インラインGoogleスプレッドシートビューア | Meitar Moscovitz
インラインGoogleスプレッドシートビューア

インラインGoogleスプレッドシートビューア | Meitar Moscovitz

説明

GoogleスプレッドシートCSVファイルMySQLデータベース、またはGoogle Apps Scriptの出力に保存されているデータを、美しいインタラクティブなグラフやグラフ、並べ替えや検索が可能な表、またはその両方に簡単に変換できます。PDF、XLS、DOC、およびGoogleドキュメントビューアでサポートされているその他のファイル形式のライブプレビューを埋め込みます。組み込みのキャッシュにより、速度が向上します。

  • GoogleスプレッドシートまたはCSVファイルが変更されるたびに、ブログの投稿またはページを更新してください。
  • GoogleスプレッドシートまたはCSVファイルから美しいインタラクティブなグラフやチャートを簡単に作成できます。
  • 強力で柔軟なクエリ言語と多数の構成オプションを使用して、テーブルまたはチャートのルックアンドフィールをカスタマイズします。
  • Googleスプレッドシート、Google Apps Scripts、CSVファイル、WordPressデータベース、リモートMySQLデータベースなどのさまざまなソースからのデータを使用します。
  • ブログを離れることなく表示するために、ほぼすべてのオンラインドキュメントを埋め込みます。

このプラグインへの寄付は私の収入の大部分を占めています。このプラグインを引き続きお楽しみいただく場合は、寄付をご検討ください。🙂ご支援いただきありがとうございます!

クイックスタート

公開されているGoogleスプレッドシートまたはGoogleApps Script WebアプリのURLをWordPressの投稿またはページの独自の行に貼り付けて、投稿を保存します。それでおしまい。🙂データは、並べ替えられた検索可能なHTMLテーブルに表示されます。Webアプリの出力は、Webアプリで定義されたHTMLを使用して表示されます。例については、スクリーンショットを参照してください。

Googleスプレッドシートを使用する場合は、「ウェブ上で公開」または「リンクを知っている人」オプションのいずれかを使用してスプレッドシートを共有する必要があります(スプレッドシートの共有方法を学習してください)。現在、プライベートのGoogleスプレッドシートまたは「特定の人」と共有するスプレッドシートはサポートされていません。Webアプリは、「誰でも、匿名でも」アクセス許可を付けて展開する必要があります。CSVファイルは、ホストされているサイトにログインしなくても、一般に公開されている必要があります。

サポートを受ける

このドキュメントは、このプラグインの唯一のサポートドキュメントです。

このドキュメントまたはサポートフォーラムへの以前の投稿ですでに回答されている質問をする繰り返しの投稿が大量にあるため、私が持っているドキュメント以外の状況では、このプラグインのユーザーをサポートするためにボランティアをすることはもうありません。すでに生産されています。

言い換えると:

  • 返信を期待して私にメールを送らないでください。メールを削除します。
  • 私からの返信を期待してサポートフォーラムに投稿しないでください。私はあなたの投稿を読みませんので、返答しません。

このプラグインが使用された、または私が参加したサポートフォーラムで使用される可能性が高い、考えられるほぼすべてのユースケースと状況をカバーする10年以上の質問と回答があります。私がこのプラグインに対して受け取るわずかな量の寄付は、私がこのプラグインのサポートクエリを監視するために費やした途方もないほどの多大な努力に対してさえ登録されていません。さらに悪いことに、質問をしたほとんどすべての人が求めていた質問への回答は、このドキュメントまたは以前の投稿ですでに回答されているため、この努力はしばしば無駄になりました。いい加減にしろ。

あなただけこのプラグインのサポートを取得するためのオプションは次のとおりです。

  • 実際にこのドキュメントを読む、または
  • インターネットを使用して、以前に他の場所で回答された回答を検索するか、
  • 私以外の誰かに助けを求めてください。

うまくいけば、誰も実際に私のサポートを得ることができなくなったので、彼らの多くが最初にすべきことをして実際にこのドキュメントを読んで、関係者全員の時間を節約できるでしょう。

ユーザーガイド

スプレッドシートをインタラクティブなチャートまたはグラフに変換したり、スプレッドシート以外のドキュメントを埋め込んだり、[gdoc key=""] WordPressショートコードを使用してテーブルのHTMLをカスタマイズしたりできます。必要なパラメータはkey、だけです。これは、取得するドキュメントを指定します。追加の属性はすべてオプションです。

Googleスプレッドシート

適切な共有設定を保存した後、Googleスプレッドシートを表示するために使用するURLをブラウザのアドレスバーからショートコードにコピーします。たとえば、でスプレッドシートを表示するにhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/ABCDEFG/edit#gid=123456は、WordPressの投稿またはページで次のショートコードを使用します。

[gdoc key="https://docs.google.com/spreadsheets/d/ABCDEFG/edit#gid=123456"]

CSVファイル

CSVファイルの使用は、Googleスプレッドシートと同じように機能します。をkeyファイルのURLに設定して、HTMLテーブルとして表示します。

[gdoc key="http://example.com/research_data.csv"]

HTMLテーブル

作成されるHTMLテーブルのカスタマイズは簡単です。例えば、テーブルのを供給するためのtitle<caption>およびカスタマイズされたclass値は、次の操作を実行できます。

[gdoc key="ABCDEFG" class="my-sheet" title="Tooltip text displayed on hover"]This is the table's caption.[/gdoc]

上記のショートコードは、次のようなHTMLを生成します。

<table id="igsv-ABCDEFG" class="igsv-table my-sheet" title="Tooltip text displayed on hover">
    <caption>This is the table's caption.</caption>
    <!-- ...rest of table code using spreadsheet data here... -->
</table>

デフォルトでは、すべてのテーブルがjQuery DataTablesで段階的に拡張され、テーブル表示自体に並べ替え、検索、およびページ付け機能が提供されます。特定のテーブルにこの機能を含めないようにする場合no-datatables classは、ショートコードでを使用します。例えば:

[gdoc key="ABCDEFG" class="no-datatables"]

データ内のWebアドレスと電子メールアドレスはリンクに変換されます。これにより問題が発生する場合は、ショートコードの属性に指定するnoことで、この動作を無効にできlinkifyます。例えば:

[gdoc key="ABCDEFG" linkify="no"]

各テーブルは、ショートコード属性を使用してテーブルごとにカスタマイズすることも、プラグインの設定画面を使用してサイト全体でグローバルにカスタマイズすることもできます。テーブルのヘッダー、列をフリーズしたり、ページネーションの長さを制御したりできます。サポートされているカスタマイズ属性の完全なリストについては、「その他の注意事項」セクションを参照してください。

チャート

GoogleスプレッドシートまたはCSVファイルのデータは、インタラクティブなグラフでグラフ化できます。データをグラフとして視覚化するには、chart属性をショートコードに追加し、サポートされているグラフの種類を指定します。あなたが作ることができます:

たとえば、各チームが獲得したゴールを記録するスポーツリーグのデータがある場合(最初の列はチーム名、2番目の列はチームの合計ゴール)、オプションのタイトルを使用して棒グラフを作成できます。このようなショートコードを使用してそのデータから:

[gdoc key="ABCDEFG" chart="Bar" title="Total goals per team"]

色など、さまざまなオプションを使用してグラフをカスタマイズできます。たとえば、スライスにデータの値のラベルが付いた3Dの赤と緑の円グラフを作成するには、次のようにします。

[gdoc key="ABCDEFG" chart="Pie" chart_colors="red green" chart_dimensions="3" chart_pie_slice_text="value"]

Googleクエリを使用したデータの前処理

Google Charts APIクエリ言語クエリをショートコードのquery属性に渡すことで、GoogleスプレッドシートまたはCSVファイルからデータを取得する前に前処理することができます。これにより、リレーショナルデータベーステーブルであるかのように、GoogleスプレッドシートまたはCSVファイルのデータを操作できます。たとえば、ウェブサイトで最も多くのゴールを獲得したチームを表示したい場合は、このようなショートコードを使用してGoogleスプレッドシートにクエリを実行し、チーム名が最初の列(列A)である最高スコアのチームを表示できます。そのチームのスコアは2番目の列(列B)です:

[gdoc key="ABCDEFG" query="select A where max(B)"]

クエリは、スプレッドシートに多くの異なるグラフを作成できる複雑なデータが含まれている場合にも役立ちます。これにより、インタラクティブなグラフの作成に使用するスプレッドシートの部分のみを選択できます。

MySQLデータベースの使用

管理者がプラグインの設定画面でSQLクエリオプションを有効にした後、特権ユーザーは、有効なMySQLステートメントとともにショートコードwordpresskey属性にキーワードを指定することでWordPressデータベースからデータを取得することもできます。これは、他のプラグインがWebサイトのデータベースに保存している情報や、WordPress自体が保持している情報を表示するのに役立ちます。SELECT

たとえば、現在のブログのユーザー登録日の表を表示するには、次のようにします。

[gdoc key="wordpress" query="SELECT display_name AS Name, user_registered AS 'Registration Date' FROM wp_users"]

リモートMySQLデータベースには、MySQL接続URLに有効なアクセス資格情報を指定してアクセスすることもできます。たとえばinventory、MySQLサーバーによってホストされているデータベースの価格を、パスワードとserver.example.com同じようにログインし、在庫のあるアイテムを照会して表示するには、次のようにします。userpassword

[gdoc key="mysql://user:[email protected]/inventory" query="SELECT sku AS 'Item No.', product_name AS Product, price AS Price WHERE in_stock=TRUE"]

Google Apps Script WebAppsの使用

また、Google Apps Script WebアプリのURLエンドポイントを指定して、そのアプリから出力を取得し、WordPressの投稿またはページに直接挿入することもできます。これはGoogleスプレッドシートとまったく同じように機能するため、この機能を使用してWordPressサイトに任意のデータを表示できます。

たとえば、ポッドキャストのファンが質問を書くためのGMailアカウントを維持していて、これらの電子メールの情報をWebサイトに自動的に表示したいとします。Gmailのフィルタラベルを使用すると、Google Apps Scriptを介してこれらのメールにアクセスできます。このスクリプトは、メールを読み取り、さまざまなラベルのメールメッセージの数をカウントし、そのカウントをHTMLリストフラグメントとして返します。そのGoogleApps ScriptをWebアプリとしてデプロイし、そのURLをgdocショートコードに指定します。

[gdoc key="https://script.google.com/macros/s/ABCDEFG/exec"]

これで、リスナーから電子メールで新しい質問を受信するたびに、Webサイトが自動的に更新されます。

他のドキュメントの埋め込み

オンラインで任意のファイルのURLを指定して、そのファイルのプレビューをブログにロードすることもできます。これを行うには、ファイルのURLを次のように指定しますkey

[gdoc key="http://example.com/my_final_paper.pdf"]

あなたのプレビュー表示方法を微調整するには、使用することができwidthheightまたはstyle属性:

[gdoc key="http://example.com/my_final_paper.pdf" style="min-height:780px;border:none;"]

もしこのプラグインのような場合は、ご検討ください寄付作るプラグインの使用のためにMeitarのWeb開発本の一つを購入するに直接貢献し、いっそのこと、またはMeitarのCyber​​busking基金。(ロイヤルティの発行は、以前の儲かる収入ではありませんよね?)あなたのサポートに感謝します!

ショートコード属性のドキュメント

このプラグインはgdoc、ショートコード属性の組み合わせを通じて多くのことを実行できる1つのショートコード()を提供します。すべての属性には値が必要です。これらの属性とそれらの認識された値は、ここに記載されています。

  • key –取得するドキュメントを指定します。
    • 必須すべてのgdocショートコードには、1つだけのkey属性が必要です。(他のすべての属性はオプションです。)
    • key 次の6つのタイプのいずれかになります。
      • 公開されているGoogleスプレッドシートの完全修飾URL。 [gdoc key="https://docs.google.com/spreadsheets/d/ABCDEFG/htmlview#gid=123456"]
      • Google Apps ScriptWebアプリの完全修飾URL。 [gdoc key="https://script.google.com/macros/s/ABCDEFG/exec"]
      • 次のようなCSVデータを生成するCSVファイルまたはWebサービスエンドポイントの完全修飾URL [gdoc key="http://viewportsizes.com/devices.csv"]
      • Web上のドキュメントの完全修飾URL。PDF、DOC、XLS、およびGoogleドキュメントビューアでサポートされているその他のファイル形式は、次のようなビューアを使用してレンダリングされます。[gdoc key="http://example.com/my_final_paper.pdf"]
      • wordpress現在のブログのデータベースに対してSQLクエリを作成するためのキーワード。[gdoc key="wordpress" query="SELECT * FROM custom_table"]
      • 次のような任意のMySQLサーバーに対してSQLクエリを実行するためのMySQL接続URL [gdoc key="mysql://user:[email protected]:12345/database" query="SELECT * FROM custom_table"]
  • chart–Googleスプレッドシートのデータを表ではなくグラフとして表示します。有効な値は次のとおりです。
    • AnnotatedTimeLine
    • Annotation
    • Area
    • Bar
    • Bubble
    • Candlestick
    • Column
    • Combo
    • Gauge
    • Geo
    • Histogram
    • Line
    • Pie
    • Scatter
    • Stepped
    • Timeline
  • class–オプションのカスタムHTMLclass値またはスペースで区切られた値のリスト。次のクラス名は特別に扱われます。
    • no-datatables すべてのDataTables機能を非アクティブ化します。
    • no-responsiveDataTablesのレスポンシブ機能のみを非アクティブ化します。
    • FixedHeaderまたはその同義語であるFixedHeader-top、は、<thead>垂直方向にスクロールしながら、テーブルヘッダー(そのコンテンツ)をウィンドウの上部にフリーズします。
    • FixedHeader-footer<tfoot>垂直方向にスクロールしながら、テーブルフッター(そのコンテンツ)をウィンドウの下部にフリーズします。
    • FixedHeader-leftまたはFixedHeader-right、水平方向にスクロールしながら、テーブルの左端または右端の列をフリーズします。(datatables_scroll_x="true"水平スクロールを有効にするには、ショートコードも設定する必要があります。)
    • FixedColumns-left-Nまたは、テーブルFixedColumns-right-Nの左端または右端のN列をそれぞれフリーズします。たとえば、class="FixedColumns-left-3"左端の3つの列をフリーズします。
  • csv_headers-使用している場合かどうかは、GoogleスプレッドシートのCSVエクスポートで、テキストヘッダを含めますquerychart。(デフォルト:0、これはそれらを除外することであり、これはグーグルのデフォルトと同等です。1それらを含めるために使用します。)
  • expire_in–応答をキャッシュする時間(秒単位)。これを0に設定すると、永久にキャッシュされます。(デフォルト:600、これは10分です。)
  • footer_rows–出力の<tfoot>要素に配置する後続行の数を指定する数値。(デフォルト:0。)
  • header_cols<th>要素を使用して書き込む列セルの数を指定する数値。(デフォルト:0。)
  • header_rows–出力の<thead>要素に配置する先行行の数を指定する数値。(デフォルト:1。)
  • height–含まれているHTML要素の高さ。テーブルはこれを無視し、style代わりに使用します。(デフォルト:自動的に計算されます。)
  • http_opts–のように、WordPress HTTPAPIに渡すオプションを表すJSON文字列[gdoc key="ABCDEFG" http_opts='{"method": "POST", "blocking": false, "user-agent": "My Custom User Agent String"}']
  • lang–スプレッドシートのコンテンツの人間の言語を宣言するISO639言語コード。たとえばnl-NL、コンテンツがオランダ語であることを宣言するために使用します。(デフォルト:サイトのグローバル言語設定。)
  • linkify–URLやメールアドレスなどを自動的にクリック可能なリンクに変換するかどうか。noこの動作を無効にするには、に設定します。(デフォルト:true。)
  • query–データソースがGoogleスプレッドシートまたはCSVファイルの場合はGoogleクエリ言語クエリSELECT、データソースがMySQLデータベースの場合はSQLステートメント。注: WordPress HTMLパーサーの混乱を避けるために、クエリの矢印ブラケット(<>)はURLエンコード(%3Cおよび%3E)する必要があります。(デフォルト:なし)
  • strip–結果のHTMLテーブルから除外する主要なデータソース行の数。(デフォルト:0。)
  • style–含まれているHTML要素に適用されるインラインCSSルール。たとえば、テーブルに固定の高さを設定するには、を使用します[gdoc key="ABCDEFG" style="height: 480px;"]。(デフォルト:なし)
  • summary-情報の簡単な説明が表示されたため、属性結果のHTMLの。HTML5で書かれたWebページはこれを使用すべきではありません。代わりに表のキャプションを使用してください。(デフォルト:なし)summary<table>
  • title–データの視覚化またはテーブルのオプションのタイトル。これは通常、ユーザーがテーブルにカーソルを合わせるか、グラフの見出しとして表示されるときに、ツールチップとしてWebブラウザに表示されます。(デフォルト:なし)
  • use_cache–スプレッドシートデータをキャッシュするかどうか。これをnoに設定すると、そのショートコード呼び出しのキャッシュが無効になります。(デフォルト:true。)
  • width–含まれているHTML要素の幅。テーブルはこれを無視し、style代わりに使用します。(デフォルト:100%。)

チャートのカスタマイズオプション

グラフのカスタマイズオプションを使用するには、chart属性を含めてグラフの種類も選択する必要があります。

構成可能なチャートオプションの属性完全なリストは以下のとおりです。使用しているグラフの種類については、Googleのグラフギャラリーのドキュメントを参照して、どのグラフの種類がどのグラフオプションをサポートしているかを確認してください。

  • chart_aggregation_target
  • chart_all_values_suffix
  • chart_allow_html
  • chart_allow_redraw
  • chart_animation
  • chart_annotations
  • chart_annotations_width
  • chart_area_opacity
  • chart_avoid_overlapping_grid_lines
  • chart_axis_titles_position
  • chart_background_color
  • chart_bars
  • chart_bubble
  • chart_candlestick
  • chart_chart_area
  • chart_color_axis
  • chart_colors
  • chart_crosshair
  • chart_curve_type
  • chart_data_opacity
  • chart_dataless_region_color
  • chart_date_format
  • chart_default_color
  • chart_dimensions
  • chart_display_annotations
  • chart_display_annotations_filter
  • chart_display_date_bar_separator
  • chart_display_exact_values
  • chart_display_legend_dots
  • chart_display_legend_values
  • chart_display_mode
  • chart_display_range_selector
  • chart_display_zoom_buttons
  • chart_domain
  • chart_enable_interactivity
  • chart_enable_region_interactivity
  • chart_explorer
  • chart_fill
  • chart_focus_target
  • chart_font_name
  • chart_font_size
  • chart_force_i_frame
  • chart_green_color
  • chart_green_from
  • chart_green_to
  • chart_h_axes
  • chart_h_axis
  • chart_height
  • chart_highlight_dot
  • chart_interpolate_nulls
  • chart_is_stacked
  • chart_keep_aspect_ratio
  • chart_legend
  • chart_line_width
  • chart_magnifying_glass
  • chart_major_ticks
  • chart_marker_opacity
  • chart_max
  • chart_min
  • chart_minor_ticks
  • chart_number_formats
  • chart_orientation
  • chart_pie_hole
  • chart_pie_residue_slice_color
  • chart_pie_residue_slice_label
  • chart_pie_slice_border_color
  • chart_pie_slice_text
  • chart_pie_slice_text_style
  • chart_pie_start_angle
  • chart_point_shape
  • chart_point_size
  • chart_red_color
  • chart_red_from
  • chart_red_to
  • chart_region
  • chart_resolution
  • chart_reverse_categories
  • chart_scale_columns
  • chart_scale_format
  • chart_scale_type
  • chart_selection_mode
  • chart_series
  • chart_size_axis
  • chart_slice_visibility_threshold
  • chart_slices
  • chart_table
  • chart_theme
  • chart_thickness
  • chart_timeline
  • chart_title_position
  • chart_title_text_style
  • chart_tooltip
  • chart_trendlines
  • chart_v_axes
  • chart_v_axis
  • chart_width
  • chart_wmode
  • chart_yellow_color
  • chart_yellow_from
  • chart_yellow_to
  • chart_zoom_end_time
  • chart_zoom_start_time

DATATABLESのカスタマイズオプション

DataTablesのカスタマイズオプションを使用するには、no-datatablesクラスを指定しないでください。

コアDataTablesカスタマイズ属性完全なリストは以下のとおりです。特定の各オプションの詳細については、DataTablesオプションリファレンスを参照してください。

  • datatables_auto_width
  • datatables_defer_render
  • datatables_info
  • datatables_j_query_UI
  • datatables_length_change
  • datatables_ordering
  • datatables_paging
  • datatables_processing
  • datatables_scroll_x
  • datatables_scroll_y
  • datatables_searching
  • datatables_server_side
  • datatables_state_save
  • datatables_ajax
  • datatables_data
  • datatables_defer_loading
  • datatables_destroy
  • datatables_display_start
  • datatables_dom
  • datatables_length_menu
  • datatables_order_cells_top
  • datatables_order_classes
  • datatables_order
  • datatables_order_fixed
  • datatables_order_multi
  • datatables_page_length
  • datatables_paging_type
  • datatables_renderer
  • datatables_retrieve
  • datatables_scroll_collapse
  • datatables_search_cols
  • datatables_search_delay
  • datatables_search
  • datatables_state_duration
  • datatables_stripe_classes
  • datatables_select
  • datatables_tab_index
  • datatables_column_defs
  • datatables_columns

上記に加えて、以下の含まれているDataTables拡張機能は、これらの追加のショートコード属性を使用してカスタマイズできます。

プラグインフック

このセクションでは、プラグインが実装するフックについて説明します。他のプラグインまたはテーマの開発者は、コードでこれらを使用して、このプラグインの動作方法をカスタマイズできます。

フィルタ

  • gdoc_table_html– HTML<table>要素に変換された後、データソースのデータをフィルタリングします。
    • このフィルターの最も一般的な使用法はhtml_entity_decode()、データソースに表示される生のHTMLを含めることを許可することです。これにより、などの画像を参照するスプレッドシートのセル<img src="https://example.com/my-image.png" alt="" />が表示されます。ただし、データソースが悪意のあるユーザーによって編集可能である場合、これは簡単に悪用され、セキュリティリスクと見なされます。作者はここで注意を強く勧め、この機能が絶対に必要であると絶対に確信できない限り、これを行わないことをお勧めします。より安全な手法は、元のデータソース(my-image.png)に画像のファイル名のみを含めてから、フィルター関数を記述してセルのデータの値をベースURLに追加し、HTMLに埋め込まれたオブジェクトのソースを制御できるようにすることです。ページ。セキュリティの脆弱性は深刻ですので、WordPressサポートフォーラムをご利用ください コードが安全かどうかわからない場合。
    • このフィルターのもう1つの関連する使用例は、データソースに存在するWordPressショートコードを実行時に評価できるようにすることです。そのユースケースの簡単な説明については、このスレッドを参照してください。ただし、これも問題になる可能性があり、使用されているショートコードがページの破損などの問題を引き起こさないことが確実でない限り、推奨されません。ほとんどのショートコード関数はHTML内にあることを想定していないため<table>です。
    • このフィルターは、HTML変換が完了した直後、ただしそのHTMLが関数を介して処理される前に実行されますmake_clickable()。これは、linkifyshortcode属性の値が、フィルター関数に関係なく、shortcode呼び出しの最終的な出力に影響を与えることを意味します。また、自分自身を呼び出さないでmake_clickable()ください。
  • gdoc_viewer_html–上記と同じ<iframe>ですが、Google DocsViewerをロードするに適用されます。このフィルターを使用して、たとえば、ユーザーのブラウザーが<iframe>要素をサポートしていない場合にフォールバックコンテンツをカスタマイズします。
  • gdoc_webapp_html–上記と同じですが、Google Apps Script WebAppのHTTP応答本文に適用されます。このフィルターを使用して、たとえば、WordPress投稿のフィルター処理the_contentと同様に、GASWebアプリから返されるコンテンツをカスタマイズします。最初の引数は、リクエストのHTTPレスポンスボディです。2番目の引数は、ショートコードの現在の呼び出しに渡されるすべての属性とその値の配列です。
  • gdoc_query–クエリ言語クエリをフィルタリングします。最初の引数は、query属性に指定された文字列、またはfalseクエリが指定されていない場合です。2番目の引数は、ショートコードの現在の呼び出しに渡されるすべての属性とその値の配列です。
    • このフィルタの一般的な使用例は、現在のユーザーのメールアドレスやユーザー名などの動的に生成されたコンテンツを使用して、Googleスプレッドシートなどのデータソースにクエリを実行することです。
  • gdoc_enqueued_front_end_styles$handle => array(...)に渡すパラメーターを表す形式の配列wp_enqueue_style()。このフィルターを使用すると、unset()スタイルシートを使用して、プラグインがそれらをキューに入れないようにすることができます。これを使用して、不要であることがわかっているスタイルシートを削除して、サイトのパフォーマンスを微調整します。
  • gdoc_enqueued_front_end_scripts$handle => array(...)に渡すパラメーターを表す形式の配列wp_enqueue_script()。このフィルターを使用すると、unset()JavaScriptスクリプトを使用して、プラグインがスクリプトをキューに入れないようにすることができます。これを使用して、不要であることがわかっているスクリプトを削除して、サイトのパフォーマンスを微調整します。

登録されたスクリプトとスタイルシートのハンドル

このプラグインは、静的に定義されたテーブル(つまり、リモートデータソースから自動的に生成されないテーブル)を拡張できるようにするために、無条件に多数のスクリプトをロードします。パフォーマンス上の理由から、一部のサイト管理者はこれらのスクリプトをすべてのページにロードしないことを好みます。そのため、gdoc_enqueued_front_end_*フィルターを使用して関連するハンドルを持つスクリプトを削除することにより、このプラグインが追加するスクリプトまたはスタイルシートを選択的にデキューできます。登録されているハンドルはここにリストされています。

スクリプト

  • jquery-datatables
  • datatables-buttons
  • datatables-buttons-colvis
  • datatables-buttons-print
  • pdfmake
  • pdfmake-fonts
  • jszip
  • datatables-buttons-html5
  • datatables-select
  • datatables-fixedheader
  • datatables-fixedcolumns
  • datatables-responsive
  • igsv-datatables
  • google-ajax-api
  • igsv-gvizcharts

スタイルシート

  • jquery-datatables
  • datatables-buttons
  • datatables-select
  • datatables-fixedheader
  • datatables-fixedcolumns
  • datatables-responsive

インストール

  1. 解凍したinline-google-spreadsheet-viewerフォルダを/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロードします。
  2. WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブにします。
  3. [gdoc key="ABCDEFG"]Googleスプレッドシートを挿入する場所には、ショートコードを使用してください。

要件

  • PHP5.3以降が必要です。

プラグインの作者

Meitar Moscovitz

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/inline-google-spreadsheet-viewer/
インラインGoogleスプレッドシートビューアプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す