GeneralStats | Dr. Bernhard Riedl
GeneralStats

GeneralStats | Dr. Bernhard Riedl

説明

GUIまたは手動で構成可能な完全設定ページ
統合が簡単(マルチ/サイドバーおよびダッシュボードウィジェット機能が付属)
「今すぐ」ボックスに統合したり、ダッシュボードにウィジェットとして表示したりすることができます
キャッシングテクノロジーとカスタマイズ可能なメモリ使用量で高性能
他のプラグインのアクション(トリガー)を介したキャッシュパージメカニズム
jQueryによるオプションのAjaxリフレッシュ
https / SSL / TLSサイトと完全に互換性があります

統計-電子メールで更新
開発者向けのAPI
完全にマルチサイトネットワーク互換
クリーンアンインストール

WordPressのバージョンを見つけてください

ここで3.8以上

ここで3.3から3.7

ここで2.8から3.2

ここで2.3から2.7

2.1と2.2はこちら

マイナー2.1はこちら

プラグインのウェブサイト:https://www.bernhard-riedl.com/projects/
著者のウェブサイト:https://www.bernhard-riedl.com/
注意! –先のオタクのもの! ?
API
GeneralStats 2.00以降では、関数呼び出しを使用して、ページのさまざまな位置に個々の統計(-ブロック)を表示できます。
パラメータは、配列またはURLクエリタイプ文字列として渡すことができます(例:「display = 0&format = 0」)。 WordPressはすべての引数を文字列として解析するため、クエリタイプの文字列で使用する場合はブール値を0または1にする必要がありますが、配列の場合は実際のブール値を使用する必要があります。さらに、query_stringでさまざまな統計を選択するには、プレフィックスstats_を使用する必要があります。 –例:stat_0 = Community&stat_12 = PagesWord-Count。
関数$ generalstats-> count($ params = array())
$ params:

stat:次のリストのstat-id

0 =>「ユーザー」
1 =>「カテゴリ」
2 =>「投稿」
3 =>「コメント」
4 =>「ページ」
5 =>「リンク」
6 =>「タグ」
7 =>「リンク-カテゴリ」
10 =>「Words_in_Posts」
11 =>「Words_in_Comments」
12 =>「Words_in_Pages」

1000s_separator:カウントを1000個の区切り文字で除算します。デフォルト、=>例: 1,386,267

表示:この関数呼び出しでエコーするのではなく、統計情報(変数に格納するためなど)を返したい場合は、これをfalseに設定します。デフォルト設定はtrueです

format_container:このオプションを使用して、スパンコンテナをcssでフォーマットできます。クラススタイル自体を変更できない場合にのみ、個々の形式を提供するために使用する必要があることに注意してください。

no_refresh:trueに設定すると、管理メニューでAjax更新を有効にした場合でも、GeneralStatsはAjax-Refreshコードを生成しません。

次の例では、投稿タグの数を出力します。
<?php グローバル$ generalstats; $ generalstats-> count( ‘stat = 6’);

?>

関数$ generalstats-> output($ params = array())
$ params:

stat_selected:この配列は、選択された統計のIDをキーとして保持し、

説明

を配列値として保持する必要があります。 6 => ‘ポストタグ’;管理メニューで選択した統計へのフォールバック

0 =>「ユーザー」
1 =>「カテゴリ」
2 =>「投稿」
3 =>「コメント」
4 =>「ページ」
5 =>「リンク」
6 =>「タグ」
7 =>「リンク-カテゴリ」
10 =>「Words_in_Posts」
11 =>「Words_in_Comments」
12 =>「Words_in_Pages」

before_list:デフォルト

    after_list:デフォルト

    format_stat:デフォルトの

  • %name %count 、%name、および%countは、stat-entryの属性に置き換えられます

    1000s_separator:数値を千の区切り文字で除算します。デフォルト、=>例: 1,386,267

    use_container:true(デフォルト値)に設定され、管理メニューで設定されたものと同じ選択された統計と形式が使用される場合、GeneralStatsは出力をクラスgeneralstats-refreshable-outputでhtmldivにラップします-クラスgeneralstats-outputは他のすべての出力に使用されます。 use_containerをfalseに設定すると、コンテナdivは生成されません

    表示:この関数呼び出しでエコーするのではなく、統計情報(変数に格納するためなど)を返したい場合は、これをfalseに設定します。デフォルト設定はtrueです

    format_container:このオプションを使用して、divコンテナをcssでフォーマットできます。クラススタイル自体を変更できない場合にのみ、個々の形式を提供するために使用する必要があることに注意してください。

    no_refresh:trueに設定すると、管理メニューでAjax更新を有効にした場合でも、GeneralStatsはAjax-Refreshコードを生成しません。

    次の例では、「Community-Members」および「MyPost-Count」というタイトルのユーザーと投稿数を出力します。
    <?php グローバル$ generalstats; $ params = array(
    ‘stats_selected’ => array(
    0 => ‘コミュニティ-メンバー’、
    2 => ‘私の投稿数’

    );

    $ generalstats-> output($ params);

    ?>

    ショートコード
    ショートコードのハウツー
    一般的な例:
    投稿またはページの任意の場所に次のテキストを入力して、現在のページ数を表示します。
    私のブログには[generalstats_countstat = 4]ページがあります

    利用可能なショートコード:
    generalstats_output

    $ generalstats-> output($ params)を呼び出します。統計を選択するには、プレフィックスstats_を使用する必要があることに注意してください。 –例:stat_0 = “Community” stat_12 = “Pages Word-Count”
    generalstats_count

    $ generalstats-> count($ params)を呼び出します。
    フィルター
    フィルタのハウツー
    利用可能なフィルター:
    generalstats_defaults

    すべての関数呼び出しでデフォルトのパラメーターを渡すのではなく、グローバルに設定する場合は、generalstats.phpや独自のカスタマイズプラグインなどにフィルターgeneralstats_defaultsを追加できます(推奨)。
    関数呼び出しに渡すパラメーター($ generalstats-> outputまたは$ generalstats-> count)は、フィルターまたは管理メニューで設定されている場合でも、常にデフォルトのパラメーターをオーバーライドすることに注意してください。
    generalstats_dashboard_widget

    $ generalstats-> output($ params)へのdashboard-widget-function呼び出しに使用される配列を受け取ります。 displayとuse_containerは自動的にtrueに設定されます。
    generalstats_dashboard_right_now

    $ generalstats-> output($ params)へのdashboard-right-now-box-function呼び出しに使用される配列を受け取ります。 displayとuse_containerは自動的にtrueに設定されます。
    generalstats_mail_stats_content

    $ generalstats-> output($ params)へのmail-stats-function呼び出しに使用される配列を受け取ります。 displayとuse_containerは自動的にfalseに設定されます。
    利用可能なアクション:
    generalstats_force_cache_refresh_stat

    GeneralStatsの強制キャッシュ更新によってトリガーされます。パラメータとしてstat-idを受け取ります。
    generalstats_force_cache_refresh_stats

    GeneralStatsの強制キャッシュ更新によってトリガーされます。パラメータとしてstat-idsを持つ配列を受け取ります。

インストール

generalstatsディレクトリをWordPressプラグインディレクトリ(通常はwp-content / plugins)にコピーします。ヒント:この手順は、管理メニュー内で実行することもできます。

WordPress管理メニューで[プラグイン]タブに移動し、GeneralStatsプラグインをアクティブにします。

[設定] / [GeneralStats]タブに移動し、必要に応じて統計をカスタマイズします。

ウィジェット機能がある場合は、[外観]メニューのウィジェット領域にGeneralStatsをドラッグアンドドロップするだけです。必要に応じて、関数とショートコードの呼び出しを追加します。

幸せになって祝いましょう! (そして多分あなたはhttps://www.bernhard-riedl.com/projects/へのリンクを追加したいでしょう)

プラグインの作者

Dr. Bernhard Riedl

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/generalstats/
GeneralStatsプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す