管理者を名前で表示

管理者を名前で表示 | Jory Hogeveen

説明

究極のユーザースイッチャーおよびロールマネージャー
このプラグインは、WordPress管理者のビューを変更できるメニュー項目を管理バーに追加します。
他のユーザーとしてログインすることなく他のユーザーに切り替えたり、役割を切り替えたり、一時的に自分の機能を変更したりすることもできます。
別のユーザーとして表示している場合は、このユーザーの設定を変更することもできます。さまざまな管理ページの画面設定のように。
「役割のデフォルト」モジュールを使用すると、役割のデフォルトの画面設定とメタボックスの場所を設定し、さまざまな一括アクションを通じてそれらをユーザーに適用できます。
また、役割を追加、編集、または削除し、それらの機能を付与または拒否するための「役割マネージャー」モジュールも備えています。
概要/機能

ユーザーアカウントを切り替える

このユーザーの画面設定と設定を編集します

役割を切り替える
自分の能力を一時的に(非破壊的に)変更する
未登録の訪問者としてサイトを表示する
バックエンドとフロントエンドで言語/ロケールを切り替える
上記のビュータイプを組み合わせてください
いつでも簡単に元に戻す
完全に安全(下記のセキュリティを参照)
ログアウトせずに上記のすべてを実行してください!

モジュール:役割のデフォルト(画面設定)

役割のデフォルトの画面設定を設定する
デフォルトをユーザーに適用する
ロールのすべてのユーザーにデフォルトを適用する
新しいユーザーを登録するときにデフォルトを適用します(マルチサイトでは、これはユーザーが最初のブログに追加されたときに行われます)
デフォルトをある役割から別の役割(または複数)にコピーする
インポート/エクスポートロールのデフォルト、設定ファイルのダウンロード(およびアップロード)も可能
「画面設定」オプションを無効にするか、このプラグインにアクセスできないすべてのユーザーのメタボックスをロックします

役割のデフォルトのドキュメントについては、ここをクリックしてください
モジュール:ロールマネージャー(ロールエディター)
注:ロールマネージャーで行われた変更は永続的です。

役割の追加、編集、または削除
役割に機能を付与および/または追加する
役割の名前を変更する
クローンの役割
役割のインポート/エクスポート、設定ファイルのダウンロード(およびアップロード)も可能
現在のビューから役割機能を更新します
役割を削除した後、ユーザーを別の役割に自動的に移行する

Role Managerのドキュメントについては、ここをクリックしてください
互換性と統合
このプラグインは他のほとんどのプラグインで動作しますが、これらはテスト済みです。

Advanced Access Manager(Proバージョンは検証されていません)

bbPress
BuddyPress

Genesis Framework(およびおそらく他のテーマフレームワーク)

Googleサイトキット
重力フォーム

グループ2.1以降(カスタム統合:グループのビュータイプを追加します。Proバージョンはテストされていません)

ポッドフレームワーク2.0以降
メンバー

ユーザーアクセスを制限する0.13+(カスタム統合:アクセスレベルのビュータイプを追加)

ユーザーの役割と機能

ユーザーロールエディター(Proバージョンは検証されていません)

ユーザーの切り替え(なぜこれが必要なのかわかりませんが、はい、切り替え受信は可能です!)

WPFrontユーザーロールエディター
WP管理UIカスタマイズ1.5.11+
Yoast SEO

テストされたプラグインと詳細の完全なリスト:互換性と統合
元に戻せません!
FAQの項目3を参照してください。
動いていない! /バグを見つけました!
サポートを通じて私に知らせて、プラグインとテーマのリストを追加してください! ?
セキュリティ
このプラグインは完全に安全であり、ユーザー、パスワード、データを安全に保ちます。
詳細については、FAQの項目7を参照してください。
開発者ノート
このプラグインは、管理者(ネットワークスーパー管理者または通常の管理者)にのみ役立ちます。それらのユーザーにカスタム機能を特に適用しない限り、他の役割の機能は追加されません。
また、同じ役割を持つユーザーへの切り替えは無効になっていることに注意してください。 (通常の管理者から通常の管理者+スーパー管理者からスーパー管理者)
私は開発者であり、クライアントが使用する役割の結果を確認する必要があることが多いため、最初は自分でこれを作成しました。
したがって、役割や機能で何かを行うプラグインやテーマを開発している場合は、このプラグインを使用して、すべてが機能するかどうかを簡単に確認できます。
テストユーザーを作成し、常にログアウトしてログインする手間がなくなりました。
このプラグインは、クライアントやユーザーをサポートするのにも役立ちます。例えば;ログインさせる前に、編集ページと概要ページの画面表示プリセットを作成します。
あなたはここで私を見つけることができます:

Keraweb
GitHub
LinkedIn

翻訳
translate.wordpress.orgでこのプラグインの翻訳を手伝ってください!
アクションとフィルター

アクションのドキュメントについては、ここをクリックしてください
フィルタのドキュメントについては、ここをクリックしてください

プラグイン機能
ドキュメントについては、ここをクリックしてください
アイデア?
GitHubで教えてください!

インストール

このプラグインの

インストール

は、他のプラグインと同じように機能します。どちらか:

zipファイルを「/ wp-content / plugins /」ディレクトリにアップロードして解凍します
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します

または、プラグインメニューから「ViewAdminAs」を検索してください。
最小要件

WordPress 4.1以降(常に最新バージョンに更新することをお勧めします!)

必須のプラグインとして

インストール

する
view-admin-as.phpファイルを、view-admin-asサブディレクトリではなく、mu-pluginsディレクトリのルートに移動します。
これはWordPressの制限であり、おそらくすぐには変更されません。
例:
すべてのファイルディレクトリ:/ wp-content / mu-plugins / view-admin-as / .. ..
メインファイルディレクトリ:/wp-content/mu-plugins/view-admin-as.php

プラグインの作者

Jory Hogeveen

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/view-admin-as/
管理者を名前で表示プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です