メニューの場合–メニュー項目の可視性制御 | Layered
メニューの場合–メニュー項目の可視性制御

メニューの場合–メニュー項目の可視性制御 | Layered

説明

可視性ルールに基づいて、サイトの訪問者に表示されるメニュー項目を制御します。次にいくつかの例を示します。

ユーザーがログインしている場合にのみメニュー項目を表示する

デバイスがモバイルの場合はメニュー項目を非表示にする

管理者と編集者のメニュー項目を表示する

ログインしたユーザーのログインまたは登録リンクを非表示にする

米国または英国のユーザーのメニュー項目を表示する

有効なメンバーシップを持つお客様のみにメニュー項目を表示する

英語またはスペイン語で閲覧する訪問者向けのメニュー項目を表示する

プラグインは使いやすく、各メニュー項目には、可視性ルールの選択を可能にする新しいオプション「メニュー項目の可視性の変更」があります(スクリーンショットの例)。
特徴

可視性ルールの基本セット

ユーザーの状態ユーザーはログインしています

ユーザーの役割管理者編集者作成者など
ページタイプフロントページシングルページシングルポスト

アーカイブページ(年、カテゴリ、検索結果など)です
ビジターデバイスはモバイルです

高度な可視性ルール–プレミアムプランが必要

訪問者の場所–訪問者の国を検出します
訪問者の言語–訪問者が選択した言語を検出します
WooCommerceサブスクリプション–アクティブなサブスクリプションを持つユーザーのメニューを表示します
WooCommerceメンバーシップ–アクティブなメンバーシッププランを持つ顧客向けのメニューを表示します
グループ–ユーザーが特定のグループに属しているかどうかを検出します
WishList Member –ユーザーのメンバーシップレベルを検出します
Content Proの制限–ユーザーのサブスクリプションレベルを検出します

複数のルール–メニュー項目の可視性のために複数のルールを混在させる

ユーザーがログインしていて、デバイスがモバイルであるかどうかを表示する

ユーザーが管理者であり、フロントページであるかどうかを表示する

カスタムルールの追加のサポート

カスタム可視性ルールを追加する例は、FAQセクションで

説明

されています。

インストールプロセスが比較的単純なためか、公式Webサイトでは当面詳細なインストールプロセスを記述していません。 このプラグインのインストールで問題が発生した場合は、検索エンジンまたは以下のコメントで解決できます。解決を支援します

プラグインの作者

Layered

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/if-menu/
メニューの場合–メニュー項目の可視性制御プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す