メトロネットタグマネージャー | Ronald Huereca
メトロネットタグマネージャー

メトロネットタグマネージャー | Ronald Huereca

説明

Google TagManagerをウェブサイトに統合します。

Google Tag Manager(GTM)の優れている点は、ほとんどの追跡スクリプトを1か所に集めることができることです。その後、設定したルールで指定して、いつでもこれらのスクリプトを実行できます。これは素晴らしいですね。そうですね。唯一の問題は、これらのルールを設定するために実装に少し時間がかかる場合があることです。この実装では、タグマネージャースクリプトが読み込まれる前にdataLayerにdataLayer変数を設定するか、ボタンがクリックされたときに変数「event」を含むHTMLイベントハンドラーをdataLayerにプッシュします。問題は、サイトにコードを追加する機能/アクセス権がない場合、これを行うのは必ずしも簡単ではないということです。

これは、Metronet TagManagerプラグインが優れているところです。これにより、dataLayerの機能が実際に解き放たれるため、ほとんどすべての要素にマクロと起動ルールを簡単に設定できます。

このプラグインを使用すると、次のことができます。

  • 投稿ごとおよびページごとに、必要な数のdataLayer変数を簡単に追加できます。
  • プラグインは、システムを変更/削除またはテストできる6つの事前定義されたdataLayer変数をすでに提供しています。これらはすべてのページと投稿に読み込まれます。
  • 投稿やページではないページ(アーカイブなど)に個別のdataLayer変数を設定します。
  • WYSIWYGのGTMTinyMCEボタンを使用して、HTMLイベントハンドラーを任意のコンテンツリンクに簡単に追加できます。
  • WYSIWYGのGTMTinyMCEボタンを使用して、各コンテンツリンクに独自の一意のIDまたはクラスを追加できます。

このプラグインが機能するためには、わずかなカスタマイズが必要であることに注意してください。WordPressでは、GTMスクリプトを正しく機能させるために配置する必要がある開始タグの直後にスクリプトをロードすることはできません。これを修正する<?php do_action( 'body_open' ); ?>には、<body>タグの直後に追加する必要があります。それだけです。

WordPress5.2を使用している場合は注意してください。以上の場合は、テーマ開発者に連絡して、テーマ<?php wp_body_open(); ?>の開始ボディタグの直後に挿入するように依頼してください。これは、Metronet TagManagerと互換性を持たせるためにテーマ開発者示すコードです。

機能のリクエストがある場合、またはこのプラグインに問題がある場合はお知らせください。

以下は、Google TagManagerを初めて使用する場合に役立つと思われるリソースです。

Google TagManagerの公式ウェブサイト
https://developers.google.com/tag-manager/

Googleタグマネージャーを使用した
GoogleAnalyticsイベントの追跡http://moz.com/ugc/tracking-google-analytics-events-with-google-tag-manager

タグ管理とデータ層で分析を改善する
http://cutroni.com/blog/2012/05/14/make-analytics-better-with-tag-management-and-a-data-layer/

変数のフィルタリング

パーセント記号内に変数値を配置することを選択した場合(たとえば、%replace_test%)、必要に応じてこれらをフィルタリングできます。

次に例を示します。

add_filter( 'gtm_replace_test', 'gtm_replace_test', 10, 3 );
function gtm_replace_test( $total_match, $match, $post_id ) {
    return "replaced with content";
}

その内容はパーセント記号の間にあるためgtm_、フィルター名には接尾辞が付いていますreplace_test

インストール

  1. 「metronet-tag-manager」フォルダを解凍して「/ wp-content / plugins /」ディレクトリにアップロードするだけです。
  2. WordPressの「プラグイン」メニューからプラグインをアクティブ化します
  3. テーマを変更して、開始タグの直後header.phpに含めるようにします。<?php do_action( 'body_open' ); ?><body>
  4. プラグインの設定に移動し、Googleタグマネージャーのデータを入力します。

:WordPress5.2を使用している場合。以上の場合は、テーマ開発者に連絡して、テーマ<?php wp_body_open(); ?>の開始ボディタグの直後に挿入するように依頼してください。これは、Metronet TagManagerと互換性を持たせるためにテーマ開発者示すコードです。

カスタム値については、GitHubのフィルターセクションをご覧ください

プラグインの作者

Ronald Huereca

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/metronet-tag-manager/
メトロネットタグマネージャープラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す