Google Analyticsのゲルマン化(GDPR / DSGVO) | Pascal Bajorat
Google Analyticsのゲルマン化(GDPR / DSGVO)

Google Analyticsのゲルマン化(GDPR / DSGVO) | Pascal Bajorat

説明

Google Analyticsは、EU法(GDPR / DSGVO)を尊重するように事前構成されており、広範な追跡の可能性のために多くの高度な分析設定を備えています。

このプラグインを使用して、データ保護に準拠したEU法に準拠したGoogleAnalyticsを統合できます。このために必要なのは、Google AnalyticsIDを一般設定に入れることだけです。その他の設定(AnonymizeIPなど)はそれに応じて事前構成されており、必要な場合または拡張が必要な​​場合にのみ変更する必要があります。

プライバシーに準拠した統合を行うには、プライバシーポリシーでのGoogleAnalyticsの使用を明確にする必要があります。さらに、GoogleAnalyticsのオプトアウトの可能性を作成する必要があります。オプトアウトには、一般的なタブのポイント3で説明されているショートコードを使用できます。

詳細設定では、GoogleAnalyticsの機能を有効にすることができます。対応する情報は設定で見つけることができます。

ゲルマン化されたGOOGLEANALYTICSの機能

  • 簡単なGoogleAnalyticsの統合UAIDのみが必要であり、その他はすべて事前構成されています
  • EU法を尊重するように事前設定
  • EUのCookie法に対するCookieの同意の統合
  • Googleサイトタグおよびユニバーサルアナリティクスコードと互換性があります(それはあなたの選択です)
  • GoogleAnalyticsオプトアウトリンクプライバシーポリシーのショートコード
  • Google Analyticsの統合を無効にすることができ、オプトアウトをスタンドアロン機能として使用できます(他のGoogle Analyticsプラグインと互換性があります)
  • eRecht24で生成されたオプトアウトリンクと互換性があります
  • 匿名化IPは統合されており、デフォルトで有効になっています
  • 人口統計および関心レポート
  • アウトバウンドリンク追跡
  • 強化されたリンクアトリビューション
  • カスタムコード統合
  • 「追跡しない」ヘッダーのサポート
  • WPMLサポート

ご質問や問題がございましたら、私にご連絡ください:Pascal Bajorat(Bajorat Media)–ベルリンのWebデザイナーおよびWordPress開発者

プラグインは、私たちの知識と信念の範囲内で開発されました。ただし、実装の法的確実性は保証されません。

ライセンス

GNU General Public License v.3 – http://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0.html

インストール

  1. 完全なディレクトリを/ wp-content / plugins /にアップロードします
  2. WordPressバックエンドの「プラグイン>インストール済みプラグイン」を使用してプラグインをアクティブ化します
  3. 「設定」と「GoogleAnalytics」に移動してプラグインを構成します

プラグインの作者

Pascal Bajorat

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/ga-germanized/
Google Analyticsのゲルマン化(GDPR / DSGVO)プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す