IPブラックリストクラウド | Adeel Ahmed
IPブラックリストクラウド

IPブラックリストクラウド | Adeel Ahmed

説明

IP Blacklist Cloudプラグインを使用すると、WordPressWebサイトにアクセスしてIPアドレスをブラックリストに登録できます。また、https://www.ip-finder.meのブロックされたIPデータベースへのWebサイトのリンクを送信します。これにより、他のユーザーは、特定のIPをブロックしたサイトの数とコメントを確認できます。
プラグインに新機能が追加され、Webサイトでのユーザー名のスパム(コメント)をブロックできるようになりました。
同期のために複数のWordPressWebサイトを管理するためのプレミアムソフトウェア:IPブラックリストクラウドサーバー– https://www.ip-finder.me/ipblc-server/
それはどのように機能しますか

IPを手動でブロックする場合は、管理メニューの「IPブラックリスト-> IPをブラックリストに追加」でIPを指定することでこれを行うことができます。

訪問者またはスパムボットが投稿にコメントを投稿した場合は、[コメント]メニューにアクセスして、IPと詳細をip-finder.meで表示したり、IPをブラックリストに登録したりできます。

例:https://www.ip-finder.me/203.81.202.127/

IPアドレスをブラックリストに登録すると、訪問者はWebサイトのコンテンツを表示したり、Webサイトのリンクと名前をIPFinderクラウドに投稿したりできなくなります。

管理メニュー「IPブラックリスト->ブラックリスト」にアクセスして、ブラックリストから任意のIPを削除できます。また、その特定のIPをブロックしているWebサイトのリストからサイトのリンクと名前も削除されます。

IPクラウドにコメントを残すことができ(例:https://www.ip-finder.me/203.81.202.127/)、他のユーザーがこのIPがサイトによってブロックされている理由を知ることができます。

インストール

注:プラグインをダウンロードして

インストール

する前に、IPをhttps://www.ip-にブラックリストに登録すると、プラグインがWebサイトのURL(site_url()を使用)、Webサイト名(get_bloginfo( ‘name’)を使用)を自動的に送信することに同意する必要があります。 finder.meを使用して、これを相対的なブラックリストに登録されたIPに表示します。 (例:https://www.ip-finder.me/203.81.202.127/)
SpamCheckerはコメントデータ(名前、電子メール、URL、コメント)を送信して、データベースに基づいてスパムの割合を確認します。

「ip_blacklist_cloud」フォルダを「/ wp-content / plugins /」ディレクトリにアップロードします

WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します

プラグインの作者

Adeel Ahmed

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/ip-blacklist-cloud/
IPブラックリストクラウドプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す