スラッシュ管理者 | Giorgos Sarigiannidis
スラッシュ管理者

スラッシュ管理者 | Giorgos Sarigiannidis

説明

Slash Adminは、ほとんどのWebサイトでおそらく必要となるいくつかの一般的な機能を収集します。プラグインを使用すると、WordPress Webサイトのさまざまなオプションを変更でき、テーマを切り替えてもアクティブな状態を維持し、ユーザーと編集者にとってより使いやすい管理パネルを作成できます。
特徴
フロントエンド

静的スプラッシュページを指すオプション。
メールアドレスの文字をHTMLエンティティに変換してスパムボットをブロックするオプション。
EU Cookie法の同意メッセージを表示します(利用可能なオプションについてはスクリーンショットを確認してください)。 v.3.0以降、言語ごとに異なるメッセージのWPMLもサポートしています。
ページが完全に読み込まれると非表示になる「読み込み中」のアニメーションを追加します
パフォーマンスとプライバシーを向上させるためにローカルにロードするオプションを使用して、独自のGoogleWebフォントをキューに入れます
アーカイブタイトルの前にある「Category:」という単語を削除します(通常、テーマでthe_archive_title()を使用する場合に必要です)。
ページに抜粋サポートを追加します。
ウィジェットでのショートコードの使用を有効にします。
古いバージョンのInternetExplorer(IE8以前)のユーザーに警告を表示します。はい、残念ながら、Internet Explorer8を使用している人はまだいます…

管理

Googleアナリティクスのトラッキングコードを挿入します(将来テーマを切り替える場合に備えて、再入力を覚えておく必要がないため)
選択した管理者以外のすべてのユーザーからサイトの状態を非表示にする
選択した管理者以外の全員からACFオプションを非表示にする
WordPress 5.2以降、プラグインまたはテーマがサイトで致命的なエラーを引き起こしたことを検出し、この自動化された電子メールで通知する組み込み機能があります。デフォルトでは、管理者の電子メールに送信されます。 Slash Adminを使用すると、オーバーライドできます(必要に応じて複数の受信者を追加することもできます)
WordPressが投稿ごとに保持するリビジョンの数を制限します(データベースをクリーンに保ちます)
設定された期間後の投稿の更新と削除を防止します。多くの編集者がいる場合、または編集者のアカウントが侵害されている場合に、投稿にスパムコードを追加すると便利です(古い投稿の編集を禁止することで被害を制限します)
Jetpack開発モードを有効にする
Jetpack共有などのボタンを移動する
メンテナンスモード。オンにすると、管理者以外のユーザーはWordPressバックエンドにアクセスできなくなり、代わりにカスタマイズ可能なメッセージが表示されます。 Webサイトのメンテナンス作業を実行したいが、終了する前に編集者がコンテンツを追加または変更したくない場合に便利です。管理者は影響を受けず、いつでも通常どおりログインできます。

ログイン画面

WordPressのログイン画面でカスタムロゴを追加します
ログイン画面のロゴ(カスタムまたはデフォルト)をwordpress.orgではなくWebサイトのホームページにリンクする
ログイン後、ユーザーのプロフィールページではなくホームページにリダイレクトします
管理者を除くすべてのユーザーの管理バーを無効にします。フロントエンドにのみ適用されます。ログインしたユーザーだけにサイトを表示したいが(開発段階など)、ダッシュボードにアクセスしたり、管理バーと混同したりしたくない場合に便利です。
ログイン画面にカスタムCSSを追加して、外観を完全に変更します

非管理者

管理者以外の場合は、[管理者]メニューから不要なオプションを非表示にします(編集者が現在のWebサイトにとって意味のないオプションに圧倒されないようにします)。
タグとカテゴリを無効にする
管理者以外から特定のページを非表示にします。たとえば、編集者が静的なフロントページ、ブログページ、またはページテンプレートとして使用するページにアクセスできないようにする場合があります。
編集者がメニューとウィジェットを管理し、以前は管理者のみがアクセスできた他の外観設定にアクセスできるようにします(たとえば、クライアントにWebサイトのメニューを変更するオプションを提供したいが、管理者にすることは避けたい場合があります)。
管理者以外のすべてのユーザーのWordPressおよびその他のプラグインの更新に関する通知を非表示にします(クライアントがそれらの通知と混同し、Webサイトに問題があると考える場合があります)。

ホワイトラベルバックエンド

管理者の右上隅にある「Howdy」メッセージを変更します(バックエンドとログインしたフロントエンドの両方)
管理者でデフォルトのフッターテキストを変更する
管理バーの左上隅にあるWordPressロゴを独自のロゴ(バックエンドとログインしたフロントエンドの両方)に置き換えます
ダッシュボードのデフォルトのウェルカムメッセージを独自のものに置き換えます
ダッシュボードウィジェットを追加して、一般的または商業的な情報をクライアントに提供します(例:連絡先情報またはサポートドキュメントへのリンク)
管理領域用に独自のカスタムCSSを追加します

パフォーマンス

絵文字を無効にする
フロントエンドからwp-embedスクリプトを無効にするか、条件付きでロードします
DNSプリフェッチは、ブラウザができるだけ早くDNSを解決できるように、特定のURL(Webサイトのドメイン外)から後で必要になるアセットがあることをクライアントに通知します。
リンクの先読みと事前レンダリング。リンクの先読みはブラウザのメカニズムであり、ブラウザのアイドル時間を利用して、ユーザーが近い将来アクセスする可能性のあるドキュメントをダウンロードまたはプリフェッチします。 Webページは、ブラウザに一連のプリフェッチヒントを提供し、ブラウザがページの読み込みを完了すると、指定されたドキュメントのプリフェッチをサイレントに開始し、それらをキャッシュに保存します。ユーザーがプリフェッチされたドキュメントの1つにアクセスすると、ブラウザのキャッシュからすばやく提供されます。事前レンダリングは、ページ全体をダウンロードしてレンダリングし、要求されるまでユーザーから非表示にするため、注意して使用する必要があります。

ショートコード

投稿に手動でメールアドレスを含める場合は、メールハーベスターを「だます」ためにそれらを偽装することを検討する必要があります(詳細についてはFAQを確認してください)。
クリック可能な方法で電話番号を表示します。クリックすると、モバイルデバイスを使用している場合は電話のダイヤラーが開き、デスクトップコンピューターを使用している場合は、関連するプログラム(Skypeなど)を介して電話をかけるように求められます。
ローカルホストまたは一時的なURLでサイトを開発する場合は、投稿やページ内の絶対URLを避けたい場合があります。そうすれば、実際のドメインに移行した後にリンクを更新する必要はありません(詳細についてはFAQを確認してください)。

開発機能

var_dump()の代わりにslash_dump()を使用すると、読みやすくするために、出力が

 タグでラップされます。 slash_admin_dump()は同じことを行いますが、今回のみ出力は管理者にのみ表示されます(ライブサイトをデバッグする場合に便利です)。
サイトがオンエアでデバッグモードがまだオンの場合、およびサイトがローカルホスト上にありデバッグモードがオフの場合に警告を表示します。また、ウェブサイトが放送中で、検索エンジンから非表示にすることを選択した場合は、警告を表示します。

通知
Slash Adminは、次の通知を表示します。

過去15分間にログインしたユーザーのリスト(明らかにあなたを除く)
デバッグモードが有効になっている場合の警告(開発時には有効にする必要がありますが、サイトが稼働するときには無効にしてください)
あなたのサイトが検索エンジンから隠されているときの警告

インストール

SlashAdminプラグインをWordPressプラグインディレクトリにアップロードしてアクティブ化します。
ツール/スラッシュ管理に移動し、お好みのオプションを設定します。

プラグインの作者

Giorgos Sarigiannidis

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/slash-admin/
スラッシュ管理者プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す