メンテナンスモード | Lukas Juhas
メンテナンスモード

メンテナンスモード | Lukas Juhas

説明

ほぼ毎日WordPressを使用しているWeb開発者として、簡単なメンテナンスプラグインで自分やクライアントのウェブサイトを更新したい場合、これらの役に立たない複雑すぎるプラグインに出くわすことがよくありました。自分で作って、自信を持って簡単に使えるようにしましょう。
メンテナンスモードは非常にシンプルで、WordPressのコア関数であるWordPressのwp_die()関数を使用しています。これにより、このプラグインはWordPressコアの一部として機能します。メインのwp-adminメニューの[設定]の下に設定ページがあり、メンテナンスモードを有効にしたり、WYSIWYGエディターを使用してコンテンツを変更したりできるため、写真やリンクなどを追加することもできます。アクティブ化して管理者としてログインすると、次のようにWebサイトを表示できます。通常、残りのユーザー/訪問者はメンテナンスモードを見ることができます。設定ページのプレビューリンクを使用してプレビューモードで管理者としてメンテナンスモードを表示するか、プライベートモードまたは別のブラウザでウェブサイトを開いて、有効になって機能しているかどうかを再確認できます。管理バーには、メンテナンスモードが有効になると色が赤に変わるインジケーターもあります。
特徴:

シンプルさ–可能な限りシンプルになるように構築されています。使いやすい。

カスタマイズ可能–WYSIWYGをフルに活用できます。リンクやWYSIWYGでできることのほとんどすべてを含む画像やその他のメディアを追加できます。 [テキスト/コード]タブは、カスタムマークアップにも使用できます。

モバイルで動作–シンプルなため、メンテナンスモードはモバイルデバイスで非常にうまく機能します。

広告なし–広告なし。真剣に。

有料アップグレードなし–有料アップグレードなし。真剣に。

更新–定期的な更新とメンテナンス。

サポート–サポートボタンが利用可能です。

プレビュー–プレビューボタンが利用可能です。

コンパクト–可能な限りコンパクトになるように開発されています。

役割制御–ユーザー役割制御は2.0以降で使用可能です

オプションのウィジェット–オプションでコンテンツの上および/または下にウィジェットを追加します

オプションのスタイルシート–オプションでカスタムスタイルシートを追加します

コードスニペットを追加するオプションの機能–オプションでページにコードスニペットを追加します。

Analytifyプラグインのサポート– Analytifyプラグインを使用する場合、GoogleAnalyticsトラッキングコードを自動的に挿入できます。

重要!キャッシュプラグインを使用しているユーザーは、以下をお読みください。
メンテナンスモードを有効または無効にするときは、キャッシュをフラッシュすることを忘れないでください。

フィルター
ljmm_site_title –メンテナンスモードでページタイトルをフィルタリングする
ljmm_admin_bar_indicator_enabled-管理バーインジケーターの可視性を制御します

limm_css_filename-CSSスタイルシートのファイル名(テーマのスタイルシートディレクトリにあります)-ファイル名のみ。例: `maintenance.min.css`。 (注:スタイルシートにこのフィルターを使用する必要はありません。以下のFAQを参照してください。)

ljmm_css_url-cssファイルのURL。

行動
ljmm_before_mm –コアメンテナンスメソッドの開始時に実行されます
問題がありますか?最初にFAQをお読みください。サポートが必要な場合は、メンテナンスモードの設定ページにあるサポートボタンを使用できます。

GitHubでの開発
メンテナンスモードの開発はGitHubで行われます。バグやプルリクエストはそこで歓迎されます。

インストール

lj-maintenance-modeを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します
[設定]-> [メンテナンスモード]に移動するか、設定の管理バーインジケーターをクリックして、メンテナンスモードを有効にします。

プラグインの作者

Lukas Juhas

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/lj-maintenance-mode/
メンテナンスモードプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す