統計化

統計化 | pluginkollektiv

説明

Statifyは、サイトビューの数への簡単でコンパクトなアクセスを提供します。クッキーもサードパーティも使用しないため、プライバシーに配慮しています。
インタラクティブなチャートの後に、最も一般的な参照ソースとターゲットページのリストが続きます。統計の期間とリストの長さは、ダッシュボードウィジェットで直接設定できます。
データのプライバシー
Google Analytics、WordPress.com Stats、Matomo(Piwik)Statifyなどの統計サービスと直接比較すると、Statifyは個人データを処理および保存しません。 IPアドレス– Statifyは、訪問者ではなくサイトビューをカウントします。
完全なプライバシーコンプライアンスと透過的な手順:WordPressでローカルに作成されたデータベーステーブルは4つのフィールド(ID、日付、ソース、ターゲット)のみで構成され、管理者はいつでも表示、クリーンアップ、クリアできます。
この追跡アプローチにより、StatifyはGDPRに100%準拠しており、他の追跡サービスの軽量な代替手段として機能します。
ウィジェットの表示
プラグインの構成は、ダッシュボードのStatifyウィジェットで[構成]リンクをクリックして直接変更できます。
Statifyウィジェットに表示されるリンクの数を設定したり、今日からのビューのみをカウントするオプションを設定したりできます。もちろん、この設定を変更しても古いエントリは削除されません。
ダッシュボードウィジェットの統計は4分間キャッシュされます。
データ保存期間
Statifyは限られた期間(デフォルト:2週間)のみデータを保存し、ウィジェットのオプションとしてより長い間隔を選択できます。選択した期間より古いデータは、毎日のcronジョブによって削除されます。
すべての統計値がローカルのWordPressデータベースで収集および管理されるため、データベースの量の増加が期待できます(特にデータの保存期間を長くした場合)。
キャッシュの互換性のためのJavaScriptトラッキング
Cachify Statifyのようなキャッシュプラグインとの互換性のために、JavaScriptを介したオプションの切り替え可能なトラッキングを提供します。この機能により、キャッシュされたブログページを確実にカウントできます。
これが正しく機能するためには、アクティブなテーマがwp_footer()を呼び出す必要があります。通常はfooter.phpという名前のファイルです。
スパムリファラーの追跡をスキップする
コメントブラックリストを有効にすると、コメントブラックリストにリストされているリファラーURLを持つビューの追跡をスキップできます。 e。これはスパムと見なされました。
サポート
問題がある場合、またはバグを見つけたと思われる場合(たとえば、予期しない動作が発生している場合)は、サポートフォーラムに投稿してください。
助ける

このプラグインのアクティブな開発はGitHubで処理されます。
文書化されたバグのプルリクエストは大歓迎です。
このプラグインの翻訳を手伝いたい場合は、WordPressTranslateで行うことができます。

インストールプロセスが比較的単純なためか、公式Webサイトでは当面詳細なインストールプロセスを記述していません。 このプラグインのインストールで問題が発生した場合は、検索エンジンまたは以下のコメントで解決できます。解決を支援します

プラグインの作者

pluginkollektiv

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/statify/
統計化プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です