ショートコーダー—あらゆるもののショートコードを作成する

ショートコーダー—あらゆるもののショートコードを作成する | Aakash Chakravarthy

説明

Shortcoderプラグインを使用すると、HTML、JavaScript、およびその他のスニペットのカスタムショートコードを作成できます。これで、ショートコードを投稿/ページで使用できるようになり、スニペットが代わりに置き換えられます。
✍ショートコードを簡単に作成

ショートコードに名前を付けます
HTML / JavaScript / CSSをショートコードコンテンツとして貼り付けます
保存する !
次に、投稿/ページにショートコード[sc name = “my_shortcode”]を挿入します。

出来上がり!投稿にHTML / Javascript / CSSが含まれています。

✨機能

カスタムショートコードを簡単に作成し、ショートコードがサポートされている場所ならどこでも使用できます。
ショートコードコンテンツとしてHTML、Javascript、CSSを使用します。
挿入:ショートコードのカスタムパラメータ
挿入:ショートコードのWordPressパラメーター
複数のエディター:コード、ビジュアル、テキストモード。
不要な場合は、ショートコードをグローバルに無効にします。
デスクトップ、モバイルデバイスでショートコードを無効にします。
挿入するショートコードを選択するための投稿エディタのボタン。
グーテンベルクをサポートします。

?使用例

Shortcoder管理ページで「adsenseAd」という名前のショートコードを作成します。
与えられたボックスにAdSenseコードを貼り付けて保存します。
投稿やページで[scname = “adsenseAd”]を使用してください。
多田!!!広告コードが置き換えられ、投稿に表示されます。
これで、広告コードを1か所で編集でき、ショートコードが使用されているすべての場所でコードが更新されます。

同様に、頻繁に使用されるスニペットのショートコードを作成できます。
スニペット内にカスタムパラメータ(%% id %%など)を追加し、それらを使用するときに[sc name = “youtube” id = “GrlRADfvjII”]のように値を変更することもできます。
リンク

ドキュメンテーション
よくある質問
サポートフォーラム/バグの報告

インストール

zipファイルを解凍し、Shortcoderフォルダーを/ wp-content / plugins /ディレクトリーにアップロードします。
WordPressの[プラグイン]メニューからプラグインをアクティブ化します。
ナビゲーションメニューの「Shortcoder」リンクから管理ページを開きます。

プラグインの作者

Aakash Chakravarthy

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/shortcoder/
ショートコーダー—あらゆるもののショートコードを作成するプラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です