タクソノミーフィルター | Andrea Landonio
タクソノミーフィルター

タクソノミーフィルター | Andrea Landonio

説明

タクソノミーフィルターは、ユーザーが管理ページ内の階層用語タクソノミーをフィルターできるようにするシンプルで柔軟なプラグインです。管理ページでのタグとカテゴリの調査を簡素化する必要がある場合は、このプラグインを使用すると簡単になります。これは、すべての分類法リストをフィルタリングするために使用できるカスタム入力フィールド(構成された分類法のみ)を追加します。
投稿管理ページにタグが多すぎて、アイテムの長いリストをスクロールしたり、従来のブラウザの検索ボックスでタグを検索したりするのに多くの時間を費やす必要があると想像してみてください。 「タクソノミーフィルター」プラグインを使用すると、非常に短時間でタグを検索、選択、選択でき、大きなメリットがあります。
さらに、「タクソノミーフィルター」をアクティブにするタクソノミーを設定する必要があります。プラグインをインストールしてアクティブ化すると、設定セクションに管理ページが追加されます。このページには、すべての有効な分類法が自動的に一覧表示されます。2つのオプションがあります。

投稿管理ページで有効にする(フィルターフィールドのオン/オフを切り替えることができます)
分類が空の場合はフィルターフィールドを非表示

クイック編集を実行する場合は、分類フィルターを一括編集セクションに管理することもできます。
テーマで「manage_edit-post_columns」フィルターを使用して投稿列を変更した場合は、分類フィルターのバルクセクションを適用するために別のフィルターを追加する必要があります。
例えば:
add_filter( ‘manage_edit-post_columns’、 ‘taxonomy_filter_manage_bulk_columns’、99、1);
add_filter( ‘manage_edit- _columns’、 ‘taxonomy_filter_manage_bulk_columns’、99、1);

階層的な分類法(デフォルトのカテゴリとカスタムの分類法の両方)でのみ機能します。
タクソノミーフィルターを有効にすると、非表示のタクソノミー用語を選択するためのセクションがユーザープロファイルページと用語編集ページに表示されます。ユーザープロファイルページでは、管理ページ内の階層用語分類法から削除された分類法用語のリストを(ユーザーごとに)選択できます。
デフォルトでは、すべての分類用語は、管理ページ内の階層用語分類セクションに表示されます。最大2つのネストされたレベルからのみ選択できますが、非表示の用語のすべての子は管理ページから自動的に削除されます。非表示の用語は検索およびフィルタリングできないことに注意してください。
用語の編集ページでは、管理ページ内の階層的な用語分類から用語を削除(非表示にする)するかどうかを(すべてのユーザーに対して)選択できます。
使用法

WP-Admin->投稿->新規追加に移動します。
ページサイドバーで入力フィルターフィールドを見つけます。
タグフィルタリングリストを選択します。

リンク:著者のサイト

インストール

ダウンロードしたtaxonomy-filterzipファイルを解凍します
taxonomy-filterフォルダーとそのコンテンツをWordPress

インストール

のwp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします
プラグインページからtaxonomy-filterをアクティブにします

プラグインの作者

Andrea Landonio

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/taxonomy-filter/
タクソノミーフィルタープラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントを残す