Polylang(TTfP)のテーマとプラグインの翻訳

Polylang(TTfP)のテーマとプラグインの翻訳 | Marcin Kazmierski

説明

「Polylangのテーマとプラグインの翻訳」とは何ですか?
Polylangプラグインの拡張機能(Polylangは、多言語のWordPress Webサイトを作成するための拡張機能です)。
WordPressのテーマとプラグインをPolylangで翻訳するには、プラグインが必要です。
仕事はどうですか?
「Polylangのテーマとプラグインの翻訳」は、WordPressのテーマとプラグインのすべてのファイルを自動的に検索します。このファイルから、拡張子が次のファイルのみを選択します。

php
株式会社
小枝

さらに、Timberライブラリ(詳細:http://timber.upstatement.com)との統合が実装されています。これにより、小枝の皮を簡単な方法で翻訳できます。
検索されたスキンのプラグインまたはプラグインは、次のようなPolylang関数からテキストを選択します。

_e(string $ text、string $ domain = ‘default’);
__(string $ text、string $ domain = ‘default’);
pll_e(string $ text);
pll __(string $ text);

例えば:

<?php pll_e( 'マイテキスト'); ?>

<?php _e( 'My another text'、 'my_theme'); ?>

木材のコンテキストで、この関数を次のように宣言します。
$ context [‘pll_e’] = TimberHelper :: function_wrapper( ‘pll_e’);

$ context [‘pll_’] = TimberHelper :: function_wrapper( ‘pll_’);

詳細については、https://polylang.wordpress.com/documentation/documentation-for-developers/functions-reference/をご覧ください。
この関数は、翻訳を印刷するためにPolylangプラグインによって定義されます。
「Polylangのテーマとプラグインの翻訳」のおかげで、これらの文字列を見つけて、非常に簡単な方法で翻訳してPolylangレジスタに追加できます。
そして、管理ダッシュボードからこれらのテキストを翻訳できます。
スキャン結果は、翻訳付きのタブで確認できます。
設定->言語->文字列翻訳
または
言語->文字列翻訳
poeditのようなプログラムは必要ありません。拡張子が.pot、.po、.moのようなファイルを変更する必要はありません。
「Polylangのテーマとプラグインの翻訳」は、スキャナーがタブの管理ダッシュボードでのみ機能するため、非常に効率的です。
設定->言語->文字列翻訳

または
言語->文字列翻訳

文字列変換のエクスポートとインポート
言語->翻訳のエクスポート/インポート

インストール

このプラグインには、Polylangプラグインを

インストール

してアクティブ化する必要があります。
このプラグインにはPHP5.0が必要です

「Polylangのテーマとプラグインの翻訳」フォルダをWebサーバーの/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします。
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します。
[設定]-> [言語]-> [文字列の翻訳]または[言語]-> [文字列の翻訳]に移動して、テキストを見つけます。

使用する
<?php
pll_e( ‘マイストリング’); // _e();に似ています
//または:
$ var = pll _( ‘My string’); // に似ている __();
//または:
_e( ‘My string’、 ‘my_theme’);
//または:
$ var = __( ‘My string’、 ‘my_theme’);

「Polylangのテーマとプラグインの翻訳」でTwig拡張機能を有効にするにはどうすればよいですか? [木材プラグイン]
関数.phpに追加:
if(!class_exists( ‘Timber’)){
add_action( ‘admin_notices’、function(){
echo ‘

木材がアクティブ化されていません。 ‘でプラグインをアクティブ化してください。 esc_url(admin_url( ‘plugins.php’))。 ‘ });
戻る;
}

関数timber_context()
{{
$ context = Timber :: get_context();
$ post = Timber :: query_post();
$ context [‘post’] = $ post;
$ context [‘pll_e’] = TimberHelper :: function_wrapper( ‘pll_e’);
$ context [‘pll__’] = TimberHelper :: function_wrapper( ‘pll__’);
$ contextを返します。
}

Timber :: $ dirname = array( ‘templates’、 ‘views’); //小枝テンプレートを使用したディレクトリ名
timber_context();

次に、たとえばindex.phpに次を追加します。
<?php
$ context = timber_context();
$ templates = array( ‘home.twig’、 ‘index.twig’); //レンダリング用の小枝ファイル
Timber :: render($ templates、$ context);

次に、twigテンプレートで次のようなpolylang関数を使用できます(templates / home.twig内)。
{%は “base.twig”を拡張します%}
{%ブロックコンテンツ%}

{{pll_e( “TWIGテンプレート1のテストテキスト。”)}}

{{pll __( “TWIGテンプレート2のテストテキスト。”)}}

{%エンドブロック%}

プラグインの作者

Marcin Kazmierski

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/theme-translation-for-polylang/
Polylang(TTfP)のテーマとプラグインの翻訳プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です