CM脚注

CM脚注 | CreativeMindsSolutions

説明

製品ページ|ビデオ|デモ|ユーザーガイド|追加のCMプラグイン
CreativeMinds WordPress脚注プラグインを使用して、すべてのWordPressページと投稿に脚注を簡単に追加できます。
WordPress Footnotesプラグインを使用すると、WordPressサイトの任意のページや投稿に脚注や引用を簡単に追加できます。
この脚注プラグインを使用すると、ユーザーは強力な脚注、画像、スタイル、引用をサイトコンテンツに合わせてカスタマイズし、ユーザーフレンドリーなページ内メタボックスを使用して資料のソースを引用できます。

脚注プラグインは、WordPressサイトの任意のページまたは投稿への複数の脚注の追加をサポートしています。また、ユーザーは脚注をすばやく簡単に非表示または折りたたむことができます。
この脚注プラグインは、ユーザーが簡単にナビゲートできるように、1ページにすべての脚注の中央インデックスを作成します。このページでは、関連するページまたは投稿の横にカスタム脚注が表示されます。
基本的な脚注プラグインの機能

すべてのページまたは投稿に脚注を追加する
脚注のスタイルとデザインをカスタマイズする

プロになるメリット

WordPressの投稿やページ、さらにはカスタム投稿に脚注や引用を追加する
脚注は、ショートコードを使用して投稿またはページのどこにでも配置できます。脚注のスタイルは、プラグイン設定で定義されます。
サイトに表示されるすべての脚注は、脚注が使用されているすべての関連記事とともにインデックスページに表示できます。
プラグイン設定から脚注のルックアンドフィールをカスタマイズします。
脚注はローカルまたはグローバルにすることができます。ローカルの場合、特定の投稿またはページにのみ表示されます
サイト間で脚注をインポートおよびエクスポートする

Footnotesプラグインの使用方法
ページにマークを付けるか、テキストを投稿し、脚注を作成して引用情報を表示します。あなたはできる
これらの文末脚注をすべてのページに表示し、中央の索引ページをカスタマイズすることを選択します。

キーワード
脚注、文末脚注、参考文献、引用、参照、ページ、投稿、定義、脚注、自動、編集、フォーマット、書き込み、メモ、参照、参照、読み取り、ツールチップ、ショートコード、メモ、脚注プラグイン、文末脚注プラグイン、プラグイン、引用、ページ、投稿、参照、書き込み
フォローする
ブログ| Twitter | Google+ | LinkedIn | YouTube | Pinterest |フェイスブック
CreativeMindsによって提案されたプラグイン

CM Ad Changer –サイト全体の広告キャンペーンを管理、追跡、報告します。あなたのWPを広告サーバーに変えることができます

CM Super ToolTip Glossary – Webサイトの用語の用語集、百科事典、または辞書を簡単に作成し、ホバーすると投稿やページにツールチップとして表示されます。より多くの強力な機能を備えています。

CMダウンロードマネージャー–ユーザーがダウンロードディレクトリリストデータベース内のドキュメントまたはファイルをアップロード、管理、追跡、およびサポートして、他のユーザーが投稿、使用、コメントできるようにします。

CM Answersプラグイン–フル機能のWordPress Questions&Answersプラグインで、StackOverflow、Yahoo Answers、Quoraのように、MicroPaymentと匿名投稿をサポートする複数のディスカッションフォーラムシステムを構築できます。

CM MicroPayments –独自の「仮想通貨」のインサイトサポートを追加します。このプラグインの目的は、毎回外部支払いを処理する必要なしに、サイト内トランザクションを可能にすることです(より迅速で簡単)。開発者は、独自のプラグインと統合するためのプラットフォームとして使用できます。

CM Restrict Content –WordPress用のフル機能の強力なメンバーシップソリューションおよびコンテンツ制限プラグイン。サイトのコンテンツへの役割によるアクセスをサポートします。

CM OnBoarding –オンラインエクスペリエンスを向上させる優れたガイダンスツールと
ユーザーの満足度。

CM予約カレンダー–顧客は簡単に予約をスケジュールし、Webサイトから直接支払うことができます。

インストール

プラグインフォルダを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します
管理インターフェースの脚注メニュー項目で脚注用語を定義します。ページのタイトルは用語である必要があります。本文の内容を定義する必要があります。
必要に応じて、本文のコンテンツを含まないメインの脚注ページ(「脚注」の例)を作成します。このページを作成しない場合でも、用語は強調表示されますが、すべての用語の中央リストは表示されません。
プラグインのダッシュボード設定で、メインの脚注ページのIDを入力します(上記のオプション)
ダッシュボードで利用できる他のオプションの設定がいくつかあります。

注:脚注jsとcssが正しく機能するためには、テンプレートでwp_head()を呼び出す必要があります。テーマがこれをサポートしていない場合は、テーマ内でこれらのファイルに手動でリンクする必要があります(推奨されません)。

プラグインの作者

CreativeMindsSolutions

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/cm-footnotes/
CM脚注プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です