直帰率を下げる | Okoth1
直帰率を下げる

直帰率を下げる | Okoth1

説明

このプラグインはもうメンテナンスされていません。詳しくはサポートをご覧ください。
GoogleAnalyticsでリアルタイムのオンサイトと直帰率を取得します。 Google Analyticsは、ユーザーがサイトにアクセスしてから最後のページビューまでの時間の長さに基づいてサイト滞在時間を計算します。これでは、サイト滞在時間と直帰率の統計情報は得られません。
特徴

MonsterInsightsによるGoogleAnalyticsと互換性があります
新旧のトラッキングコードがサポートされています
ヘッダーとフッターの間のコード配置の選択
ページの何パーセントがスクロールされたかを追跡する
タイムイベントの頻度を変更する
最大追跡時間を設定する
管理者の役割を無効にする

最悪のシナリオ
訪問者はあなたのページの1つに非常に興味があり、記事を読むのに2分13秒かかります。この後、彼はページをブックマークして去ります。
この訪問者はあなたのページに2分13秒滞在しましたが、それと対話することはありませんでした。グーグルにとってそれは跳ね返りです!また、バウンスされた訪問は、サイトで0:00とマークされます。公平じゃないですよね?
別の悪いシナリオ
訪問者はあなたのウェブサイトに行き、最初のページに1分11秒滞在します。次に、彼は1分12秒滞在する2ページ目に移動します。このページでの対話なしで、彼は去ります。 Googleは、訪問者が2ページ目に滞在した時間を知らないため、訪問者が1ページ目に費やした時間のみをアナリティクスに追加します。公平じゃないですよね?

このプラグインはこれをまっすぐに設定します。それはあなたの訪問者がまだページにいて、そのページで何らかの相互作用があったことを10秒ごとにGoogleAnalyticsに伝えます。あなたのページは「バウンスされない」でしょう。

これはすべてBrianCrayによって作成されたスクリプトに基づいており、Googleによって完全に受け入れられています(詳細については、その他の注意事項を参照してください)。結果は、より正確なサイト滞在時間と直帰率の統計になります。
便利なリンク

ブライアンクレイの投稿に基づくアイデア(彼は削除しましたが、それでもインターネット上のどこかにあるはずです…)

MohamedAdelのコードに基づいてパーセンテージコードを大幅にスクロールする

グーグルはこの方法を使用しても大丈夫だと言っています

インストール

プラグインフォルダを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします
WordPressのプラグインメニューからプラグインをアクティブ化します
1日後にGoogleAnalyticsで直帰率はどうなりますか?

プラグインの作者

Okoth1

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/reduce-bounce-rate/
直帰率を下げるプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す