本属性マッピング機能を使用して、名、姓などのWordPressユーザープロファイル属性をIDPによって提供される属性にマップします。
自動登録時にユーザーに割り当てるデフォルトの役割を選択します。
ログイン試行ごとにIDPによる認証を強制します。

プレミアムバージョンの機能

すべての無料版の機能。

SAMLシングルログアウト[プレミアム] – SAMLシングルログアウトのサポート(IDPがSLOをサポートしている場合にのみ機能します)。

IDPへの自動リダイレクト[プレミアム] – WordPressサイトのログインページを表示せずに、認証のためにIDPに自動リダイレクトします。

サイトの保護[プレミアム] –サイト全体を保護します。ユーザーがサイトのコンテンツにアクセスする前に、ユーザーに自分自身を認証してもらいます。

高度な属性マッピング[プレミアム] –この機能を使用して、IDP属性を、ユーザー名、電子メール、名、姓、グループ/役割、表示名などのWordPressサイト属性にマッピングします。

高度な役割マッピング[プレミアム] –この機能を使用して、IDPによって送信されたグループ/役割に基づいてユーザーにWordPressの役割を割り当てます。

ショートコード[プレミアム] –ショートコード(PHPまたはHTML)を使用して、サイトの好きな場所にログインリンクを配置します。

リバースプロキシサポート[プレミアム] –リバースプロキシの背後にあるサイトのサポート。

バインディングタイプの選択[プレミアム] –SAMLリクエストの送信に使用するHTTP-PostまたはHTTP-Redirectバインディングタイプを選択します。

統合Windows認証[プレミアム] –統合Windows認証(IWA)のサポート

ステップバイステップガイド[プレミアム] –ステップバイステップガイドを使用して、ADFS、Centrify、Google Apps、Okta、OneLogin、Salesforce、SimpleSAMLphp、Shibboleth、WSO2、JBoss Keycloak、OracleなどのIDプロバイダーを構成します。

WordPressマルチサイトサポート[プレミアム] –マルチサイト環境は、複数のサブドメイン/サブディレクトリが単一のインストールを共有できるようにする環境です。マルチサイトプレミアムプラグインを使用すると、ネットワーク内のすべてのサイトのIDPを数分で構成できます。一方、基本的なプレミアムプラグインがある場合は、IDPで複数のサービスプロバイダー構成と同様に、各サイトでプラグイン構成を個別に行う必要があります。
例–3つのサブサイトを持つ1つのメインサイトがある場合。次に、プラグインを各サイトで3回構成し、IDPで3つのサービスプロバイダー構成を構成する必要があります。代わりに、マルチサイトプレミアムプラグインを使用します。プラグインは、メインネットワークサイトで1回だけ構成する必要があり、IDPでは1つのサービスプロバイダー構成のみで構成する必要があります。

複数のSAMLIDPのサポート[プレミアム] –プラグインで複数のIDPを構成して、さまざまなIDPを持つさまざまなユーザーグループを認証できるようになりました。 IDPマッピング(ユーザーの認証に使用するIDP)へのユーザーによるユーザーへのアクセスを、ユーザーの電子メールのドメイン名に基づいて行うことができます。 (これは個別のライセンスを持つプレミアム機能です。この機能のライセンスプランを入手するには、info @ xecurify.comまでお問い合わせください。)

IDプロバイダーをお探しの場合は、miniOrangeオンプレミスIdPを試すことができます。

ウェブサイト–
他のプラグインについては、当社のWebサイトhttp://miniorange.com/pluginsを確認するか、ここをクリックして、リストされているすべてのWordPressプラグインを確認してください。
詳細なサポートや情報については、info @ xecurify.comに電子メールを送信するか、お問い合わせください。プラグインの設定ページからクエリを送信することもできます。

インストール

WordPressダッシュボードから

プラグイン>新規追加にアクセスします。
Salesforceでログインを検索します。 Salesforceでログインを見つけて

インストール

します。
プラグインページからプラグインをアクティブ化します。

WordPress.orgから

Login withSalesforceプラグインをダウンロードします。
login-with-salesforceディレクトリを解凍して/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします。
プラグインページからSalesforceでログインを有効化します。

プラグインの作者

miniOrange

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/login-with-salesforce/
Salesforceでログインプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です