キャッチID | Catch Plugins
キャッチID

キャッチID | Catch Plugins

説明

キャッチIDは、管理セクションテーブルに投稿ID、ページID、メディアID、リンクID、カテゴリID、タグID、およびユーザーIDを表示するためのシンプルで軽量なプラグインです。このプラグインは当初、テーマ機能スライダーをサポートするために開発されました。次に、これがすべてのWordPress管理者ユーザーに役立つと考えました。ページ、投稿、カテゴリ、タグ、メディアページでIDをアクティブにしてキャッチするだけです。
新しいモジュラープラグインCatchWebToolsをご覧ください。これまでCatchThemesユーザーのみが利用できた強力な機能でWordPressサイトをパワーアップします。現在、ウェブマスターツール、Open Graph、カスタムCSS、ソーシャルアイコン、キャッチID、基本的なSEO最適化モジュールを提供しており、さらに追加する予定です。
使用法

インストールしてアクティブ化するだけです。

インストール

簡単な方法(ダッシュボード経由):

プラグイン>新規追加に移動します
[プラグインの検索]ボックスにキャッチIDを入力します
プラグインを

インストール

するには、[今すぐ

インストール

]をクリックします

インストール

後、[アクティブ化]をクリックして、キャッチIDの使用を開始します

ダッシュボードメニューからキャッチIDに移動します
これで、投稿、ページ、カテゴリ、タグ、メディアパネルにIDの列が表示されます

それほど簡単な方法ではありません(FTP経由):

キャッチIDをダウンロードする

キャッチIDプラグインのアーカイブ解除
catch-ids.zipを使用してフォルダーをコピーします
ftp wp-content plugins を開きます
プラグインフォルダをフォルダに貼り付けます
管理パネルに移動=>アイテム「プラグイン」を開く=>キャッチIDをアクティブ化

ダッシュボードメニューからキャッチIDに移動します

プラグインの作者

Catch Plugins

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/catch-ids/
キャッチIDプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す