外部スクリプトをキャッシュする | Diego Voors
外部スクリプトをキャッシュする

外部スクリプトをキャッシュする | Diego Voors

説明

多くの場合、Google Pagespeedスコアを最適化しようとすると、「ブラウザのキャッシュを活用する」ルールがポップアップするスクリプトが1つあります。それは、Google独自のgtag.jsファイルやanalytics.jsファイルです…
このプラグインを使用すると、このファイルをローカルサーバーにキャッシュし、2時間以上ブラウザのキャッシュを有効にすることができます。プラグインは、キャッシュを最新の状態に保つために、ファイルの新しいバージョンがあるかどうかを毎日チェックします。

インストール

インストール

は非常に簡単です。

プラグインディレクトリcache-external-scriptsを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードするか、WordPressプラグインディレクトリから直接

インストール

します。
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します
外部スクリプトがプラグインによってキャッシュされると、現在のGoogle AnalyticsコードのURLが自動的に置き換えられます(つまり、現在のGoogle Analyticsプラグインを使用できます)。

プラグインの作者

Diego Voors

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/cache-external-scripts/
外部スクリプトをキャッシュするプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す