開発コンテンツブロック

開発コンテンツブロック | Allon Sacks

説明

開発者だけではありません。
再利用可能なグローバルコンテンツのコンテンツブロックを作成します。リビジョンをサポートします。自動フォーマットを気にせずに生のHTML、JS、CSSの入力フィールドを使用し、通常のフォーマットされたWordPresstinyMCEエディターを使用するオプションもあります。
このプラグインを使用すると、モジュラーコンテンツブロックを正しい方法で作成できます。

コンテンツブロックは投稿タイプです。
コード補完とエラー通知を備えたACEエディターを使用して、HTML、CSS、およびJSを別々のブロックに追加できます。
WordPressWYSIWYGエディターはオプションです。
リビジョン(!)WordPressコンテンツ、HTML、CSS、およびJSを変更してから、そのままのWordPress投稿リビジョンの場合と同じように前の状態に戻すことができます。
ショートコードを使用して、投稿、ページ、CPT、ウィジェット、およびテーマファイルにブロックを追加します。
コンテンツをプレビューします。
デフォルトのWordPressXMLインポート/エクスポートツールを使用して簡単にインポートおよびエクスポートできます。

コンテンツブロックを使用すると、グローバルに表示するコンテンツのブロックを作成できます。ブロックを変更すると、コンテンツブロックが埋め込まれているページに変更が反映されます。
ユースケース:

WordPress WYSIWYGエディターやテキストエディターでさえ、必要なときに改行を追加しなかったり、投稿の編集後にフォーマットが失われたりしないと、予測できないことがよくあります。
HTMLボックスのみを使用して「br」と呼ばれるコンテンツブロックを作成し、ボックスに
を入力するだけです。ショートコード「[dcbname = br]」は、改行があることを確認したいときにいつでも使用できます。

LPごとに複数の「ありがとう」ページがある場合があります。新しいキャンペーンを開始する場合、または新しいコンバージョンコードを追加する(または古いコンバージョンコードを削除する)場合は、各tyページに移動して、コンバージョンコードを追加/削除する必要があります。
モジュラーコンテンツを使用すると、すべての変換コードを1つのブロックに保持してから、すべてのtyページに同じショートコードを配置できます。また、通常のWordPressエディターでは、投稿自体に変換コードを安全に埋め込むことができず、別のテンプレートの使用に依存しているとは限りません。このプラグインはこれらすべての問題を解決します。

広告:
コンテンツブロックを使用して、広告を1か所で管理します。広告ごとにコンテンツブロックを作成し、投稿コンテンツ/テーマファイル/ウィジェットで各広告を表示する場所にショートコードを使用します。

他にも多くのユースケースがありますが、これらはほんの一例です。実際、コンテンツブロックは非常に多くの場合に使用でき、モジュラーコンテンツを管理および維持するためのパワーは、ほとんどすべての種類のWebサイトで必要です。

コンテンツブロックは、管理者内で独自のショートコードを作成するための簡単な方法であり、最小限のショートコードビルダーとして使用できます。
Dev Content Blocksは開発者を念頭に置いて作成されているため、WordPressユーザーが使用するのは簡単ですが、開発者はwptexturizeやwpautopでフォーマットせずに生のHTMLを使用できるという利点があります。古いテキストウィジェット(新しい「カスタムHTML」ウィジェット)で任意のHTMLを考えてください。ここでは、段落は自動的に追加されません。
また、CSSとJSはフォーマットを失うことを恐れずにここに簡単に追加できるため、このプラグインを使用すると、独自のショートコードを作成および管理できます。ショートコード(引数を受け入れないタイプ)を簡単に作成し、テーマで作成したり、ショートコードごとに個別のプラグインとして作成したりする代わりに、管理者の1か所で管理できます。
実際にはHTMLボックスにCSSとJSを追加できますが、便宜上、このプラグインには、コンテンツとコードを分離できるように、個別のオプションのCSSボックスとJSボックスがあります。
ショートコードの出力は次のとおりです。
1. WordPressエディターが有効になっている場合は、そのコンテンツ。 (ここでは、wptexturizeとwpautopが使用されていることに注意してください)。
2.HTMLボックスのコンテンツ。
3.スタイルタグでラップされたCSSコード。
4.スクリプトタグでラップされたJSコード。
(「if(typeof(jQuery)!== ‘undefined’){$ = jQuery.noConflict();}」がスクリプトの先頭に追加されます。)
ご注意ください。 Dev Content Blocksでは生のHTML、JS、CSSを使用できるため、ランダムなWebページからコピーして貼り付ける場合は注意が必要です。コンテンツブロックを最大限に制御できるようにするために、完全に検証されていないJSを貼り付けることができます。
将来のバージョン

「コンテンツブロックコード」セクションの各ボックスを有効/無効にします。
その他のページビルダーのサポート
ショートコードで渡される変数
ブロックが使用されているときに他のCSSおよびJSファイルをキューに入れるオプション
管理画面のライトボックスでプレビュー
注目の画像を組み込んで使用するためのオプション
HTMLボックスとWPエディターの順序を変更するオプションを追加します
WPエディターでフォーマットをオフにするオプションを追加します
HTMLで出力する代わりに、CSSとJSをキューに入れるオプションを追加します
ウィジェット
ショートコードを追加するためのtinyMCEのボタン
Dev ContentBlocksのメイン画面にショートコードを表示する
ローカリゼーションと言語サポート
管理ページを終了または更新するときに、コードボックスに未保存の変更がある場合、ユーザーはプロンプトを受け取る必要があります
上記はすべて検討中であり、追加される場合とされない場合があります。バグや提案があれば、遠慮なく私にメールするか、レビューまたはサポートセクションにコメントを書いてください。

インストール

プラグインファイルを/ wp-content / plugins / plugin-nameディレクトリにアップロードするか、WordPressプラグイン画面から直接プラグインを

インストール

します。
WordPressの「プラグイン」画面からプラグインをアクティブ化します。
管理者で「設定」>「パーマリンク」にアクセスして、CPTプレビュー画面をアクティブにします。
管理者側メニューの「開発コンテンツブロック」に移動して、コンテンツブロックを作成します。

プラグインの作者

Allon Sacks

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/dev-content-blocks/
開発コンテンツブロックプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です