PageViewsカウンター | Petr Paboucek -aka- BoUk
PageViewsカウンター

PageViewsカウンター | Petr Paboucek -aka- BoUk

説明

ページビューカウンターを実装するには、明らかに異なる方法があります。以下のようないくつかの外部サービスを考えるとJetpackのか、Googleアナリティクスは、確かに良いオプションですが、あなただけの自分でこれを処理し、制御の下でより多くのすべてを持っているしたい場合のシナリオがあるかもしれません。

サイトのパフォーマンスを向上させるために何らかのキャッシュメカニズムを利用することは非常に一般的であるため、PHPレベルで直接カウンターを実装すると、キャッシュのためにカウンターがほとんど増加しないため、確実に機能しません。より良い解決策は、AJAXリクエストをトリガーするWordPressの方法を使用し、キャッシュから提供されているかどうかに関係なく、ページが読み込まれるたびにページビューカウンターをインクリメントすることです。

しかし、より大規模に考え始めると、従来のWPAJAXの実装にもかなりのリソースが必要であることがわかります。このプラグインは、カウンターを増やすために少し複雑な方法を使用しますが、非常に軽量です。一言で言えば、カウンターはWordPressエコシステムの「外部」にあるMemcachedやRedisなどの高速ストレージに保存されます。次に、WordPressレベルで繰り返し発生するcronタスクが実装されています。このタスクは、新しいカウンターを定期的にチェックし、その値をそれぞれの投稿のpostmetaとして保存します。

プラグインは、データをさまざまなタイプのバックエンドに保存できるPhpFastCacheライブラリを利用します。詳細については、ドキュメントを参照してください。この機能を使用すると、ホスティングプロバイダーに応じて任意のバックエンドを選択できます。

このプラグインにはファイルベースのストレージが事前構成されており、どのホスティング環境でも機能するはずですが、トラフィックの多いサイトでは、MemcacheDなどのメモリ内ストレージを検討することをお勧めします。

全体の原則とアイデアは、私のブログに公開されている次の記事で説明されています。

インストール

  1. この.zipファイルのコンテンツをWordPressインストールの「/ wp-content / plugins / pageviews-counter」にアップロードするか、WordPressダッシュボードの「プラグイン->新規追加」オプションを使用してアップロードします。
  2. WordPressダッシュボードの「プラグイン」オプションを使用してプラグインをアクティブ化します。
  3. アクティブ化されると、新しい繰り返しcronタスクがスケジュールされ、公開された各投稿のページビューカウンターが自動的に更新されます。プラグインはファイルベースのストレージ用に事前構成されていますが、app /settings.phpファイルで設定を簡単に変更できます。

プラグインの作者

Petr Paboucek -aka- BoUk

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/pageviews-counter/
PageViewsカウンタープラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す