Redisオブジェクトキャッシュ | Till Krüss
Redisオブジェクトキャッシュ

Redisオブジェクトキャッシュ | Till Krüss

説明

Redisを利用した永続オブジェクトキャッシュバックエンド。 Predis、PhpRedis(PECL)、Credis、HHVM、レプリケーション、クラスタリング、およびWP-CLIをサポートします。
接続パラメータの調整、キャッシュキーのプレフィックス、またはレプリケーション/クラスタリングの構成については、その他の注意事項を参照してください。
オブジェクトキャッシュプロ
ビジネスクラスのRedisオブジェクトキャッシュバックエンド。真に信頼性が高く、高度に最適化され、完全にカスタマイズ可能で、最も必要なときに専任のエンジニアがいます。

生のパフォーマンスのために書き直されました
WordPress APIに100%準拠
より高速なシリアル化と圧縮
簡単なデバッグとロギング
キャッシュ分析とプリロード
完全にユニットテスト済み(100%コードカバレッジ)
TLSによる安全な接続
WordPressとWPCLIによるヘルスチェック
WooCommerce、Jetpack、YoastSEO向けに最適化

Object CacheProの詳細をご覧ください。
接続パラメータ
デフォルトでは、オブジェクトキャッシュドロップインは127.0.0.1:6379にTCP経由でRedisに接続し、データベース0を選択します。
接続パラメーター、クライアント、タイムアウト、および間隔を調整するには、接続パラメーターのwikiページを参照してください。
構成オプション
プラグインには、キープレフィックス、キーの最大存続時間、無視されたグループなど、かなりの数の構成オプションが付属しています。
完全なリストについては、構成オプションのwikiページを参照してください。
レプリケーションとクラスタリング
レプリケーション、シャーディング、またはクラスタリングを使用するには、サーバーがPHP7以降を実行していること(HHVMはサポートされていません)を確認し、PredisまたはPhpRedisのドキュメントを参照してください。
詳細については、レプリケーションとクラスタリングのwikiページを参照してください。
WP-CLIコマンド
使用可能なすべてのWP-CLIコマンドのリストを表示するには、WPCLIコマンドのwikiページを参照してください。

インストール

詳細な

インストール

手順については、WordPressプラグインの標準

インストール

手順をお読みください。

Redisが

インストール

され、実行されていることを確認してください。
プラグインを

インストール

してアクティブ化します。
[設定]-> [Redis]でオブジェクトキャッシュを有効にするか、[ネットワーク管理]-> [設定]-> [Redis]でマルチサイト設定を有効にします。
必要に応じて、接続パラメータを調整します。

サーバーがWordPressファイルシステムAPIをサポートしていない場合は、object-cache.phpファイルを/ plugins / redis-cache / include /ディレクトリから/ wp-content /ディレクトリに手動でコピーする必要があります。

プラグインの作者

Till Krüss

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/redis-cache/
Redisオブジェクトキャッシュプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す