オールインワン分析

オールインワン分析 | Juan González

説明

バージョン1!
WordPressサイト所有者のユーザーレベルの分析と追跡を改善しようとしています。
すべての追跡は、匿名ユーザーと登録ユーザーの両方のユーザーIDに基づいています。
これは、クライアント側のイベント用のSegment.comのanalytics.jsのカスタム配布であり、サーバー側のイベント用の独自のソリューションです。
最新バージョンのWordPressが必要です。古いバージョンで動作することを保証することはできません。
古いバージョンを使用していて、それが機能する場合は、お知らせください。
バージョン1の場合、サポートされているものは次のとおりです。
イベントソース
これらのソースから詳細なイベントデータを収集します。

WordPress Core:サインアップ、ログイン、コメント、ページビューなど…

WooCommerce:カートに追加(ajaxかどうか)、イベントのチェックアウト、イベントの注文、WooCommerceイベントがたくさんあります。そして、それぞれに多くの特性があります。今後のバージョンでより適切に文書化します。

LearnDash:登録、トピック、レッスン、クイズ(完了、合格、不合格)、コース、課題

忍者フォームと重力フォーム:
フォームを追跡しますか?

データの宛先
ここにデータを送信します。宛先ごとに詳細設定を使用できます(カスタムディメンション、詳細マッチング、ハッシュ、ホワイトリストなどを考えてください)。

グーグルアナリティクス
Google広告
Googleタグマネージャー
Facebookピクセル
Zapier

アイデアは、コミュニティの要求に応じて、より多くのイベントソースとデータ宛先を統合することです。
今のところ、メタキーに基づいてカスタムメタを追跡できる詳細設定や、まだ文書化する時間がなかった他の多くの設定があります。

インストール

例えば

all-in-one-analytics.phpを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します
[設定]に移動し、[オールインワン分析と追跡]を選択してプラグインを構成します
注:既存の分析/ピクセルを必ずオフにしてください

プラグインの作者

Juan González

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/all-in-one-analytics/
オールインワン分析プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です