国立気象局のアラート | John Russell
国立気象局のアラート

国立気象局のアラート | John Russell

説明

National Weather Service Alertsプラグインを使用すると、Webサイトに気象警報を簡単に表示できます。ザ・
アラートは、場所に基づいて国立気象局(http://alerts.weather.gov)から直接取得されます
指定した後、解析、ソートされ、Webサイトに出力されます。アラートは、を使用して自動的に更新されます。
指定された場所のアラートの重大度に基づくAJAX。場所は郵便番号を使用して設定できます。
市と州、または州と郡。含めるアラートの範囲を選択するオプションもあります。
たとえば、郡のみのアラート、州のみのアラート、または米国全体のアラートなどです。
該当する場合、特定のアラートの影響を受ける領域を示すために、Googleマップがポリゴンオーバーレイに含まれます
竜巻警報や鉄砲水警報などの種類。
現在、National Weather Service Alertsプラグインは、米国内の地域でのみ機能します。しかし
プラグインは、Common Alerting Protocol(CAP)形式を使用するAtomフィードを想定しているため、理論的にはどのCAPフィードでも
中古。
特徴

ショートコード
ウィジェット
アラートバーを追加するためのNWSアラート設定ページ
クリーンなhtml5マークアップ
デフォルトのスタイルを簡単にオーバーライドできるCSSクラス
開発者API(フィルター)

気象警報

竜巻警報
強雷雨警報
鉄砲水警報
洪水警報
吹雪警報
冬の嵐の警告
フリーズ警告
砂嵐の警告
強風警報

*デフォルトの気象警報タイプは、「nws_alerts_allowed_alert_types」を使用して変更できます
および「nws_alerts_sort_alert_types」フィルターフック。

インストール

管理領域で[プラグイン]> [新規追加]に移動し、National Weather ServiceAlertsを検索します。
[

インストール

]をクリックします。

インストール

したら、プラグインをアクティブにします。
最後に、[NWSアラート]設定ページに移動し、[データベーステーブルの構築]をクリックします。

場所の検索に使用するデータベーステーブルの作成は、完了するまでに最大1分かかる場合があるため、しばらくお待ちください。
プロセスはAJAXを介して監視され、ステータスバーがビルドプロセスの進行状況を更新します。
これらのテーブルは、プラグインが非アクティブ化されるとデータベースから削除され、WordPress管理プラグイン領域で削除されます。
プラグインを

インストール

してアクティブ化すると、付属の気象警報を使用してWebサイトに簡単に気象警報を追加できます
NWSアラートウィジェットまたは[nws_alert]ショートコードを使用します。プラグインは「NationalWeatherServiceAlerts」ボタンを追加します
適切にフォーマットされたnws_alertショートコードを構築するために使用できるWordPressエディターに。
詳細なドキュメントと開発者向けリファレンスについては、GitHubリポジトリを確認してください:https://github.com/laubsterboy/national-weather-service-alerts

プラグインの作者

John Russell

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/national-weather-service-alerts/
国立気象局のアラートプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す