スティッキーメニュー、スクロールのスティッキーヘッダー(または何でも!)

スティッキーメニュー、スクロールのスティッキーヘッダー(または何でも!) | WebFactory Ltd

説明

スクロール時のスティッキーメニュー(またはスティッキーヘッダー)プラグインを使用すると、ページの上部にスクロールダウンしたときに、ページ上の要素を「スティッキー」にすることができます。これは、フローティングメニューを作成するためにページの上部にメニューを保持するために一般的に使用されますが、プラグインを使用すると、任意の要素をスティッキーにすることができます。スティッキーヘッダー、スティックメニュー、スティッキーウィジェット、スティッキーロゴ、スティッキー行動を促すフレーズ、またはフローティングメニューを作成します。
HTML / CSSの基本的な知識が少し必要です。スティッキーにしたい要素に適切なセレクターを選択する方法を知っている必要があり、それが一意のセレクターであることを確認する必要があります。 「nav」、「#main-menu」、「。menu-main-menu-1」のような単純なセレクターで十分な場合があります。また、「header> ul:first-child」や「nav.top.menu-headerul.main」などのより詳細なセレクターを使用する必要がある場合もあります。
特徴

任意の要素を貼り付けることができます。一般的な用途はナビゲーションメニューまたはヘッダーですが、プラグインを使用すると、名前、クラス、またはIDを持つ一意の要素を選択して、ページをスクロールすると貼り付けられます。スティッキーウィジェット、スティッキーサイドバー、スティッキーヘッダー、スティッキーメニュー、スティッキーヘッダー、スティッキー行動を促すフレーズボックス、スティッキーバナー広告などに使用します。

上からの配置:オプションで、スティッキー要素とページの上部の間に任意のスペースを追加して、要素が常にページの「天井」に固定されるとは限らないようにすることができます。

特定の画面サイズに対してのみ有効にします。オプションで、粘着性が機能する最小および/または最大の画面サイズを設定できます。これは、レスポンシブサイトがあり、たとえば小さな画面で要素を固定したくない場合に便利です。

プッシュアップ要素:オプションで、スティッキー要素を再び押し上げるページの下にある他の要素を選択できます(サイドバーウィジェットなど)。

管理バー対応:現在のユーザーがページの上部に管理ツールバーを持っているかどうかを確認します。ある場合、粘着性の要素はそれを覆い隠しません(またはそれによって覆い隠されます)。

Zインデックス:ページ上にスティッキー要素を覆い隠したり覗いたりする他の要素がある場合は、Zインデックスを簡単に追加できます。

レガシーモード:2.0では、物事を粘着性にする新しい方法が導入されました。レガシーモードでは、古い方法が使用されます。詳細については、FAQを参照してください。

動的モード:レスポンシブテーマで頻繁に発生するいくつかの問題は、動的モード(レガシーモードのみ)を追加することで対処されています。詳細については、FAQを参照してください。

デバッグモード:デバッグモードをオンにすると、要素が固定されない理由として考えられるものが見つかります。エラーメッセージがブラウザのコンソールに表示されます。

インストール

「sticky-menu-or-anything」ディレクトリを「wp-content / plugins」ディレクトリにアップロードします。
WordPress管理者で、プラグインに移動し、「スティッキーメニュー(または何でも!)」をアクティブにします
設定–スティッキーメニュー(または何でも!)に移動します
粘着させたい要素を選んでください
パーティー!

プラグインの作者

WebFactory Ltd

プラグインの公式ウェブサイトアドレス

https://wordpress.org/plugins/sticky-menu-or-anything-on-scroll/
スティッキーメニュー、スクロールのスティッキーヘッダー(または何でも!)プラグインの使用で問題が発生した場合は、以下にコメントしてください。問題の解決に最善を尽くします

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です