お問い合わせフォーム7のスパムプロテクト

お問い合わせフォーム7のスパムプロテクト | New York Software Lab

説明

Spam Protect for Contact Form 7は、Webサイトのフォームに入力するすべてのスパマー(またはボット)をブロックするための優れた使いやすいプラグインです。
プラグインは、各Contact Form 7編集画面に追加のタブを追加します。このタブで、ブロックする電子メール、ドメイン、単語やフレーズを追加できます。
スパマーとボットは通常、お問い合わせフォーム7に記入し、不要で役に立たないデータ、AD、連絡先情報を送信します。
彼らの電子メールは通常同じドメインからのものであり、一般的な言葉を使用して、ある種の商用マーケティング情報を送信します。
これらのメール、ドメイン、場合によっては単語やフレーズをブロック設定に追加し、フォームの送信をブロックして、カスタムエラーメッセージを表示するだけです。
ログファイルを定期的にチェックして、誰が、なぜブロックされているかを確認してください。ログファイルを監視することで、実際の貴重な訪問者をブロックしないようにすることができます。
簡単な値下げの例

手動でブロックを電子メールで送信
メールドメインブロック
単語やフレーズのブロック
失敗したメッセージをログに記録する

インストール

ステップ1:CF7フォームを編集し、[スパム対策設定]タブをクリックします。
手順2:メール、メールのドメイン、単語やフレーズを、ブロックするカンマ区切りの値として追加します。
ステップ3:[エラーメッセージを設定する]フィールドに、スパマーまたはボットに表示するメッセージを入力します。
手順4:ブロックする内容を制御するには、[失敗したメッセージをログに記録する]オプションを[はい]に設定します。
ステップ5:[保存]をクリックします
または

spam-protect-for-contact-form7を/ wp-content / plugins /ディレクトリにアップロードします。
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します。
[連絡先]タブに移動し、CF7フォームを編集して、[スパム対策設定]タブをクリックします。
メール、メールのドメイン、単語やフレーズを、ブロックするカンマ区切りの値として追加します。
スパマーまたはボットに表示するメッセージを[エラーメッセージを設定]フィールドに入力します。
手順4:ブロックする内容を制御するには、[失敗したメッセージをログに記録する]オプションを[はい]に設定します。
[保存]をクリックします。

プラグインの作者

New York Software Lab

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/wp-contact-form-7-spam-blocker/
お問い合わせフォーム7のスパムプロテクトプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です