管理JavaScriptを追加する

管理JavaScriptを追加する | Scott Reilly

説明

WordPress管理ページにカスタム動的機能を導入したり、JavaScriptの機能を活用したいと思ったことはありませんか? JavaScriptで行いたい変更は、このプラグインを介して簡単に行うことができます。
このプラグインを使用すると、すべての管理ページに追加する追加のJavaScript(インラインおよび/またはURL)を簡単に定義できます。管理ヘッド、管理フッター(推奨)、またはjQuery jQuery(document).ready(function($)){}セクション内の管理フッターにインラインで表示されるようにJavaScriptを定義するか、リンクするJavaScriptファイルを参照することができます。ページヘッダー。参照されたJavaScriptファイルが最初に管理者ヘッドに表示され、プラグインの設定で定義された順序で一覧表示されます。次に、インライン管理ヘッドJavaScriptが管理ヘッドに追加されます。高度なカスタマイズのためにすべての値をフィルタリングできます(「フィルター」セクションを参照)。
リンク:プラグインのホームページ|プラグインディレクトリページ| GitHub |著者のホームページ
フック
プラグインは、フック用の4つのフィルターを公開します。通常、フィルターを使用するコードは、理想的にはmuプラグインまたはサイト固有のプラグインに配置する必要があります(これは、このreadmeで

説明

する範囲を超えています)。これらのフィルターによって制御される機能のほとんどは、プラグインの設定ページから構成できることに注意してください。これらのフィルターは、コーディングが可能な上級ユーザーにのみ関心がある可能性があります。
c2c_add_admin_js_files(フィルター)
「c2c_add_admin_js_files」フィルターを使用すると、JavaScriptファイルのリストをプログラムで変更して管理者にキューに入れることができます。
引数:

$ files(array):JavaScriptファイルの配列。

例:
/ **
* WP管理者にエンキューされるJavaScriptファイルを追加します。
*
* @param array $ filesファイルの配列。
* @ return配列
* /
関数my_admin_js_files($ files){
$ files [] = ‘http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/yui/2.8.1/build/yuiloader/yuiloader-min.js’;
$ filesを返します。
}
add_filter( ‘c2c_add_admin_js_files’、 ‘my_admin_js_files’);

c2c_add_admin_js_head(フィルター)
「c2c_add_admin_js_head」フィルターを使用すると、管理ページのヘッドに直接追加する必要があるJavaScriptをカスタマイズできます。
引数:

$ js(文字列):JavaScriptコード(