AnyWhere Elementor

AnyWhere Elementor | WPVibes

説明

ショートコードを使用して、Elementorページ、ライブラリテンプレート、グローバルテンプレートをどこにでも挿入できます。
次に、グローバル要素セクションを作成します。一箇所で変更し、どこにでも反映します。
ショートコードINSERT_ELEMENTORを使用します。例:[INSERT_ELEMENTOR id = xxx]
パラメータ「xxx」は、Elementorを使用して作成された投稿のIDです。
便利でグローバルテンプレートを個別に管理するために、カスタム投稿タイプもあります。
管理者側のナビゲーションから「AEテンプレート」に移動します。
Go Pro
より多くの機能を提供するこのプラグインのCheckoutProバージョンAnyWhereElementorPro。
–グローバルポストレイアウト
–アーカイブテンプレートの投稿
–カテゴリ、タグテンプレート
–WooCommerceの製品とカテゴリのレイアウト
–カスタム投稿タイプとカスタム分類法のグローバルレイアウト
–カスタムフィールドのサポート
–デザイン404ページ
–検索ページのレイアウトを設計します。
詳細とデモについては、公式サイトhttp://www.elementoraddons.com/を確認してください。
注:このプラグインはElementor Page Builder(https://wordpress.org/plugins/elementor/)のアドオンであり、Elementor PageBuilderがインストールされている場合にのみ機能します。
1.2.2

WordPressおよびElementorの最新バージョンとの互換性を確認しました
このプラグインがAnyWhereElementor Pro(Proバージョン)と一緒にアクティブ化されたときにボックス化されたダブルショートコードを修正しました

1.2.1

WPMLとPolylangの互換性のサポートを管理するためのフィルター「ae_multilingual_support」が追加されました。

1.2

WPML互換性を追加しました。

1.1

すべてのテンプレートビューからショートコードを表示およびコピーするオプション(編集するテンプレートを開かずに)。

1.0

WordPressおよびElementorの最新バージョンとの互換性を更新しました

0.5

Elementor1.5との互換性

0.4

最近のElementorアップデート後の問題を修正しました。

0.3

グローバルテンプレートのカスタム投稿タイプを追加しました。
オーバーレイの問題を修正しました。

0.2

Generatepressフックとの互換性修正
ショートコードを有効にしてウィジェットを機能させる

0.1

プラグインの初期リリース

インストール

プラグインファイルを/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードするか、WordPressプラグイン画面から直接プラグインを

インストール

します。
WordPressの「プラグイン」画面からプラグインをアクティブ化します

プラグインの作者

WPVibes

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/anywhere-elementor/
AnyWhere Elementorプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です