civicrm-admin-utilities

CiviCRM管理ユーティリティ| クリスチャン・ワッハ

説明

CiviCRM管理ユーティリティは、シングルサイトおよびマルチサイトインストールでのCiviCRMの動作を変更します。それは多くの有用なことをします:

  • CiviCRM管理画面の代替テーマを提供します(以下を参照)
  • CiviCRMメニューのスタイルを変更して、いくつかの問題を修正します
  • WordPress管理者のShoreditch拡張機能の外観を修正しました
  • 必要に応じてWordPressアクセス制御フォームの外観を修正します
  • さまざまなCiviCRMスタイルシートがフロントエンドにロードされないようにするオプションを提供します
  • 便利なCiviCRMショートカットメニューをWordPress管理バーに追加します
  • CiviCRMショートコードボタンを表示する投稿タイプを選択できます
  • WordPressマルチサイトでは、サブサイトでCiviCRMを非表示にできます
  • サブサイト管理者から「CiviCRMの管理」機能を削除できます
  • CiviCRM連絡先のプライマリ電子メールが変更されたときに「電子メールの変更」通知を抑制できます

CiviCRM管理テーマ

バージョン0.5では、WordPressとより調和したCiviCRM管理画面の新しいテーマが導入されています。CiviCRM管理ユーティリティの設定ページで有効にできます。フィードバックは大歓迎です。バグを見つけたり、改善のための提案がある場合は、プラグインのGitHubリポジトリで問題を開いてください

要件

このプラグインには、少なくともWordPress4.4CiviCRM4.7が必要です。

ノート

CiviCRMのShoreditch拡張機能をインストールしている場合、このプラグインはWordPressとの互換性を保つために最善を尽くします。残念ながら、Shoreditchバージョン0.1-alpha25では、サイトのフロントエンドのbodyタグに適用されるマージンを上書きすることが非常に困難になるため、これを自分で行う必要があります。

プラグイン開発

このプラグインは活発に開発されています。機能のリクエストとバグレポートについて(またはプラグインの作成者であり、貢献したい場合)は、プラグインのGitHubリポジトリにアクセスしてください

インストール

  1. プラグインアーカイブを抽出します
  2. プラグインファイルを/wp-content/plugins/ディレクトリにアップロードします
  3. CiviCRMがアクティブ化され、適切に構成されていることを確認します
  4. WordPressの「プラグイン」メニューからプラグインをアクティブ化します

シングルサイトインストールでは、「設定」->「CiviCRM管理ユーティリティ」にアクセスして、このプラグインの設定を調整できます。WordPressマルチサイトでは、「ネットワーク管理」–>「設定」–>「CiviCRM管理ユーティリティ」にネットワーク設定ページがあります。このプラグインをWordPressMultisiteにインストールし、CiviCRMをネットワークでアクティブ化する場合は、このプラグインもネットワークでアクティブ化する必要があります。

0.3.3以前からのアップグレード

このプラグインがWordPressマルチサイトにインストールされていて、このプラグインがネットワークでアクティブ化されていない場合は、読み進めてください。

バージョン0.3.4より前は、このプラグインはその設定をサイトのオプションではなくネットワークオプションに保存していましたこれは、個別に構成できるのではなく、別々のサイトが設定を共有することを意味しましたバージョン0.3.4では、プラグインの設定が保存される場所がインストール場所に適切になるように変更されたため、各サイトを異なる方法で構成できます。

したがって、0.3.3からアップグレードする場合は、CiviCRM管理ユーティリティがアクティブ化されている各サイトの設定を確認する必要がある場合があります。

バージョン0.6では、WordPressマルチサイトの構成にさらに変更が加えられています。プラグインがネットワーク上の任意のサイトでアクティブ化されると、ネットワーク管理者は、WordPressネットワーク管理の[ネットワーク管理] –> [設定] –> [CiviCRM管理ユーティリティ]の[設定]ページにアクセスできるようになります。これは、サイトレベルとネットワークレベルの両方に設定があることを意味します。

ネットワーク管理者は、ネットワーク全体でこのプラグインをさらにアクティブ化するためのサイトのデフォルトを設定できるようになりました。設定できるネットワーク固有の設定もあります。特に注目すべきは、ネットワークを構成する方法である場合に、個々のサイト管理者から「CiviCRMの管理」機能を削除できる新しいアクセス許可設定です。

プラグインの作者

クリスチャン・ワッハ

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/civicrm-admin-utilities/
CiviCRM Admin Utilitiesプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です