カスタムログイン管理フロントエンドCSS | Arun Basil Lal
カスタムログイン管理フロントエンドCSS

カスタムログイン管理フロントエンドCSS | Arun Basil Lal

説明

管理インターフェースを介して、WordPressログインページ、管理者、フロントエンドにカスタムCSSをロードします。 WordPressシングルインストールおよびWordPressマルチサイトで使用できます。
カスタムLAFCSSは、マルチサイトネットワークで非常に役立ちます。管理者は、ネットワークのルックアンドフィールをカスタマイズし、ネットワーク全体にCSSを追加できます。このプラグインを介してフロントエンドにCSSを追加すると、一般的な機能にスタイルを設定する必要があり、ユーザーがアクティブにするテーマがわからない場合に便利です。
主な特徴:

アクティブなテーマに関係なく、ログイン、管理、およびフロントエンドページにカスタムCSSをロードします。
ログイン、管理、フロントエンドのCSSは別々に保存され、使用されます。
CSSは美化され、管理者にきちんと表示されます。
CSSの縮小。
マルチサイト互換。
翻訳の準備ができました。
CSSをインポートする機能が組み込まれたAdminCSSMUプラグインと互換性があります。

カスタムCSSは、WordPress管理>外観> WordPressインストールまたはWordPressマルチサイトネットワークのベースサイトのカスタムLAFCSSで追加できます。
管理CSSMUからのアップグレード
Admin CSS MUプラグインからアップグレードする場合は、次の手順に従ってください。

カスタムLAFCSSプラグインをインストールします。 Admin CSSMUプラグインはまだ削除しないでください。
プラグインページに移動し、[管理CSS]セクションで、[管理CSSMUからCSSをインポートして追加する]チェックボックスをオンにします。
[CSSを保存]をクリックします。これでCSSがインポートされます。
Admin CSSMUプラグインを非アクティブ化して削除します。

インストール

WordPressシングル

インストール

の場合:

WordPress管理インターフェースからプラグインを

インストール

するか、ftpを使用して/ custom-login-admin-frontend-css /フォルダーを/ wp-content / plugins /にアップロードします。
WordPress管理インターフェースを介してプラグインをアクティブ化します。
WordPress管理>外観>カスタムLAFCSSに移動し、必要なカスタムCSSを追加します。

マルチサイトの場合:

WordPress管理インターフェースからプラグインを

インストール

するか、ftpを使用して/ custom-login-admin-frontend-css /フォルダーを/ wp-content / plugins /にアップロードします。
ネットワークは、WordPress管理インターフェースを介してプラグインをアクティブ化します。
ベースWebサイトで、[WordPress管理]> [外観]> [カスタムLAFCSS]に移動し、必要なカスタムCSSを追加します。

プラグインの作者

Arun Basil Lal

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/custom-login-admin-front-end-css-with-multisite-support/
カスタムログイン管理フロントエンドCSSプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す