カデンスブロックによるグーテンベルクブロック–ページビルダーの機能

カデンスブロックによるグーテンベルクブロック–ページビルダーの機能 | Kadence WP

説明

このプラグインは、カスタムブロックとオプションを追加して、グーテンベルクの編集機能を拡張し、カスタムレイアウトとより魅力的なコンテンツを作成できるようにします。このプラグインは、WordPressブロックエディターが通常人気のあるページビルダープラグインを介してのみコンテンツを作成できるようにするツールキットとなることを目的としています。たとえば、Kadence Row Layout Blockを使用すると、さまざまな画面サイズの列をより適切に制御でき、さらに、パディング、背景、グラデーション付きオーバーレイ、垂直方向の配置など、完全な行編集ツールが提供されます。
Kadenceブロックをお試しください
デモテスト
カスタムブロックが含まれています

行レイアウト–デモ

アドバンストギャラリー–デモ

フォーム–デモ

高度な見出し–デモ

高度なボタン–デモ

タブ–デモ

アコーディオン–デモ

お客様の声–デモ

アイコン–デモ

スペーサー/ディバイダー–デモ

情報ボックス–デモ

アイコンリスト–デモ

ビデオチュートリアル

キーブロック機能
行レイアウトブロックには1〜6列を含めることができ、その他のブロックは内部にネストできます。したがって、単一の列ブロックとして、非常にカスタムな背景を作成し、デスクトップとモバイルの両方のレイアウトのパディング、マージン、および仕切りを定義できるため、堅牢なラッパーです。
Advanced Galleryブロックを使用すると、石積み、グリッド、カルーセル、流体幅のカルーセル、またはスライダースタイルでフォトギャラリーを追加できます。 4つの異なるオプションのキャプションの場所をお楽しみください。それぞれに、フォントや背景などのスタイルを設定するオプションがあります。各ギャラリー内で、サムネイルの比率を定義し、画像フィルターを追加し、境界線の半径を設定し、ボックスの影を追加できます。各画像を別のページまたはWebサイトへのカスタムリンクにすることができます。または、組み込みのライトボックスを簡単に有効にすることもできます。さらに、サムネイルに使用する画像サイズと、究極のパフォーマンスを実現するライトボックス画像を選択できます。
Advanced Headingブロックは、フォントファミリー(すべてのGoogleフォント)、フォントの太さ、フォントスタイル、フォントサイズ(タブレットとモバイルのオプションを含む)、行の高さ、色、文字間隔、配置、余白など、見出しを完全に制御します。さらに、見出しの一部をハイライトとして定義し、独自のスタイルを設定できます。
Advanced Buttonブロックを使用すると、最大5つのボタンを並べて表示できます。静的スタイルとホバースタイルの両方でそれぞれを個別に制御でき、各ボタンのテキストの横にアイコンを追加できます。このブロックは、すべて組み込みのポップアップで開くビデオリンクもサポートしています。
Tabsブロックは、間隔、色、アイコン、およびテキストの独自のタブタイトル設定で高度にカスタマイズできます。垂直タブまたは水平タブを設定できます。さらに、モバイル用のアコーディオン設定に切り替えるオプションがあります。各タブコンテンツは空のキャンバスであり、その中に他のブロックを含めることができます。
お客様の声ブロックには、選択可能な4つの組み込みのプリセットスタイルがあり、ページまたは投稿にカルーセルまたはお客様の声のグリッドを追加できます。次に、色、フォント、サイズ、境界線、および影を好みに合わせてカスタマイズできます。
Iconブロックを使用すると、SVGアイコンをページに直接追加できます。 1500以上のアイコンから選択でき、それぞれでサイズ、色、背景、境界線を制御し、リンクを追加できます。
Spacer / Dividerブロックを使用すると、オプションで、ドラッグ可能な高さの領域内に仕切りを表示できます。仕切りには、幅、高さ、色、線のスタイル、不透明度を設定できるスタイルオプションがあります。
情報ボックスブロックは、アイコンまたは画像と、オプションでタイトル、

説明

、および「詳細」テキストを含むボックスリンクです。パディング、フォント、背景、境界線を構成し、静的なスタイルを設定し、ホバーカラーでボックスシャドウを表示することもできます。
エディターの最大幅
グーテンベルクで列と行のレイアウトを作成する際の課題の1つは、管理者のエディターの幅です。デフォルトでは、グーテンベルクはコンテンツエディタに最大650pxの幅を使用します。サイドバーテンプレートにテキストを追加する場合、エディターの最大幅はサイドバーを使用する場合のコンテンツ幅に匹敵するため、これはうまく機能します。ただし、サイドバーのないページに入るコンテンツの場合、サイトのフロントエンドで取得する内容を適切に表現することはできません。言うまでもなく、3列の行を管理しようとしている場合は、狭いスペースで作業できます。
より「ページ構築体験」でグーテンベルクをより簡単に使用する方法を作成するために、ページと投稿のデフォルトの最大幅を変更したり、ページごとの設定で個別に変更したりできる簡単な方法を作成しました。
ソースファイル
github
サポート
ご不明な点がございましたら、できる限りサポートさせていただきます。サポートフォーラムをご利用ください。

インストール

プラグインを/ wp-content / plugins /フォルダーに

インストール

し、アクティブ化します。

プラグインの作者

Kadence WP

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/kadence-blocks/
カデンスブロックによるグーテンベルクブロック–ページビルダーの機能プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です