Embed Plus for YouTube –ギャラリー、チャンネル、プレイリスト、ライブストリーム | Embed Plus for YouTube Team
Embed Plus for YouTube –ギャラリー、チャンネル、プレイリスト、ライブストリーム

Embed Plus for YouTube –ギャラリー、チャンネル、プレイリスト、ライブストリーム | Embed Plus for YouTube Team

説明

WordPressのYouTube埋め込み、YouTubeギャラリー(チャンネルまたはプレイリスト)、さらにはYouTubeライブストリームやプレミアでさえ、このプラグインを使用してさまざまな方法でカスタマイズできます。最近追加された機能は次のとおりです。

WordPress Gutenbergブロックエディターと互換性があります(クラシックエディターとの下位互換性も維持されます)。グーテンベルクブロックセレクターとグーテンベルククラシックブロックの両方に、YouTubeウィザードボタンが表示されます。グーテンベルクブロックセレクターの場合は、ブロックエディターリストの(+)記号をクリックします。 YouTube Wizardブロックは、「Embeds」カテゴリの下にあります(必ず「YouTubeWizard」を選択してください)。 WordPress Gutenbergブロックエディターを使用してYouTubeビデオ、ギャラリー、またはライブストリームを埋め込む方法の詳細については、こちらをご覧ください>>プラグインは、Elementor、Beaver Builder、SiteOrigin、VisualComposerなどの人気のあるページビルダーとも互換性があります。これらおよびショートコードウィジェットを備えた他のほとんどすべてのページビルダーの場合、プラグインのウィザードでショートコードを作成し、ページビルダーのショートコードウィジェットにコードを埋め込むことで、ビデオ、ギャラリー、ライブストリーム、またはプレミアを埋め込むこともできます。またはテキストウィジェット。
プライバシーと同意– YouTubeのCookieなし、YouTube APIの制限、カスタマイズ可能なGDPR同意メッセージなどのプライバシーとGDPRコンプライアンスオプションの改善
YouTubeギャラリー機能(チャンネルとプレイリスト)–プレイリストとチャンネルの埋め込みを作成する機能にはギャラリーレイアウトがあります。デフォルトでは、プラグインはグリッドベースのレスポンシブプレイリストまたはチャンネルギャラリー>>を生成できます。訪問者は、ビデオサムネイルのページを閲覧し、YouTubeチャンネルまたはプレイリスト全体から取得したビデオから選択できます。
YouTubeギャラリーの自動連続再生–再生リストまたはチャンネルギャラリーを埋め込み、視聴者がサムネイルをクリックしなくても、次々と動画を再生できるようにします
YouTubeライブストリーム– YouTubeチャンネルへのリンクが与えられると、プラグインウィザードは、そのチャンネルでアクティブなライブストリームを自動的に見つけて、ライブストリームを表示します。ライブストリームへの直接リンクを埋め込むこともできます。
YouTubeプレミア–ライブストリーム用に作成したのと同じ方法を使用してプレミア動画を埋め込むこともできます
同時再生制御–訪問者が同じページで同時に別々のビデオを実行できるようにする機能を有効/無効にできます。これは、YouTubeのライブストリームやギャラリーの埋め込みでも機能します。
JavaScriptの延期–ページが読み込まれた後にのみこのプラグインのスクリプトの実行を開始できるようにすることで、ページの初期読み込み時間を改善します。 GTmetrixを使用してテスト済み>>

スクリーンリーダーをサポートするためにタイトル属性を使用することにより、アクセシビリティが向上しました。それはあなたのサイトが機能的アクセシビリティ評価(FAE)に合格するのを助けるはずです。
改善されたajaxテーマのサポート
追加のセキュリティ対策として、各埋め込みコードを含むサイトの発信元情報。 YouTube / Google自身の言葉では、このオプションをオンにすると、「悪意のあるサードパーティのJavaScriptがページに挿入され、YouTubeプレーヤーの制御が乗っ取られるのを防ぐ」ことができます。現在のバージョンのWordPressに付属している組み込みのYouTube埋め込み方法(つまり、oembed)よりも高いセキュリティが追加されるため、特に確認することをお勧めします。
エディターのビジュアルモードとテキストモードの両方に対応する簡単な「挿入」ボタン(YouTubeギャラリーとライブストリームの埋め込みにも使用可能)
YouTubeチャンネル全体を(ギャラリー以外の単一の埋め込みプレーヤー)プレイリストとして埋め込む
再生リスト埋め込みのビデオ設定を開始します。特定の動画で再生リストを開始するか、最後に追加された動画でプラグインを自動的に開始するかを選択できるようになりました。注:YouTubeギャラリーを埋め込む場合、順序はYouTube.comのチャンネルまたは再生リストの順序によって定義されます

ボリュームレベルの初期化–自動再生がチェックされている場合に役立ちます
iOSの再生設定
自動ローカリゼーション/国際化により、プレーヤーのインターフェース言語を英語から別の言語に設定できます
インスタントHTTPSサポート。過去の非HTTPSビデオをHTTPSに変換することもできます。 GoogleがSERPのランキングシグナルとしてHTTPS / SSLサポートを使用していることをご存知ですか?
YouTubeの投稿/ページへの「概要」直接アクセス
1行に複数のビデオを埋め込むためのショートコードのサポート
一般的なプレイリスト埋め込みのサポート
YouTubeプラグイン移行のサポート

[ダウンロード]ボタンをクリックして今すぐ探索を開始するか、以下の概要の詳細をご覧ください。
このプラグインは、YouTubeの埋め込みの複雑さの増大を簡単に管理するのに役立ちます。 YouTube埋め込みプレーヤーの基本的な機能と高度な機能を幅広く提供し、インストール後数秒で動画を投稿できます。
設定ページには、埋め込まれたYouTubeビデオ、ギャラリー、ライブストリームに自動的に適用できるデフォルトのオプションがたくさんあります。

控えめなブランディング–再生中はYouTubeロゴを非表示にします(代わりにYouTube透かしが表示されることに注意してください)
デフォルトですべての注釈をオン/オフにします
すべての動画を自動的に中央揃え
動画の再生を自動的に開始します
ホバリングするまでコントロールを自動非表示
動画をループする
最後に関連動画を表示/非表示
動画のタイトルやその他の情報を表示/非表示にします(YouTube / Googleはこの機能を廃止しました)
ライトテーマを使用する
プレーヤーコントロールの表示/非表示
デフォルトでクローズドキャプションをオン/オフにします
ビデオ、ギャラリー、またはライブストリームをレスポンシブにして、すべての画面サイズ(スマートフォン、PC、タブレット)に動的に収まるようにします。

以下に示すように、リンクにさらに追加することで、各YouTube埋め込みをカスタマイズすることもできます。これらを追加すると、設定した上記のグローバルデフォルトが上書きされます。

width –プレーヤーの幅を設定します。省略した場合、デフォルトの幅はテーマのコンテンツの幅になります。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350」

height –プレーヤーの高さを設定します。省略した場合、これは自動的に計算されます。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350」

自動再生–これを1に設定すると、ビデオが自動再生されます(0に設定すると、ビデオが1回再生されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&autoplay=1」

cc_load_policy –これを1に設定すると、クローズドキャプションがオンになります(または0に設定すると、クローズドキャプションがオフになります)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&cc_load_policy=1」

iv_load_policy –これを3に設定して注釈をオフにします(または1に設定して注釈を表示します)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&iv_load_policy=3」

ループ–これを1に設定すると、ビデオがループします(または、0に設定すると、ループしません)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&loop=1」

modestbranding –これを1に設定すると、再生中にYouTubeロゴが削除されます(または0に設定すると、ロゴが表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&modestbranding=1」

rel –これを0に設定すると、現在のビデオと同じチャネルの関連ビデオのみが表示されます(または、1に設定すると、任意のチャネルのビデオが表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&rel=0」

showinfo –これを0に設定すると、ビデオタイトルやその他の情報が非表示になります(または1に設定すると表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&showinfo=0」(YouTube / Googleはこの機能を廃止しました)
fs –これを0に設定すると、フルスクリーンボタンが非表示になります(または1に設定すると表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&fs=0」

また、特定の時間に個々のビデオを開始および終了することもできます。上記のように、各オプションは「&」で始まる必要があります

start –ビデオを開始する時間(秒単位)を設定します。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350&start=20 “

end –ビデオを停止する時間(秒単位)を設定します。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350&end=100」

YouTubePROについて
この無料バージョンが気に入った場合は、次のような機能を備えた別のProプラグインにアップグレードすることもできます。

完全な視覚的埋め込みウィザード

代替のプレイリストとチャンネルギャラリーのスタイル>>(リストレイアウトとスライダーレイアウト、ポップアップ/ライトボックスプレーヤー、テキストのみのページングのためのサムネイル非表示など)
YouTube.comへの頻繁なリクエストを回避し、ページの読み込みを高速化するためのキャッシュ
自動動画サムネイル画像:少なくとも1つの動画を含む各投稿またはページでは、最初の動画のサムネイルが注目画像として機能します

遅延読み込みYouTube埋め込み>>人目を引く効果とアニメーション

YouTubeライブチャット>>各ライブストリームの埋め込みの一部としてYouTubeライブチャットボックスを含めることで、サイトにインタラクションを追加します。ライブチャットは、スーパーチャットおよびスーパーステッカー機能を使用して視聴者からお金を稼ぐためのオプションでもあることに注意してください。
ビデオSEOの自動タグ付け
Facebookの自動オープングラフタグ付け
削除されたビデオアラート(つまり、Googleは以前に埋め込んだビデオを削除または削除しましたか?)
モバイルの互換性チェック(つまり、埋め込みにサイトのモバイル訪問者の表示をブロックする可能性のある制限があるかどうかを確認します)
さまざまな国からの訪問者があなたの埋め込みを表示することをブロックされたときのアラート
優先サポート

また、削除された動画アラートにアクセスして、後でYouTube.comから削除される埋め込み動画が表示されないようにすることもできます。次のような質問に答えられるように、各埋め込みにビュートラッキングを追加する、埋め込み中心の分析ダッシュボードを取得することもできます。

あなたの訪問者はあなたが投稿したビデオを実際にどれくらい見ていますか?
あなたのサイトのビューアクティビティは、他のサイトと比べてどうですか?
最高のパフォーマンスと最低のパフォーマンスのYouTube埋め込みは、いつ、何を行いますか?
埋め込んだYouTube動画のプロデューサーは、他のサイトやYouTube.comと比較して、視聴回数を自分のサイトにどの程度依存していますか。
他の国でブロックされている動画を埋め込んでいますか?
あなたの訪問者はあなたのサイトのページやギャラリーを削除された/利用できないビデオで見ようとしましたか?

インストール後に詳細を参照してください。楽しい!
YouTube用のEmbedPlusによって維持されています>>
このYouTubeプラグインには、遅延読み込み(アニメーション付き)、代替プレイリストとチャンネルギャラリーのスタイル、自動動画サムネイルサポート、動画SEOの自動スキーマタグ付け、モバイル互換性チェック、PROにアップグレードしたときの削除された動画アラートなどのプレミアム機能を含めることができます。

インストール

WordPressプラグインインストーラーを使用してプラグインを

インストール

します。または、ダウンロードパッケージのフォルダを抽出して、プラグインディレクトリにアップロードすることもできます。
プラグイン管理メニューにアクセスして、YouTube埋め込みプラグインをアクティブにします。
管理パネルに表示される新しいYouTubeメニュー項目をクリックした後、デフォルト設定を行います。
投稿に動画を埋め込むには、ウィザードを使用してショートコードを埋め込みます。例:[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=ABCDEFGHIJK&width=400&height=250 [/ embedyt]埋め込みたい動画が正確にわからない場合は、無料の組み込み検索機能を使用してください1つを見つけて挿入します。
このプラグインを使用して、プレイリストとチャンネルギャラリーを埋め込むこともできます>>。プラグインを

インストール

し、設定ページにアクセスして手順を確認してください。
ビデオSEO、分析ダッシュボード、およびその他の多くのプレミアム機能を入手するには、ここでオプションの1つにサインアップしてください>>

手動コード(これらを追加すると、管理者のデフォルト設定が上書きされます):

width –プレーヤーの幅を設定します。省略した場合、デフォルトの幅はテーマのコンテンツの幅になります。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350」

height –プレーヤーの高さを設定します。省略した場合、これは自動的に計算されます。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350」

自動再生–これを1に設定すると、ビデオが自動再生されます(0に設定すると、ビデオが1回再生されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&autoplay=1」

cc_load_policy –これを1に設定すると、クローズドキャプションがオンになります(または0に設定すると、クローズドキャプションがオフになります)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&cc_load_policy=1」

iv_load_policy –これを3に設定して注釈をオフにします(または1に設定して注釈を表示します)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&iv_load_policy=3」

ループ–これを1に設定すると、ビデオがループします(または、0に設定すると、ループしません)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&loop=1」

modestbranding –これを1に設定すると、再生中にYouTubeロゴが削除されます(または0に設定すると、ロゴが表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&modestbranding=1」

rel –これを0に設定すると、現在のビデオと同じチャネルの関連ビデオのみが表示されます(または、1に設定すると、任意のチャネルのビデオが表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&rel=0」

showinfo –これを0に設定すると、ビデオタイトルやその他の情報が非表示になります(または1に設定すると表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&showinfo=0」(YouTube / Googleはこの機能を廃止しました)
fs –これを0に設定すると、フルスクリーンボタンが非表示になります(または1に設定すると表示されます)。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&fs=0」

また、特定の時間に個々のビデオを開始および終了することもできます。上記のように、各オプションは「&」で始まる必要があります

start –ビデオを開始する時間(秒単位)を設定します。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350&start=20 “

end –ビデオを停止する時間(秒単位)を設定します。例:「https://www.youtube.com/watch?v=quwebVjAEJA&width=500&height=350&end=100」

ウィザードの使用をお勧めしますが、リンクを手動で貼り付ける場合は、常に次のルールに従ってください。

URLが実際にそれ自体の行にあることを確認してください。または、同じ行に複数の動画が必要な場合は、各URLがショートコードで適切にラップされていることを確認してください。例:[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=ABCDEFGHIJK&width=400&height=250 [/ embedyt]

URLがアクティブなハイパーリンクではないことを確認してください(つまり、プレーンテキストである必要があります)。それ以外の場合は、URLを強調表示して、エディターの「リンク解除」ボタンをクリックします。
URLをフォーマットまたは整列していないことを確認してください。それでもURLが動画ではなく実際の投稿に表示される場合は、URLを強調表示して、[書式設定を削除]ボタンをクリックします(書式設定が表示されない場合があります)。
最後に、カスタムテーマがある場合は、それが問題になる可能性がわずかにあります。確実に知るために、ビデオが表示されるかどうかを確認するために、デフォルトのWordPressテーマの1つ(「TwentyThirteen」など)に一時的に切り替えることをお勧めします。突然機能する場合は、カスタムテーマが問題です。テストが完了したら、元に戻すことができます。

プラグインの作者

Embed Plus for YouTube Team

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/youtube-embed-plus/
Embed Plus for YouTube –ギャラリー、チャンネル、プレイリスト、ライブストリームプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す