シンプルなカスタムコンテンツ | Jeff Starr
シンプルなカスタムコンテンツ

シンプルなカスタムコンテンツ | Jeff Starr

説明

Simple Custom Content(SCC)を使用すると、すべてのWP投稿とRSSフィードにカスタムコンテンツを追加できます。さらに、SCCは、個々の投稿、ページ、またはテーマテンプレート内の任意の場所にカスタムコンテンツを追加するためのいくつかのショートコードを提供します。このプラグインは、著作権情報、公式ポリシー、免責事項、クレジット、お礼のメッセージ、カスタムリンク、特別オファー、および想像できるあらゆるものを追加するのに理想的です。

特徴

  • カスタムコンテンツは、テキストやマークアップにすることができます
  • すべてのWP投稿にカスタムコンテンツを自動的に表示する
  • すべてのRSSフィードにカスタムコンテンツを自動的に表示する
  • オプションで、投稿の抜粋にのみカスタムコンテンツを表示します
  • オプションで、フィードの抜粋にのみカスタムコンテンツを表示します
  • すべてのプラグインオプションをデフォルト値にリセットする設定を提供します
  • 投稿とページにカスタムコンテンツを追加するためのショートコードを提供します
  • カスタムコンテンツの場所を指定します(コンテンツの前または後)
  • グーテンベルクブロックエディターの有無にかかわらず完全に動作します
  • 新着!カスタムコンテンツをWP投稿に制限するオプション
  • 新着!WPページでカスタムコンテンツを許可するオプション

自動カスタムコンテンツ

自動インクルード方法(WP投稿とRSSフィード)ごとに、カスタムコンテンツを表示する場所を指定できます。

  • コンテンツの前
  • コンテンツの後
  • 前と後の両方
  • 表示しない(無効にする)

ポストスペシフィックカスタムコンテンツ

表示場所に基づいてカスタムコンテンツを表示するために使用できるSCCショートコードの概要は次のとおりです。

  • [scs_post] –単一の投稿のカスタムコンテンツを表示する
  • [scs_feed] –RSSフィードのカスタムコンテンツを表示する
  • [scs_both] –単一の投稿とフィードのカスタムコンテンツを表示する
  • [scs_alt] –ショートコードが含まれている場合は常にコンテンツを表示します

動的投稿ショートコード

次の投稿変数のいずれかを使用してコンテンツをカスタマイズします。

%%id%%        = Post ID
%%date%%      = Post Date
%%title%%     = Post Title
%%author%%    = Post Author
%%permalink%% = Post URL
%%year%%      = Current year

これらのショートカット変数は、任意のカスタムコンテンツで使用できます。プラグイン設定で提供される詳細情報。

スクリーンショットチェックして、それがどのように機能するかをよりよく理解してください。

プライバシー

このプラグインは、ユーザーデータを収集または保存しません。Cookieを設定せず、サードパーティの場所に接続しません。したがって、このプラグインはユーザーのプライバシーにまったく影響を与えません。

このプラグインの開発をサポートする

私はWordPressコミュニティを愛して、この無料のプラグインを開発および保守しています。サポートを示すために、寄付をするか、私の本の1つを購入することができます。

および/または私のプレミアムWordPressプラグインの1つを購入します:

  • BBQ Pro –超高速のWordPressファイアウォール
  • Blackhole Pro –不良ボットを自動的にブロックします
  • Banhammer Pro –トラフィックを監視し、悪者を禁止します
  • GA Google Analytics Pro –WordPressをGoogleAnalyticsに接続します
  • USP Pro –無制限のフロントエンドフォーム

リンク、ツイート、いいねもありがたいです。ありがとう!🙂

インストール

インストール

  1. プラグインをブログにアップロードしてアクティブ化します
  2. 設定にアクセスしてオプションを構成します

WPプラグインのインストールに関する詳細情報

たとえば、著作権表示を表示するには、次のようなものを追加できます。

<p>Copyright %%year%% My Company dot com</p> 

そのスニペットは、「カスタムコンテンツ」設定のいずれかに追加できます。そのため、投稿、ページ、フィード、ヘッダーやフッター、または必要な場所に正確に含めることができます。

Simple Custom Contentは、自動および事後固有のカスタムコンテンツを有効にします。これらの両方について、以下で説明します。

自動カスタムコンテンツ

カスタムコンテンツを自動的に表示するには、「自動カスタムコンテンツ」設定にアクセスしてください。そこで、WP投稿とRSSフィードのカスタムコンテンツを入力できます。そして、それぞれについて、次のオプションがあります。

  • コンテンツの前
  • コンテンツの後
  • 前と後の両方
  • 表示しない(無効にする)

詳細については、プラグインの設定を確認してください。

ポストスペシフィックカスタムコンテンツ

特定の投稿にのみカスタムコンテンツを表示するには、「投稿固有のカスタムコンテンツ」設定にアクセスしてください。そこで、次のショートコードのいずれかのカスタムコンテンツを定義できます。

  • [scs_post] –単一投稿のカスタムコンテンツ
  • [scs_feed] –RSSフィードのカスタムコンテンツ
  • [scs_both] –単一の投稿とフィードのカスタムコンテンツ
  • [scs_alt] –ショートコードが含まれているコンテンツ

これらのショートコードは、投稿、ページ、または任意のカスタム投稿タイプに追加できます。詳細については、プラグイン設定にアクセスしてください。

動的投稿ショートコード

次の投稿変数のいずれかを使用してコンテンツをカスタマイズします。

%%id%%        = Post ID
%%date%%      = Post Date
%%title%%     = Post Title
%%author%%    = Post Author
%%permalink%% = Post URL
%%year%%      = Current Year (e.g., for copyright)

これらのショートカット変数は、任意のカスタムコンテンツで使用できます。プラグイン設定で提供される詳細情報。

プラグインが好きですか?

シンプルなカスタムコンテンツが気に入った場合は、5つ星の評価を付けてください。これは、開発とサポートを強力に維持するのに役立ちます。ありがとうございました!

アップグレード

SCCをアップグレードするには、古いバージョンを削除して、新しいバージョンに置き換えます。または、プラグイン画面から「更新」をクリックして、WordPressに自動的に実行させます。

注: [WPプラグイン]画面からプラグインをアンインストールすると、WPデータベースからすべての設定が削除されます。

デフォルトオプションに戻す

デフォルトのプラグインオプションを復元するには、プラグインをアンインストール/再インストールするか、プラグイン設定> [デフォルトオプションの復元]にアクセスします。

アンインストール

シンプルなカスタムコンテンツは、それ自体の後でクリーンアップされます。プラグインがプラグイン画面からアンインストールされると、すべてのプラグイン設定がデータベースから削除されます。

プラグインの作者

Jeff Starr

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/simple-custom-content/
シンプルなカスタムコンテンツプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す